一方的な離婚要求に応じないといけないの?

「好きじゃなくなった」「性格の不一致」「信用できなくなった」という理由で、夫に離婚を切り出されてしまいました。離婚理由に思い当たることがなく、夫の様子がおかしいので調べてみると、なんと浮気をしていることが発覚。今からでも夫の浮気の証拠を探し、反撃することは可能でしょうか?

どうして今さら「性格の不一致」を持ち出してくるの?

不和離婚には協議離婚、調停離婚、裁判離婚の3種類があります。協議離婚は最も一般的な離婚の形で、「別れようか」「そうしよう」という夫婦間の合意さえあれば成立させることができます。離婚の原因は問われません。

 

離婚を考える際に一つ注意したいのは、離婚する際には必ず慰謝料をもらえるわけではないということです。慰謝料というのはあくまで、浮気やDVなどで精神的苦痛を受けたことに対する損害賠償という意味合いで支払われるものです。「性格の不一致」を原因とする離婚の場合は、どちらかが加害者というわけではないので慰謝料は発生しません。一方、浮気は法律の上では不法行為にあたるので、された側は損害賠償つまり慰謝料請求が可能です。

 

つまり、夫はほかに女性ができたためにあなたとの離婚を望むようになり、自分の浮気によって慰謝料請求されることを防ぐために離婚原因として「性格の不一致」を持ち出してきたと考えられます。「信用できなくなった」「もう好きじゃなくなった」というのも同様に、あなたが離婚に同意せざるを得ないように仕向けるための言葉といってよいでしょう。

今からでも反撃は可能!

反撃思い当たる節がないのに、突然「性格の不一致」を理由に離婚を切り出されてしまったらどうすればよいのでしょうか。答えは簡単です。一言「離婚には同意しません」と答えればよいのです。夫が身勝手な理由から離婚したがっても、あなたの合意がなければ離婚は成立しません。万一夫があなたの署名・捺印を偽造して勝手に離婚届を出したりしたら、有印私文書偽造罪および偽造有印私文書行使罪になりますし、その上で浮気相手と再婚したら重婚罪になります。

 

あなたの拒否によって協議離婚が成立しなかった場合、夫が調停離婚の申し立てをする可能性があります。この場合にも同様に、「離婚には同意しません」と主張すれば調停は不成立となります。次なる段階は裁判離婚となりますが、有責配偶者である夫からの離婚請求は原則として認められません。有責配偶者からの離婚請求が例外的に認められるためには、以下の3つの要件を満たす必要があります。

 

  • 長期にわたって別居していること(おおむね7~8年以上)
  • 未成年の子どもがいないこと
  • 離婚によって相手がた配偶者が経済的・精神的に過酷な状況におかれないこと

証拠がなければ戦えない

ポケットあなたがすべきことは、夫との話し合いの中で離婚を拒否しつつ、夫の浮気の証拠を確保することです。証拠がなければ夫の有責性を証明できませんし、夫や浮気相手への慰謝料請求はできません。調停や裁判の場で夫の浮気を証明するには、第三者の目から見ても明らかな浮気の証拠を示す必要があります。

 

夫もあなたからの反撃に備えて用心しているでしょうから、なかなかシッポをつかめないかもしれません。しかし、スマホは見られないように細心の注意を払っていても、ポケットやお財布、車のダッシュボードまでには気が回っていないかもしれません。探してみれば浮気の痕跡が見つかる可能性はあります

 

確実に証拠を押さえるためには、浮気調査のプロである探偵に依頼するのもアリです。その場合も、夫の外出記録やカーナビの履歴などをとっておくことで、疑わしい日時にあらかじめ目星をつけておくことができます費用も必要最小限に抑えられ、決定的な証拠を得られる可能性が高まるので、自分でできる範囲の事前準備を必ずしておくことをおすすめします。

 

夫の言うままに不本意な離婚をしてはなりません。主張すべきことはきちんと主張し、自分の立場を守ってくださいね。

理不尽な離婚要求の陰に浮気あり

浮気思い当たる節がないのに、夫が突然「性格の不一致」などを理由とした離婚を要求してくる場合には、背後に夫の浮気が隠れている場合があります。離婚を拒否しつつ、夫の浮気の証拠を確保するよう動いてください。

 

浮気の証拠がなければ夫や浮気相手への慰謝料請求はできません。また、調停や裁判の場で夫の有責性を証明することもできずあなたに不利になってしまいますので、浮気の証拠は必須と心得てください。費用はかかりますが、探偵の利用も一つの方法です。