肉体関係を否定されてしまったらそれまで?

浮気相手に慰謝料請求の旨を伝えたところ、相手が「肉体関係はありません」と反論してきました。夫と浮気相手とのLINEを見ると肉体関係をほのめかすやり取りがあったのですが、これは浮気の証拠になるのでしょうか。

本気で戦うなら証拠は絶対に必要

夫の自白があるなら、それを根拠に慰謝料請求すること自体に問題はありません。他の証拠がなかったとしても、相手がすんなり応じればそれで解決です。しかし相手が肉体関係そのものを認めず示談をあくまで拒否するのなら、最終的には裁判で争うことになります。第三者である裁判官らにあなたの主張を信じてもらうためには、言葉だけでは足りません。夫と浮気相手が肉体関係を持っていたことを客観的に示す証拠が必要です。

肉体関係の存在を匂わせるようなLINEのやりとりは、証拠としての力は強くありませんが、浮気の事実を補強する証拠にはなるでしょう。

カマをかけてみるという手も

慰藉料支払いのダメージは甚大ですから、相手のほうも自分を守るために必死になります。あなたが浮気の確実な証拠をつかんでいるわけではないと見れば、肉体関係を頑として認めないという戦略をとることは十分考えられます。肉体関係はあったとあなたが確信しているなら、このような相手に対しては「あなたと夫が肉体関係を持ったという証拠は押さえております」とカマをかけてみるのも一案です。どうせ証拠はないと強気に構えていた相手は動揺し、慰謝料請求に応じる姿勢を見せる可能性があります。

夫の自白を引き出そう

慰謝料請求の上で夫の自白は非常に重要です。ただし、いちど自白したからといって安心はできません。慰謝料請求、離婚、財産分与、親権など問題が深刻化するにつれ、夫は自白したことを後悔し「そんなことは言っていない!」と手のひらを返すおそれがあるからです。ですから、夫が浮気を認めた段階で浮気内容の詳細を必ず書面や録音で記録に残すようにしてください。記録する内容は以下の通りです。

  • 浮気の時期、回数
  • 浮気していた場所
  • 浮気相手の氏名、勤務先、連絡先、住所、既婚か未婚か
  • 夫の署名

夫の自白があれば、夫と浮気相手との関係性を把握できるようになります。相手のメールアドレスなどがわかれば証拠も集めやすくなるはずです。

肉体関係はなくても慰謝料請求はできる!

肉体関係を証明する証拠をそろえられなかった場合や肉体関係そのものがない場合でも慰謝料請求は可能です。弁護士に依頼し、「肉体関係はなかったとしても既婚者と不適切な交際を続けた結果、夫婦関係を破綻させ、相手の妻(あなた)に深い精神的損害を与えた」と追及することによって慰謝料請求に応じさせられる可能性があります。

また、肉体関係のない、いわゆる「プラトニック不倫」でも、夫婦関係の破綻と精神的苦痛を生じさせたことを認め、浮気相手に44万円の支払いを命じた判決も過去に出ています。

二人が会うことを法的に禁止することはできない

夫と浮気相手が今も会い続けているのではないか、あなたとしては気が気でないでしょう。相手女性が夫を待ち伏せしたりつきまとったりなどしているのであれば、ストーカー規制法により警察から警告を与えてもらうなどの対策ができます。しかし、そうした事実がないのであれば、夫も浮気相手には行動の自由があります。会うことを法的に規制することは難しいでしょう。

法的な禁止ができなくても、夫さえ浮気相手との関係を断ち切る決意をすれば、何の問題もないことを思い出してください。夫との仲を修復することを最優先しましょう。もう相手には会わないと夫が約束するなら、その言葉を信じてみることも大切ですよ。

罪を認めない相手とは徹底抗戦の覚悟を

夫の自白のみを根拠に慰謝料請求することはできますが、相手が肉体関係はなかったと主張し支払いに応じない場合には訴訟を起こすことになります、その際には肉体関係の存在を裏付ける証拠が必要です。

肉体関係がなかったとしても慰謝料を得ることは不可能ではないので、いちど弁護士に相談してみるとよいでしょう。