借金があるから払えないと開き直る夫

夫の浮気が判明し、離婚することに。責任があるのは夫なのだから、慰謝料や養育費をきちんと払ってもらいたいところですが、あいにく夫は借金持ち。借金のある夫に対しても請求はできるのでしょうか。

借金持ちでも慰謝料請求は可能

借金浮気は法律上、不法行為とされます。慰謝料とはそもそも、夫と浮気相手による共同不法行為によってあなたが受けた精神的苦痛に対し、お金という形で償ってもらうものです。借金があることと浮気という不法行為はまったく別の問題ですから、借金があるから慰謝料を支払わなくてもよいということにはなりません。あなたは夫に慰謝料を請求できますから、まずは安心してください。

借金があったとしても、仕事に就いていれば一定のお給料が入ってきますよね。離婚裁判であなたが勝訴できれば、給与を差し押さえることも可能です。裁判では証拠がモノを言います。夫が浮気の事実を否定する可能性を考え、あらかじめ浮気の証拠を確保しておいてください。

慰謝料や養育費の支払いについては絶対に口約束にせず、必ず公正証書を作成しておいてください。調停離婚となった場合には、調停調書に合意の内容が記載されます。公正証書や調停調書があれば、約束通りの支払いがなされなかった際に、給与の差し押さえなど強制執行ができます。

自己破産しても支払い義務は残る

破産それでは、夫が借金で首が回らなくなり、自己破産してしまった場合はどうなるのでしょうか。自己破産とは、負債の額や収入、資産等の状況から支払い不能と判断された際に、裁判所を通じてすべての債務(借金)を免除してもらう手続きのことです。

それでは自己破産により慰謝料や養育費の支払いからも逃げられるのかと思いきや、そうはいきません。自己破産には免責の対象から外される「非免責債権」というものがあり、慰謝料や養育費もその中に含まれているのです。自己破産後も慰謝料・養育費の支払い義務は続くということになります。

ただ、慰謝料・養育費が免責されず、公正証書や調停調書に強制執行力があるといっても、本当にお金のない相手からは回収のしようがないというのが現実です。場合によっては減額したり、支払い猶予を持たせたりなど、ある程度の譲歩が必要となる可能性もあることを頭に入れておいてください。

浮気相手に請求するという手も

相手女性浮気は夫と相手女性による共同不法行為ですから、あなたは両者に対し慰謝料を請求することができます。夫に資力がまったくなく、慰謝料の支払いが望めないという場合には、相手女性から慰謝料をとるという選択肢もあります

浮気相手に請求する際には、次の2つの条件を満たす必要があります。

  • 夫が既婚者であると相手女性が知っていたこと
  • 不倫があった時点ではあなたたち夫婦の婚姻関係が破綻していなかったこと

相手女性が不倫の事実を認め、素直に支払いに応じてくれるなら何も問題はありませんが、支払いを拒否してくる可能性も十分考えられます。裁判に発展した際には、浮気の証拠がないと勝つことができません。自力で証拠を集める、夫に証言をさせ録音しておく、探偵に依頼するなど、証拠収集にはいくつかの方法がありますので、かけられる手間や費用などを考慮し、検討してみてくださいね。

義務は残るが無い袖は振れない

貧乏浮気が不法行為である以上、夫に借金があったとしても慰謝料請求をすることは可能です。公正証書や調停調書には強制執行力があるので、特に協議離婚の際には必ず公正証書を作成しておいてください。

夫が自己破産した場合も、非免責債権である慰謝料や養育費の支払い義務は残ります。ただし、いくら強制執行が可能であっても、まったく資力のない相手からは回収できないので注意が必要です。夫からの支払いが望めない場合には、浮気相手に慰謝料請求すると言う選択肢もあります。