同級生のママと浮気なんてひどすぎる!

夫が最近、誰かと頻繁に連絡を取り合っています。怪しいと感じ夫のスマホを確認したところ、相手はなんと子供の同級生の母親であることがわかりました。保護者同士としてのやり取りではなく、夫とママ友は非常に親密な関係にあるようです。夫は単なる保護者同士と言いますが信用できません。こういうときはどうしたらいいのでしょうか。

夫の行動に注意を向けてみよう

学校の行事やPTA活動などで、保護者同士が顔を合わせる機会は意外と多くあります。本来は親としての立場を優先しなければならないのは言うまでもありませんが、不倫への抵抗感が薄い人にとっては、学校が一つの出会いの場となってしまっている面も。子育てや夫婦関係についての悩みなどを相談するうちに、男女関係にまで発展してしまうケースもあります

周囲への相談は厳禁

夫が子供の同級生の母親と浮気しているのではないかという疑惑を抱いても、ママ友や近所の人に相談するのは絶対にやめましょう。人の口に戸は立てられないという通り、不倫の噂はあっという間に広まります。相手女性は周囲から白い目で見られるでしょうが、あなた自身も「同級生の母親に夫をとられた人」として哀れみと好奇の眼差しを注がれることになります。

また、夫と相手女性が浮気などしておらずただの友人同士だった場合、相手女性から名誉棄損で訴えられる可能性があります

最悪のケースでは子供のいじめにも発展します

周囲に噂が広まってしまったとき、子供にどんな影響を及ぼすか考えてみましょう。ある程度の年齢になれば何事が起きたのか理解できてしまいますし、大人になったあとでも親の浮気はトラウマとなって残るでしょう。そして、同級生に浮気が知られることとなれば、肩身の狭い思いをしたり、いじめに発展することもあります。子供は安心して学校生活を送ることができなくなります。愚かな親のせいで難の罪もない子供の心が傷つくことのないよう最大限の注意を払わなければなりません。騒ぎ立てて相手女性を世間からバッシングさせようという考えはくれぐれも慎んでください。

まずは証拠を押さえよう

夫とママ友が浮気をしていると感じたとき、一番初めにしてもらいたいのは、夫と相手女性が本当に浮気しているのか突き止め、証拠を確保することです。肉体関係を匂わせるようなLINEのやり取りがあれば撮影しておきましょう。クレジットカードの利用明細書やレシートなども浮気の証拠となりえます。車にGPS発信器を取り付け、夫の行き先を確認するのも有効です。特定の曜日に帰りが遅くなるなど夫の行動パターンがつかめれば、最小限の費用で探偵を依頼することもできます。

離婚をする場合でも慰謝料請求する場合でも、証拠があればあなたが優位な立場になれます。事態がどう転んでも泣かないように、夫や相手女性に対しアクションを起こす前に必ず証拠を確保してください。

相手の夫に話すべき?

証拠を押さえたら、相手女性と一対一で話をしてみましょう。夫とどういう関係なのか率直に聞いてみてください。そして、今後夫から連絡があっても無視してくれるよう話を持ち掛けましょう。ただ冷静に浮気相手と話すことは難しいと思うので、弁護士などを利用しましょう。

そして、夫のほうにも、周囲に誤解されるような行動は慎むように言い渡しておきましょう。案外、夫も相手女性も本気になっているわけではなく、たまたま手近なところにいた異性に手を出してみただけというのが真相かもしれません。あなたが妻として毅然たる態度を示すことが重要です。

話し合いをしても2人が行動を改めないのであれば、最も有効な策は相手の夫に事情を打ち明け、4人で話し合いをすることです。W不倫の場合は当然、相手の夫からも慰謝料請求されるリスクがありますが、ずるずる続く不倫関係をきっぱり断たせるにはこれくらいの荒療治が必要だとも言えます。シングルマザーの場合は、慰謝料請求することを相手に告知しましょう。

悪いのはお互い様の意識を持とう

あなたとしては、不倫関係が終わった後も相手女性と学校などで顔を合わせなければならないのは耐え難いものがあるでしょう。引っ越しするなどして二度と目の前に現れないでほしいと思っても仕方ありません。しかし思い出してほしいのは、相手女性と同じくらい夫にも非があるということです。女性にのみ責任を負わせ、出て行くよう要求するのがはたしてフェアでしょうか。筋を通したいのであれば、相手女性には慰謝料請求、同級生の母親と浮気するような夫とは離婚し、よそへ引っ越してもらうしかありません。離婚は望まないのであれば、相手女性への損害賠償と同額を夫の給料から差し押さえ、ペナルティとするとよいでしょう。

最も大事なのは子供に迷惑をかけないこと。親のせいで転校を余儀なくされたり、心ない噂で傷ついたりすることがないよう、冷静かつ賢明に行動してくださいね

子供のことを第一に

子供の同級生の母親と夫の浮気が疑われる場合、ママ友や近所の人に相談するのは厳禁です。夫の持ち物などを調べて浮気であることを確認したら、相手女性と一対一で話をしてみましょう。ただ、自分一人でやろうとすると失敗します。弁護士などを利用して浮気相手と示談をしましょう。

不倫をやめない場合は相手の夫も交え話し合いの場を持ちましょう。離婚や慰謝料請求に備え、あらかじめ浮気の証拠を確保することだけは忘れないでください。