反省の態度を見せないから、心に折り合いがつかない!

夫が浮気をしていることが発覚し、修羅場に。話し合いを重ね、一応は夫婦としてもう一度やっていくことになりましたが、肝心の夫に反省の色がまったく見られません。飲み会と称して深夜に帰宅したり、連絡もなく遅く帰ってきたりなど、不審な行動が続いています。浮気相手ともまだ連絡を取りあっているようです。

こんな状況だと、夫がまた浮気するのではないかと、不安でたまらないですよね。浮気している夫が反省の態度を見せない場合、どのような対応をすればよいのでしょうか。

再構築するなら反省を態度で示させるべき

浮気が発覚したあとの夫婦の話し合いは非常に重要です。ここで毅然とした態度を示さないと、夫に心から反省させることはできません。場合によっては離婚することになってもよいという覚悟を持って臨むべきです。あなたのほうが「不倫されて辛いけれど、離婚は考えられない。夫も反省してくれるとよいのだけど。なんとか円満に解決したい」という中途半端な気持ちでいると、言葉や振る舞いの端々から夫にその気持ちを見透かされてしまいます。その結果、「不倫したってどうせ離婚にはならない」と夫は高をくくり、行いを改めなくなるのです。

話し合いの際には必ず夫に謝罪させ、反省を態度で示すよう約束させましょう。「自分が悪かった。もう二度としない」という言葉を夫から引き出すことがその後の行く末を左右するといっても過言ではありません。離婚せず再構築するのなら、浮気を許す代わりに以下のような条件を夫に承諾させてください。

  • 浮気を認める署名入りの文章を書く
  • 携帯のロックを外す
  • 浮気相手と今後一切連絡をとらないことを約束する
  • 浮気相手のメールアドレスなど連絡先をすべて削除する
  • お小遣い制にする

夫はあなたの気持ちに気づいていない

夫が浮気発覚後も態度を改めていないのは、まがりなりにも話し合いの場を持ったことでもう問題は解決し、あなたにも許してもらえたと考えているからではないでしょうか。人間の心は身勝手なもので、他人を傷つけることに対し、時としてどこまでも無神経になることがあります。いまの夫はまさにそうした状態で、自分の欲求を充足させることしか頭になく、その結果あなたがどれほど傷ついているかまるで考えていないのです。

浮気相手ともまだ連絡を取っているのであれば、夫は自分の行動をまったく反省していないと考えるべきです。残念ながらあなたは初動を誤ってしまったのです。浮気の再発におびえる日々に終止符を打つには、もういちど夫と向き合う必要があります。

夫に浮気をやめさせる最も有効な方法

夫と話し合う前に、「最終的に離婚することになったとしても、今の状態が続くよりもマシだ。どのような形であれ決着させよう」という覚悟を持ってください。そして、「前にあなたの浮気が発覚し、話し合ったことであなたは反省してくれたと思っていた。でも、最近また帰りが遅くなっているし、相手の女性ともまだ連絡をとっているんでしょう? あなたがそういう行動をとるのは妻の私に不満があるからだと思っている。私に至らないところがあるなら、改善するように努力する。あなたがまた浮気しているんじゃないか、常に不安が頭から離れないのはとても辛いの。だから心を打ち明けてほしい」と言ってみてはどうでしょうか。

夫のほうに責任があることは言うまでもありませんが、あえて謙虚な姿勢を示すのがポイントです。夫に良心があれば、自分の罪深さに気づいて深く反省するでしょう。逆に、「そうだ。俺が浮気するのはお前が出来の悪い妻だからだ」と開き直るような夫は、今後も決して浮気を反省することはないでしょう。これは人間性の問題ですから、改心させることは非常に困難です。我慢するだけ無駄、尽くすだけ無駄です。あなたの心と尊厳を守るために、そういう夫とは別れることを検討したほうがよいでしょう。

反省しない夫との未来はない

夫の浮気が発覚した際の話し合いは非常に重要です。夫に足下を見られないためにも、離婚も辞さないという覚悟を持って臨んでください。

いちど話し合いの場を持ったことで、夫はすでに問題は解決したと考えていると思われます。夫の態度を改めさせるためには再度の話し合いが必要です。謙虚な姿勢を見せて穏やかに話をしてください。あなたの謙虚さに対し夫が図に乗るようであれば、今後も改心はないものとあきらめ離婚を検討することをおすすめします。