下の名前しかわからないけれど慰謝料請求したい!

LINEやメールのやり取りから浮気相手の下の名前だけはわかりました。浮気相手のフルネームや住所、連絡先などがわからないと慰謝料請求はできないのでしょうか。下の名前だけを手がかりに、浮気相手について調べる方法はあるのでしょうか。

まずは自力調査をしてみよう

メール夫が現実に不貞行為をしており、あなたがた夫婦の関係が破綻しておらず、不貞行為に対し浮気相手の故意・過失があった場合には慰謝料請求が可能です。しかし現実問題として、どこの誰かもわからない相手に対しては慰謝料請求をすることはできません。まずは相手を特定し、住所・連絡先などを把握するのが第一歩です。

SNSで調べてみる

浮気相手の身元を知るのに有効活用できるのがフェイスブックなどのSNSです。夫がSNS上で相手女性とつながっていれば、相手についての情報が得られる可能性があります。まず夫の友達リストをチェックし、下の名前が一致する女性がいないか調べてみましょう。合致する女性がいたら、その女性のページを閲覧し居住地や勤務先などが記載されていないか確認してみましょう。

共通の知人に聞いてみる

ネットでわからなければリアルから攻めてみましょう。夫の同僚などで信頼できる人に「○○さんという方、ご存じですか?」と聞いてみてください。浮気のことは持ち出さずあくまでさりげなく聞くのがコツです。もし相手が知っていたらどんな女性か聞き出し、浮気相手の可能性があるか検討してみてください。

上記の方法により浮気相手の目星をつけられたとしても、この段階ではまだ「容疑者候補」に過ぎません。先走って慰謝料請求などしてしまうと、相手が無実だった場合に恐喝罪などで訴えられる危険がありますのでくれぐれも注意してください。

プロの力を借りるのも有効

弁護士慰謝料請求には浮気相手の個人情報とともに不貞行為の証拠が不可欠です。証拠がなければ、相手や夫に浮気を否定されてしまったらそれまでですから、相手と対決する前に必ず証拠をおさえておいてください。

浮気相手についてのリサーチが一段落したら、今度は夫の番です。不審な外出をする日がないか、いつも帰りが遅くなる日はないかなど、まずは夫の行動パターンをつかんでください。同時に、夫のカバンや財布、ポケットの中などを調べてみてください。レシート類やクレジットカードの利用明細なども確認し、浮気相手への支出がないかチェックしましょう。夫の車の中などに小型のGPS発信器を取り付ければ行き先がわかります。ホテルやデートスポットなどに行っているなら浮気している可能性が高いでしょう。

興信所の利用も効果的

浮気相手の疑いのある女性の名前と勤務先、夫の不審な行動パターンがわかったら、二人の不貞行為の現場をおさえられる可能性が高まります。ただ、現実的にはあなた自身が張り込みをしたり専門的な調査をしたりするのは難しいでしょう。探偵などの手を借りるのも一案です。漠然とした依頼では調査費用が高額になってしまうおそれがありますが、浮気相手についてのある程度の情報と、浮気していると思われる日時が判明すれば費用を最小限に抑えられるでしょう。

下の名前だけから相手の身元を割り出すことは探偵でもできませんが、アナログな調査には強みがあります。夫と相手女性の密会現場をおさえたのち相手女性を尾行すれば、住まいがわかるでしょう。表札などがあればそこで名字がわかり、相手のフルネームが判明します。

弁護士なら相手の個人情報を調べられる?

探偵ではなく弁護士に依頼すれば、相手についてもっといろいろな情報が得られるのでしょうか。弁護士は、官公庁や企業などに対し情報開示を請求するよう弁護士会に申し出ることができます。これを弁護士会照会制度といいます(弁護士法23条の2)。たとえばメールアドレスから電話番号を、電話番号から住所氏名等を電話会社に照会することができます。相手について下の名前以外にも情報が得られたら、制度の利用を検討してみてください。。

合わせ技で不貞行為の証拠をつかもう

調査浮気相手の下の名前がわかる場合には、まずSNSで夫とつながりのある女性の中に該当する人物がいないか調べましょう。夫の同僚など共通の知人に聞いてみるのも有効です。

相手女性のリサーチと同時並行して、夫の行動に不審な点がないかチェックしてみましょう。浮気の証拠確保や相手の身元調査を迅速におこなうには、プロに調査を依頼するのも一案です。