知らなかったってホント?

浮気相手に慰謝料を請求したところ、「奥さんがいるなんて知りませんでした」と言われてしまいました。確かに既婚者だと知らなかったら相手に非はないのかもしれませんが、相手女性は夫が既婚者だと本当に知らなかったのでしょうか。こういう場合、相手に慰謝料を請求することはできないのでしょうか。

慰謝料請求には相手の「故意・過失」が必要

浮気は法律の上では不法行為となるので、被害者であるあなたは共同不法行為者である夫と相手女性に対し損害賠償つまり慰藉料を請求できるのが原則です。ただし、慰藉料を請求するには次の二つの条件をクリアしている必要があります。

  1. 浮気相手に故意または過失があったこと
  2. 夫とあなたの婚姻関係が破綻していなかったこと

今回のケースで問題になるのは1についてです。

相手も被害者である可能性も

「故意または過失」とは、夫が既婚者であると知りつつ不貞行為をおこなったこと(故意)、もしくは相手女性が注意を怠っていたことにより既婚者だと気づかなかったこと(過失)を指します。最初から既婚者だとわかった上で火遊び気分で不倫をしたのであれば故意、夫がいつも結婚指輪をしていたのにもかかわらず女性の不注意により気づかなかった場合などは過失にあたります。

たとえば夫が独身のふりをして出会い系サイトを利用し、知り合った女性をくどいていた場合、お互い相手のことをろくに知りもせず肉体関係に至った可能性があります。出張先で出会った女性と浮気していた場合など遠距離浮気でも、夫が既婚者だと相手は気づきにくいでしょう。夫が結婚をほのめかし、交際に持ち込んだ可能性もあります。こうした場合にはむしろ、だまされた女性のほうが被害者ともいえるでしょう。

まがりなりにも夫と相手女性は恋愛関係にあったわけです。女性は好きな男の言うことは何でも信じ込んでしまうもの。夫のほうも既婚者だと気づかれないように細心の注意を払っていたことでしょう。相手女性はまったく疑うことなく交際をしていた可能性もあることは頭に入れておいたほうがよいでしょう。

既婚者と知っていたことの証明が必要

浮気相手は夫が独身だと本当に思い込んでいた可能性は否定できません。ただ、その場合でも「知らなかったとはいえ、既婚者と不倫をしていたというのが客観的事実なのだから、けじめをつけよう」と考え、額は少なくても慰謝料請求に応じる可能性はあります。あなたのほうも納得できればそれで手打ちとなります。

相手女性があくまで「彼が既婚者だと知らなかった」と主張し、慰謝料請求にも応じない場合は、最終的には裁判で決着をつけることになります。その場合、あなたのほうが「相手女性は夫が既婚者だと知っていた」もしくは「相手女性は過失により、夫が既婚者だと気づかなかった」と主張していかなければなりません。

主張には裏付けとなる証拠が不可欠です。根拠のない思い込みでは裁判に勝てません。夫が本当に相手をだましていた場合、相手女性はそのことを証明する証拠を出してくるでしょう。

あなたのほうは、「奥さんにバレないようにしなきゃ」「早く離婚してね」など、既婚者と不倫していることを相手女性が承知していることを示すLINEのやりとりなど、相手の故意や過失を立証できる証拠を用意しておく必要があります

忘れないで!いちばん悪いのは夫

慰謝料請求の要件を満たす場合、あなたには相手女性に支払いを求める権利がありますが、まず責任を負うべきは夫だということを忘れないでください。夫とは関係修復し、相手女性には慰謝料請求というのでは筋が通りません。夫さえ浮気心を起こさなければ、相手女性があなたの人生に関わってくることはなかったという事実を心に留めておいてくださいね。

既婚者だと知っていたことの証明がカギを握る

浮気相手に慰謝料請求するには、相手に故意または過失があるという条件を満たす必要があります。故意とは既婚者であると知りつつ不倫を行ったこと、過失とは夫が既婚者だと相手女性が不注意によって気づかなかった場合を指します。

相手女性があくまで慰謝料請求に応じない場合は、裁判を起こすことになります。裁判で勝つには、メールや電話のやりとりなど、夫が既婚者であることを相手は知っていたことの証拠が必要になります。