相手の好きにはさせたくない!

「好きな人ができた」と離婚を迫ってくる夫。どうやらすでに相手と肉体関係も持っているようです。離婚もやむをえないかもしれませんが、夫の言うままに離婚に応じてしまっては二人の思うツボではないかと思うと、離婚に踏み切る気持ちになれませんよね。新しい道へ進みたい気持ちと、二人の好きにさせたくない気持ち。相反する感情に折り合いをつけるにはどうすればよいのでしょうか。

意地でも別れないほうがよい?

妻恋愛感情は理性で抑えきれないところがあります。夫がよその女性に心を奪われてしまうこと自体はある意味仕方のないことかもしれません。しかしそれなら、「本当に申し訳ないが離婚を承諾してほしい」と夫と浮気相手の両者があなたに頭を下げに来るのが筋というもの。あなたの立場を尊重せず、一方的に離婚を迫ってくる夫の言い分は誠に身勝手なものに思えます。離婚を告げられたあなたが、「この二人の好きなようにはさせたくない」と感じるのももっともです。

それなら、なんとか現状に耐え離婚を拒否し続けたほうがよいのでしょうか。もしまだ夫への愛情が残っており、やり直したいという気持ちがあるなら離婚拒否も一つの選択肢です。しかし、すでに夫に愛想を尽かしているにもかかわらず、二人を再婚させたくない一心から離婚に応じないのであれば、これはもう愛情ではなく意地の問題になってしまっていると認識すべきです。

本気の関係であっても客観的には“不倫”

不倫夫と相手女性は本気の恋愛だと思っているかもしれませんが、既婚男性と配偶者以外の女性との性的関係は、客観的に見れば不倫以外の何物でもありません。不倫は法律の上では不法行為であり、あなたは夫と浮気相手の両者に損害賠償請求をすることができます。慰謝料や財産分与などで有利な条件を勝ち取るためにも、不倫の証拠を押さえておくことをおすすめします。

離婚は本当に相手の思うツボ?

思うツボそもそも離婚することが本当に相手と夫の“思うツボ”なのでしょうか。結婚をゴールと考えるなら確かに、相手女性にしてみれば「略奪愛に成功!」ということになるのかもしれません。しかし現実には、結婚はゴールではなくスタートなのです。夫と浮気相手が再婚までこぎつけたとしましょう。そこから二人の結婚生活が始まることになるわけですが、二人が幸せに添い遂げられるかどうかは誰にもわかりません。うまくいく略奪愛カップルもいますが、再婚したはいいものの結局別れてしまうカップルもたくさんいますよね。

一方、離婚に応じたあなたは一時的には“敗者”だと感じるかもしれません。しかし、離婚後ほどなく、前夫とはくらべものにならないほど素晴らしい男性と巡り会い、初婚時よりはるかに幸せになれることもあるでしょう。長い目で見ればあなたのほうが“勝者”だと言えるのではないでしょうか。

長期的な視点を持たないと物事の本質は見えません。今のあなたは“意地”という短期的視点のメガネをかけており、モノを正しく見られていない状態なのです。

コップの水を捨てよう

コップコップに水がなみなみと入っていては、水を入れ替えることはできませんね。新鮮な水を入れるには、いちどコップを空けなければなりません。新しい生活を手に入れるためには、古い生活を捨てなければならないのです。

夫の愛情が冷めてしまったという現実を突きつけられるのは辛いものです。でも、どうかこんなふうに考えてみてください。あなたの胸の中には愛情という名の灯火が燃えています。夫とあなたの間にある焚き火はほとんど火が消えてしまっています。あなたは自分の灯火で懸命に火を燃え立たせようとしますが、焚き火はもう灰だらけ。夫は自らの灯火を別の焚き火にともし、あなたとの焚き火には目もくれません。周りを見渡せは、無数の焚き火が火を付けてもらうのを待っています。死んだ焚き火に火を起こそうと不毛な努力を続けますか? それとも新しい焚き火に火をともしてみますか?

 あなたが幸せになることこそ最高の仕返し

ハッピーあなたが離婚に応じたくないのは、愛情ではなく意地の問題であることをまずは認識してください。夫と浮気相手が真剣な気持ちであったとしても、客観的には不倫の関係であることに変わりありません。慰謝料や財産分与などに備え、二人が肉体関係を持っている証拠を押さえておくことをおすすめします。

離婚するか否か考える際には、短期的な視点ではなく長期的な視点に立つことを意識してみてください。