慰謝料をきっちりもらうのは当然の権利

夫の浮気を我慢し続けていると、ストレスと苦痛がじわじわと心をむしばみます。今こそ、人生の新しい扉を開く決断をすべき時なのかもしれません。夫の浮気が原因で離婚となった場合、慰謝料はどれくらいもらえるものなのでしょうか。

慰謝料の相場は100万円~300万円

慰謝料法律の上で浮気は不法行為であり、あなたは不法行為によって受けた精神的苦痛に対し慰謝料を求めることができます。慰謝料の額は一律に決まっているものではありません。夫婦ごとに事情は異なるので慰謝料額もケースバイケースなのですが、だいたい100万円~300万円が相場と言われています。慰謝料の額を決める際には、次のような要素が考慮されます。

  • 結婚期間
  • 夫の収入
  • 年齢
  • 職業
  • 子供の人数 など

夫の浮気に関して次のような事情があると、慰謝料の額が上がる傾向があります。

  • 浮気を長い期間続けている
  • 夫の浮気によって鬱病になるなど、あなたの精神的苦痛の度合いが大きい
  • 浮気相手を妊娠、出産させた
  • 浮気が原因で別居することになった
  • 浮気相手と同棲している

納得できる額の慰謝料を勝ち取るには、「離婚によってこんなダメージを受けた」「こんな事情も考慮してほしい」などと具体的に主張・立証していく姿勢が必要です

要注意!慰謝料がもらえない場合もある

もらえない慰謝料を請求するのは当然の権利なのですが、場合によっては浮気相手に請求できないこともあるので注意が必要です。慰謝料を請求するためには、次のような条件を満たしている必要があります。

  • 夫が既婚者だと相手が知っていること

浮気が不法行為となるのは、相手が既婚者だと知りつつあえて肉体関係を持った場合です(故意)。万一知らなかったとしても、必要な注意を払っていれば既婚者だと気づくはずと考えられる場合であれば(過失)、慰謝料請求できます。

  • 浮気時に、夫とあなたの婚姻関係が破綻していなかったこと

慰謝料はそもそも、円満な結婚生活を破壊したという損害に対して請求できるものです。浮気の事実が生じた際にあなたと夫の夫婦関係がすでに破綻していた場合、浮気によって損害を受けたとはいえず、慰謝料請求することはできません。

慰謝料は浮気相手と夫、両者に請求できる

夫と浮気相手夫と浮気相手は共同して不法行為をおこなっていると言えるので、夫だけでなく浮気相手にも慰謝料を請求できます。浮気夫と離婚しないのであれば、夫に慰謝料を請求してもあまり意味がありません。夫婦間でお金が移動するだけともいえるからです。

離婚をすでに決意したのであれば、夫と浮気相手の両者に慰謝料を請求するのが最善の策です。両者に請求すれば、希望する額(仮に300万円とします)に対し浮気相手からは100万円しか取れなかった場合でも、夫から残りの200万円をとれる可能性があるからです。ただし、一方からすでに300万円を支払ってもらっている場合は、重ねてもう一方にも請求することはできません。

慰謝料の請求には時効がある

時効慰謝料には請求できる期限、すなわち時効があります。民法724条で、請求権は「損害および加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効により消滅する」(=時効の完成)と定められています。いつ時効のカウントが始まるかは、慰謝料の種類によって異なります。

  • (1)浮気によって被った精神的苦痛に対する慰謝料

→浮気の事実を知った時点から

  • (2)浮気により結婚生活が破綻した精神的苦痛に対する慰謝料

→結婚生活が破綻した時点から

  • (3)浮気により離婚することになった精神的苦痛に対する慰謝料

→離婚した時点から

(1)~(3)ではそれぞれ時効が完成する時期が異なってきますね。時効が完成してしまった分、慰謝料の額は減ってしまいます。また、浮気の事実があったときから時間が経過するほど、記憶や証拠が曖昧になり立証が難しくなります。あわてて請求する必要はありませんが、「3年間」という情報は頭に入れておいたほうがよいでしょう。

ただし、時効期間を過ぎると慰謝料請求が一切できなくなるわけではありません。請求権の消滅を主張するには、慰謝料を払う側が「もう時効が完成したから支払い義務はありません」と言わなければならないのです。また、相手側が時効の完成に気づかないまま支払いの意思を示した場合、後から気づいて時効を主張しても認められません。

一括でも分割でも、確実に振り込ませることが大事!

一括慰謝料がそれなりの金額になった場合、夫や浮気相手が一括で払えないこともあります。その場合には分割払いを検討することになりますが、きちんと振り込まれているか毎月のようにドキドキするのはイヤなものです。また、何らかの事情で相手が慰謝料を払えなくなる可能性もゼロではありません。一括で払ってもらえればそれに越したことはないでしょう。

分割にする場合は、不払いリスクに備える必要があります。まず、支払いについての決め事は口約束ではいけません。必ず離婚協議書を作り、書面に残しておきましょう。離婚協議書を公正証書にしておけば、不払いが生じた際に相手の給与などを差し押さえることができるのでより安心です

適正な額の慰謝料を確実に勝ち取ろう

希望浮気が原因で離婚する場合、慰謝料の相場は100万円~300万円と考えておきましょう。適正な額の慰謝料を得るには、浮気・離婚によって生じた損害を具体的に主張・立証することが重要です。

離婚する場合は、夫と浮気相手の双方に慰謝料請求するとよいでしょう。慰謝料は一括払いでも分割払いでも問題ありませんが、支払われなくなった場合への備えをしておくことが大切です。取り決めは必ず文書に残し、離婚協議書を公正証書にしておくようにしましょう。