カバンにコンドームを入れている夫、いったい何を考えてるの?

何気なく夫のカバンを見たら、中から未使用のコンドームが出てきました。夫婦では使わないのに、なぜカバンに入れておく必要が? 誰かと使うためとしか思えません。これは浮気の証拠になるのでしょうか。

 

入手ルートが気になる!

ブリーフケース謎のコンドーム、気になりますね。ただ、コンドームの存在だけで「浮気しているに違いない!」と決めてかかるのは早計かもしれません。このようなケースでは「夫はそのコンドームをどのようにして入手したのか」ということが極めて重要なポイントとなります。可能性としては、以下のような入手ルートが考えられます。

 

考えられる入手ルート

クエスチョンマーク

  1. 自分で購入した
  2. ラブホテルなどから持ってきた
  3. 他人からもらった
  4. 誰かが夫のカバンに入れた

 

1.自分で購入した

あなたとは使わないにも関わらず夫が自分で購入したのであれば、浮気相手と使っている可能性が濃厚です。コンビニのレシートなどが残っていないか、夫の財布やポケットなどを探してみましょう。

 

 2. ラブホテルなどから持ってきた

ラブホテルには通常1~2個のコンドームが常備されています。夫がラブホテルを利用し、使わなかった分を持ち帰った可能性もあります。この場合、ラブホテルへ行っている時点でアウトですね。そのうえ備え付けのコンドームを持って帰るという行為からも、また別の場所で使おうという魂胆がうかがえます。「休憩」などと書いてある怪しげなレシートやクレジットカードの不審な利用明細がないかなどをチェックしてみてください。

 

3. 他人からもらった

男同士ではコンドームをプレゼントしたりなどの悪ふざけをやることもあります。付き合いやその場のノリで「フーゾク行こうぜ!」なんてことも。そういうなりゆきで仲間からコンドームをもらってしまったという可能性もゼロではありません。ただし、自分にやましいところがないのであれば正直に事情を説明するはず。ウソをついたりごまかしたりするようなら、後ろめたいところがあると考えてよいでしょう。

 

4. 誰かが夫のカバンに入れた

ありえないようで実は意外とあり得るパターンです。「誰か」とは、夫をねらっている女性もしくはすでに肉体関係にある女性です。あなたがすぐ見つけるように、カバンの中というわかりやすい場所にわざと入れた可能性はゼロではありません。

 

夫のカバンの中から見覚えのないコンドームが出てきたら誰だって動揺します。人によっては、この一点だけで「夫が浮気している!」と思いこみ、夫を責め立ててしまうでしょう。夫がいくら潔白を主張しても、コンドームという物的証拠がある限り信用するのは難しいもの。実際に浮気している場合はもとより、浮気の事実がなかったとしても、たった1個のコンドームが夫婦間の信頼関係を破壊してしまうこともあるのです。

 

浮気の間接的な証拠にはなる

不倫シルエット上記の通り、カバンの中にコンドームが入っているから夫は浮気していると断定することは必ずしもできません。しかしコンドームの用途はただ一つですので、浮気を疑うには十分な状況証拠であることは間違いありません。決定的な証拠にはならないけれど、間接的な証拠にはなりうるといったところでしょう。

 

あなたがすべきことはまず、コンドームがカバンの中に入っている状態で写真を撮ることです。風俗店のカードや浮気を疑わせるようなLINEのやり取りなどがあったらそれも撮影しておいてください。夫がシロかクロかこの時点ではまだ判定できませんが、状況がどちらに転んでもあなたに有利になるようにしておくのです。

 

ここが正念場! 慎重に対処しよう

コンドームカバンの中にコンドームをいれっぱなしにしているという詰めの甘さから見て、夫は浮気しているとしても、本気ではなく単なる遊びと思っているとみてよいでしょう。夫が改心して遊びをやめるかこのまま続けるか、今が分岐点です。今後の夫婦関係がどうなるかはあなたの出方次第と言っても過言ではありません。

 

撮影して証拠保全をしたら、「これどうしたの?」とコンドームを夫の目の前に突き付けてください。夫がモゴモゴしていたら、「浮気や風俗は絶対に許さないからね!」とビシッと言い放ち、夫の目の前でコンドームをゴミ箱に投げ込みましょう。余計なことは言わず、以後コンドームの件にはあえて触れないのがコツです。そしてさりげなく夫の動向に目を光らせていてください。

 

浮気の芽は早いうちに刈りとるべし

カメラ夫のカバンの中にコンドームが入っていたというだけで即、浮気と断定することはできません。コンドームだけでは浮気の決定的な証拠とはなりませんが、その他の証拠と組み合わせることで浮気を間接的に証明できる可能性はあります。まずはコンドームがカバンの中に入っている状態で写真を撮っておくことをおすすめします。

 

夫に対しては毅然とした態度をとり、浮気や遊びが本格化しないようクギを刺しておきましょう。