出張だなんて絶対ウソでしょ!

急な出張が入ったと言ってきた夫。以前から浮気疑惑がある夫なので、もしかしたら出張というのはウソで、本当は浮気相手と旅行に行くのかも! 夫と女性が2人で楽しそうに旅行の予定を立てているかと思うと怒りが沸いてきますよね。出張と偽った夫の不倫旅行疑惑、どう対処すればよいのでしょうか。

出張か不倫旅行か見分ける手段

業種や職種によっては急な出張が入ることもありますよね。本当に仕事だった場合、「出張って本当? 女の子と会うんじゃないの?」などとあなたが執拗に問い詰めてしまうと夫はゲンナリしてしまうでしょう。また、浮気だった場合には正面から聞いても白状するはずがありません。

まずは出張の細かい日程のほか、利用する交通機関、出張先や宿泊するホテルの名称・連絡先を聞いてみてください。緊急連絡用もしくは災害時に備えて知っておきたいと言えば、疑っている印象を与えずに情報を聞き出すことができます。こうした情報は夫が出張する際には妻が当然把握しておくべきことです。出張が本当なら上記のような事柄をすらすら答えられるはず。もしこの時点で夫が言葉を濁したり、どうしても答えようとしないようなら、浮気疑惑は限りなくクロに近いと言ってよいでしょう。

スマホチェックは最後の手段

夫の身の回り品も要確認です。まず、本当に出張に行くのなら、いつもと同じ下着や靴下で十分なはず。肌に直接身につけるものを新調しているようなら、そして普段よりワンランク上のものを新しく用意しているようなら、浮気の可能性が高まります。

もし出張でなくて浮気旅行なら、出発前には相手とのやり取りが頻繁になるはず。夫が着信をやたら気にしていたり、スマホを肌身離さず持ち歩くようになったりなど普段と異なった様子を見せるようであればこれも疑惑要素です。

夫婦であっても他人のスマホを勝手に見る行為は法律上、プライバシー侵害にあたります。しかし不倫もまた不法行為なのです。夫が疑念を抱かせるような行動を取っているなら、あなたは自分の権利を守るために行動しなければなりません。上記に挙げたチェックポイントがことごとくクロであるなら、スマホを見るのもやむを得ないでしょう。もし夫が他の女性と不倫旅行のやり取りをしていたら、画面をそのまま撮影し浮気の証拠として残しておきましょう。

不倫旅行とわかっているならなんとしてでも阻止するべき

スマホチェックの結果、出張というのはウソで、実態はよその女性との不倫旅行だということが明らかになったとします。この場合、あなたが黙っていれば夫はそのまま不倫旅行へ出かけていくでしょう。あなたのほうが離婚を望んでおらず、夫婦関係が壊れるのは避けたいと思っているのであれば、何も言えなくなってしまうかもしれません。

しかし、妻を差し置いて他の女性と旅行するという行為はあまりにもあなたを馬鹿にしています。今回あなたが耐え忍んだとしても、夫の浮気はますますひどくなっていくでしょう。不倫旅行を楽しめたことに味をしめて、相手女性への家に入り浸るようになり、いずれ外泊を繰り返すようになるケースが大半を占めます。あなたが辛い思いを押し殺して我慢し続けても、夫が自発的に反省し後悔することはありません。耐えた挙げ句に捨てられることも十分考えられるのです。それなら、自分の尊厳をかけ、勇気を出して声を上げてみませんか?

夫の不倫旅行を見過ごさずに勇気を出して

夫が不倫旅行するつもりであることを知っていながら黙っているというのは、あなたが不倫を認めてしまったということと同じです。夫が不倫旅行を楽しみにしていたとしても、あなたは妻なのだからとりやめるように要求する権利があります。夫が出かける前に、「離婚届に判を押してから行ってください」と宣告しましょう。夫にしてみれば、不倫旅行はあくまでお遊びです。家庭と遊びを天秤にかけたとき、遊びをとることはないでしょう。ハッタリでもよいので、離婚も辞さないという覚悟を見せてください。夫があなたの言葉に取り合わず出かけていくなら、夫が留守の間に鍵を変えて家に入れないようにするぐらいのことはすべきです。また、今後のために浮気調査など次の手を考えてもいいでしょう。浮気は絶対に許さない、受け入れないという姿勢を夫に示すことが重要です。

みすみす夫を行かせてはダメ

出張か不倫旅行かを見分けるには、宿泊先など出張についての情報を夫がスムーズに伝えられるか、下着など身につけるものを新調したりしていないか、スマホの取り扱いに変化はないかなどのポイントに注意してみてください。

夫の不倫旅行計画を知りつつ黙っていては、あなたが不倫を認めたということになります。離婚する覚悟で行くよう夫に言い渡し、毅然とした態度を貫くようにしてみてください。