我慢すべき? 別れるべき? 見極めはどこに

夫に浮気をされて離婚を考えていても、そう簡単には踏み切れないのが現実です。夫と幸せに過ごした思い出が忘れられず、優しかったときの夫がいつか戻ってきてくれるのではないかと思うと、なかなか決断できないでしょう。しかしその一方で、反省の色もなく浮気を繰り返す夫に心がくじけてしまいそうにもなりますね。夫に浮気されて離婚に至ったという方は、どのようにして離婚を決心したのでしょうか?

「正解」を探してはいけない

模索浮気をされ、このさき夫が改心する見込みも薄いのに、それでもなお離婚を決断できない原因は人それぞれです。結婚や離婚に絶対的な正解はありません。浮気夫と離婚する“正しい”タイミングなどないのです。自分にとって悔いのない決断ができたときこそが離婚のベストタイミングであり、それは人によって異なります。別れるか耐えるか、答えはあなたの心の中にあります。外に正解を探し続ける限り答えは見いだせず、苦しみに満ちた迷いの時期が続くでしょう。

我慢できているうちは離婚に踏み切れない

物思い離婚を決断できない原因として、経済力の不安や子供への影響を挙げる人は多いでしょう。しかし、たとえば夫がひどいDVをふるっており現実に命の危険があるという状況を想像してみてください。この状況では、自分に経済力がなくても、夫が子供にとってはよい父親であっても、夫からできるだけ早く離れなければならないと比較的容易に決断できるはずです。

つまり、夫の浮気に苦しんでいても、迷っているうちはまだ心に余裕があるといえます。迷う“余裕”があるうちは、リスクを伴う離婚より現状維持に心が傾くため、よほどの決定的出来事がなければなかなか離婚に踏み切れないでしょう。

とりあえず別居すべき?

別居夫が浮気を後悔し、あなたの許しを願っているのであれば、お仕置きという意味で別居は効果的な作戦です。しかし、夫がまったく悪びれておらずあなたとの関係修復の必要性も感じていない場合には、妻としてのあなたの存在が別居によっていっそう希薄になってしまうおそれがあります

夫が本気の相手を見つけ、ある日突然夫のほうから離婚を切り出してくる可能性だってないとはいえません。有責側(浮気した側)からの離婚の申し立ては原則として認められないのですが、別居が数年間に及び夫婦関係がすでに破綻していると客観的に認められる場合には例外的に認められる可能性があります。また、夫婦関係の破綻後の浮気に対しては慰謝料請求が認められないおそれがあります。あなたにとって不本意な形の離婚とならないよう慎重に判断してくださいね。

結婚生活に何を求める?

結婚生活離婚のベストタイミングは人それぞれなのは、我慢の限界線が人によって異なるためです。我慢の限界線とは心の広さという意味ではなく、結婚生活の中で何を重視するかという価値観の問題です。たとえば、夫に対して何よりも誠実さを求める人はたった一度の浮気だけでもすぐ離婚を決意するでしょう。安定した生活を重視する人は、浮気されてもお金さえ家に入れてくれれば多少の浮気には目をつぶれるはず。そのタイプの人にとっては夫が家にお金を入れなくなったときが離婚のタイミングとなるでしょう。

浮気癖も夫の一部

一度きりの過ちならまだしも、反省や謝罪もなく浮気を繰り返すというのであれば、それが夫の価値観なのだと考えたほうがよさそうです。「妻には十分にお金を渡し、好きなことをさせている。だったらオレも好きに行動してどこが悪い?」―世の中にはこのように考える男性も存在します。

自信があるならドーンと構えて

優しかったときの夫もよその女性と浮気にふける夫も、紛れもなく同じ人間です。あなたは浮気癖も含め夫のすべてを受け入れることができますか? 受け入れる覚悟があり、「よその女性とどれだけ浮気したって、最後は必ず私のところに帰ってくる」という自信があるなら、どっしり構えるのもよいでしょう。夫に誠実さを求めるのはあきらめ、ATMと割り切ったってよいのです。

夫婦の形は人それぞれ。“正解”の夫婦も“不正解”の夫婦もいません。存在するのは“幸せな”夫婦と“不幸せ”な夫婦です。そして、幸せの形も人それぞれであることを忘れないでください。

決断のタイミングは人それぞれ

決断離婚するかどうか迷っているうちはまだ心の余裕があるといえます。離婚するか否かに客観的な基準などなく、答えはあなたの心の中にあります。自分は結婚生活に何を求めるのか自分の心に問いかけ、あなた自身が納得できる答えを模索していきましょう。