このまま式を挙げてよいの?

入籍を済ませ、これから結婚式を挙げるというときになって夫が浮気をしました。挙式前に浮気するような夫とこの先やっていけるか不安でたまらなくなりますね。ただ、夫が反省しているのならまだ望みがありそうな気もします。このまま式を挙げてもよいのでしょうか。

いちばん幸せなはずの時期になぜ浮気するの?

アメリカでは結婚式前に新郎新婦がそれぞれ友人たちとドンチャン騒ぎをするという風習があります。独身最後の遊び納めというわけですね。夫が結婚式前に浮気に走ったのも同じように、挙式前に遊んでおこうというつもりだったのかもしれません。あなたに不満があった場合やほかに本気で好きな人ができた場合には、夫のほうから挙式をやめたいと言い出すはずです。浮気の原因はただひたすら、夫自身の無責任さ、愚かさにあるというほかありません。あなたに落ち度があるわけではないので、自分を責めないでくださいね。

また、式の手配はほとんどあなた任せだったのではないでしょうか。一般的に男性は女性ほど結婚式に思い入れがありません。結婚式前に浮気することがあなたをどれほど傷つけるか、夫は自覚していなかった可能性もあります。

とりあえず式はキャンセルすべき

浮気した夫と再構築するか離婚するか、先行きが見えない状態で式を挙げるのはおすすめできません。夫との今後を考える上で、「式も挙げちゃったし…」「ご祝儀もいただいたし…」と既成事実が判断力を鈍らせることがあるかもしれません。お金の問題もあります。結婚式を挙げた直後に離婚するとなると、高額の挙式費用がムダになってしまいます。同じお金をもっと有効なことに使えたのではないかと思うと、もったいないですよね。また、そもそも結婚式とは親族や友人たち、職場の同僚・上司などに二人の結婚をお披露目する場です。単なるお祝いではなく、社会的な意味合いがあるのです。結婚式の直後に離婚となると、考えなしに挙式したような印象を与え、あまり世間体がよくありません。

あやふやな気持ちのままで挙式に踏み切っても、幸せな気持ちを味わうことはできないでしょう。花嫁であるあなたが心から笑顔になれることが何よりも大事なのです。結婚式に期限はありませんから、挙げようと思えばいつでもできます。浮気問題が片付くまで、挙式はお預けにしておくことをおすすめします。

式場のキャンセル料が発生する場合はもちろん夫側に払ってもらいましょう。あなたがキャンセルを申し出たとしても、キャンセルの原因は100%夫のほうにあるのですから、夫側が払うのは当然のことです。キャンセル料の支払いで譲歩してしまうと、夫と再構築できなかった場合に後悔することになりかねません。場合によっては、キャンセルに至った理由を夫の親に話し、理解を求めてください。

挙式前に浮気するような夫とはもう離婚したほうがいい?

結婚式前に浮気する夫は後先を考えない人間であることは間違いありません。夫と離婚するか再構築するか考える際には、浮気の原因や状況、夫の反省の度合いなどをじっくり検討する必要があります。夫が心から後悔している姿を見せているなら、もう絶対に浮気しないと誓わせた上でやり直す道もあるでしょう。しかし、相手女性にかなりいれこんでいる場合や反省の態度が見られない場合、風俗を利用しての浮気、浮気の前科がある場合などは今後も浮気を繰り返すおそれがあります。

考えようによっては、挙式前に夫の本性がわかって良かったのかもしれません。夫に対し永遠の愛を誓おうと思えるかどうか、自分の心に問いかけてみてください。

とりあえず式はキャンセルすべし

結婚式直前に夫の浮気が発覚した場合、夫との今後がまだ決まらないままに挙式に踏み切ることはおすすめできません。式はキャンセルし、キャンセル料は夫側に負担してもらいましょう。夫との今後については、夫に対しあなたが永遠の愛を誓う気になれるかがポイントとなります。