探偵と興信所の違い、知ってる?

浮気調査といえば、「探偵」「興信所」というワードが頭に浮かびますね。といっても実際には、探偵や興信所といった事業者について知っていることは少ないのではないでしょうか。そもそも探偵と興信所はどのように違うのではないかと分からないことがあると思います? 浮気調査を頼む場合、探偵と興信所のどちらに頼んだらいいのでしょうか。

探偵と興信所の違い

探偵と興信所は、「名探偵コナン」のような事件を解決するよりも、人について調べることが主な役割です。

調査内容には就職や結婚にあたって個人の身辺を調査する「信用調査」、個人の素行を調べる「行動調査」、行動調査の中でも異性関係に特化した「浮気調査」があります。

探偵と興信所では得意な調査内容が違います。興信所はもともと企業や個人に対する信用調査をおもな業務とし、探偵は浮気調査をはじめとする行動調査をおもな業務としていました。興信所の顧客は雇用者や取引先についての情報がほしい企業、探偵の顧客は個人という棲み分けがありました。

もう一つは探偵は身分を明かさずに調査活動をおこない、興信所の職員は調査員としての身分を明かして活動を行うという点にあります。

現状では探偵も興信所もほぼ同じ

現在では探偵と興信所の棲み分けは事実上なくなり、それぞれお互いのメイン業務にも進出しています。

法律の上では探偵・興信所・調査会社の区別はなく、一律に探偵業者とみなされます

2007年に制定された「探偵業の業務の適正化に関する法律(探偵業法)」では、探偵業務とは「他人の依頼を受けて、特定人の所在又は行動についての情報であって当該依頼に係るものを収集することを目的として面接による聞込み、尾行、張込みその他これらに類する方法により実地の調査を行い、その調査の結果を当該依頼者に報告する業務をいう」と定められています。

浮気調査は探偵に一日の長がある

興信所でも探偵でも浮気調査や人捜しは可能ですが、調査業務をおこなう事業者は独自のノウハウや情報源が命です。

業務内容は同じであっても、探偵と興信所には一つ大きな違いがあります。それは、探偵は身分を明かさずに調査活動をおこない、興信所の職員は調査員としての身分を明かして活動をおこなうということです。

こうしたリソースはやはり長年の活動の中で少しずつ積み上げていくもの。その意味では、もともと浮気調査・人捜しといった個人間のトラブル解決を専門的に受け持っていた探偵は、このジャンルでは一日の長があるともいえるでしょう。

探偵・興信所の選び方

それでは、実際にどのようにして事業者を選べばよいのか、チェックポイントを見ていきましょう。

つい見落としがちですが、営業年数はその事業者の信頼性や実力をはかる重要な指標になります。長く運営している会社ほど安心性は高いといえるので、口コミ等とともに必ずチェックしておいてください。

  • 探偵業の届け出を行っているか

探偵業を行う上では届出が必要です(探偵業法第4条)。まずウェブサイト上に届出番号が記載されているか確認してください。届出がおこなわれていない悪質な業者の場合、警察の管理下にないためトラブルになった際に必要な保護を受けられないおそれがあります。申し込み前に最低限確認しておきたいポイントです。

  • 事務所に足を運んでみる

電話やメールだけではその事業者について十分な情報を得ることができません。契約前に一度事務所に足を運んでみれば営業の実態を把握でき、より安心です。

  • 調査報告書のサンプルを見せてもらう

調査報告書には、裁判の場で証拠となり得るレベルの質の高さが求められます。体裁・内容ともにしっかりしたものでなければ意味がありません。その事業者がどのような調査報告書を顧客に提出しているのか、あらかじめサンプルで確認することをおすすめします。

その他、弁護士の紹介などのアフターフォローがあるか、料金体系の説明はきちんとしているかなどの確認も重要です。

普段なじみがないからこそきちんと知っておきたい

現在では、探偵と興信所に業務の差はありません。浮気調査は探偵でも興信所でも対応可能ですが、もともと個人間のトラブルを専門としていた探偵のほうに一日の長があるという見方もあります。

探偵・興信所を選ぶ際は、営業年数や口コミに加え、届出をきちんとおこなっているか、営業の実態はあるか、調査報告書のサンプルは見せてもらえるかなどの点を確認しておきましょう。