耐え続ける日々を終わらせるには?

夫の浮気が発覚してからというもの、いつか夫が戻ってきてくれるのではないかとずっと耐えてきました。別れたくても経済的に無理なのではないかという不安もあります。けれど、相手女性とは別れたと言いながら浮気を続ける夫と過ごしていると、いつか心が折れてしまうでしょう。これ以上傷つけられるより、離婚を決意したほうがよいのでしょうか。

どうしてあなたが苦しまなくてはならないの?

苦しむ世の中、必要な苦労と必要でない苦労があります。今は辛くても将来につながる苦労であればする価値もありますが、夫の浮気に耐え続けるという苦労はひたすら辛いだけで何ももたらしてはくれません。いつか夫が改心することを期待し、ひたすら耐え続けているうちに虚しく人生が終わってしまいます。

あなたを思いやる心を夫が持っているなら、浮気を繰り返すことなどできないはず。残念ながら、夫にとってあなたの気持ちは重要な関心事ではないのです。あなたがどんなに苦しみ、耐え続けても夫の心を動かすことはできないのではないでしょうか。

離婚を決意できない本当の理由は?

悩みあなたは苦しむためではなく、幸せになるために夫と結婚したのです。現実の結婚生活が夢見ていたものとはかけ離れた有り様になってしまったのなら、どこかで軌道修正をしなければなりません。今こそ、勇気を持って一歩を踏み出すべき時なのかもしれませんね。

自分を裏切り続ける夫とそれでも別れる決意ができないのは、あなたが将来に不安を抱えているからというのも一因ではないでしょうか。厳しい言い方ですが、今のあなたは不誠実な夫に精神的にも経済的にも依存している状態です。夫が浮気をやめようとしないのは、経済力の無いあなたのほうからは離婚を切り出せないと高をくくっているためというのもあるでしょう。

漠然とした不安から逃れよう

不安「別れたあと、一人でやっていけるだろうか」―子供がいる場合はいっそう不安は深刻でしょう。不安にとらわれ身動きをとれない状態は最も辛いものです。夫の浮気のことはひとまず脇に置いて、この不安を断ち切ることをまず考えてみましょう。

人間の心理として、「正体のわからないものに対してはとりわけ強い恐怖を覚える」というのがあります。裏を返せば、正体さえはっきりすれば立ち向かう勇気が湧いてくるものなのです。今のあなたが抱えている不安は具体的なものというより、「いったい私の人生はどうなるのだろう」という漠然としたものではないでしょうか。

心配事リストを作ってみよう

リスト抽象的な不安をはっきりした形にしてみましょう。心配事を一つ一つノートに書き出してみるのです。心配事リストができたら、どうすればその不安を解消できるか考えてみてください。月々の生活費をまかなえるのか不安であれば、まずは生活費が具体的にいくらぐらい必要なのか計算してみるのです。また、慰謝料や財産分与など離婚に伴って得られるお金のことも知っておきましょう。子供がいるのであれば母子家庭向けの補助制度などもしっかり調べておくべきです。

心配に思うことを書き出したり調べたりしていくうちに、それまで巨大なものに思えていた不安が少しずつ小さくなっていくように感じるはずです。ふさいでいた心も晴れ、前向きな気持ちが湧いてくるでしょう。

幸せになるために生きている

幸せ夫の浮気に耐え続けても報われるとは限りません。あなたにとって結婚生活が苦痛なものになってしまっているなら、どこかの時点で軌道修正をすべきです。今のあなたが抱えている漠然とした不安を払拭することを第一に考え、まず一歩を踏み出してみてください。