せっかくの連休に浮気するつもり?

夫が不倫相手と思われる女性とゴールデンウィーク中に会う約束をしています。夫は仕事が入ったと言っていますが、夫のスマホを確認したところ、女性と会う計画を立てていました。知ってしまった以上、そのまま夫を送り出すことなどできませんよね。でも、夫を問い詰めても、仕事だと言い張られてしまうかもしれません。このような場合、どうしたらよいのでしょうか。

ゴールデンウィーク浮気の言い訳パターン

5月は1年で最も気持ちのよい気候ですし、大型連休ということで世の中全体がウキウキしたムードになります。ただし残念ながら、ゴールデンウィークは探偵への浮気調査依頼が急増する時期でもあるのです。

4月は何かと出会いが多い季節ですね。そして5月を迎える頃には4月の出会いがさらに発展しています。不倫においても同様で、4月に知り合った女性と徐々に仲を深め、5月の連休で男女関係に持ち込もうとするケースはめずらしくありません。浮気夫がゴールデンウィーク不倫をしようとする際、一人で出かける言い訳として頻繁に使われるのが次のようなものです。

  • 男友達と遊ぶ
  • 仕事がある
  • 出張が入った

夫の言動に怪しい点がある場合には、夫の説明を鵜呑みにしないほうがよいでしょう。

ゴールデンウィークは家族で過ごそう

夫がこっそり女性と会う約束をしているなら、放置しておくのは危険です。かといって、夫のスマホを勝手に見たことがバレたらケンカになることは目に見えています。まずは、どのような仕事が入っていつ・どこに・誰と行くのか夫に細かく確認しましょう。日にちをおいて何度か聞いてみるのがポイントです。一般的に男性はとっさに話を作り上げることが苦手なので、返答に口ごもったり矛盾したことを言ったりする可能性があります。そこで初めて、「前は○○と言っていたじゃない」と疑問を呈してください。疑われた夫はなんとかごまかそうとしたり逆ギレしたりするでしょう。夫が動揺している隙を突いて「もしかしてゴールデンウィーク中に浮気するつもりなんじゃないの?」と切り出してみてください。そして「あなたの言動にとても不安を感じる。いつものあなたらしくないから、今のあなたの言うことを信じることができない。こんなに不安な気持ちでいる私を一人にして置いていかないでほしい。態度で誠意を示して」と訴えましょう。

妻にここまで言われては、さすがに夫も浮気旅行には出かけられないでしょう。「もしかしたら探偵でも雇うつもりかもしれない」という警戒心が生じればせっかくの不倫旅行も楽しめなくなります。「わかった。そこまで言うなら予定は中止するよ」と言うかもしれません。ただし、この状態ではまだ安心できません。夫は改心したのではなく、「妻が疑っているから、とりあえず今はやめておこう。ほとぼりが冷めたらスケジュールを再調整しよう」と考えている可能性があります。しばらくは夫の様子から目を離さないようにしましょう。

せっかくの大型連休なのに、家族ではなく不倫相手などのために時間とお金を費やそうとするのは許せませんね。夫が一人で出かけるのを阻止することができたら、ぜひ家族水入らずで過ごしてください。楽しい思い出を共有することで家族の絆はより深まります「家族で過ごすのも悪くないな」と夫に思わせることが大事です。家族でのんびり過ごせるのがどんなに幸せなことか夫に実感させ、しょうのない浮気心を封じてやりましょう。

ゴールデンウィークは家族の絆を深める機会

ゴールデンウィークは浮気が増える時期でもあります。夫が連休中に一人で出かけようとしたら、浮気の不安を訴えて阻止してください。大型連休は家族で過ごすことで絆を深め、夫の自発的な改心を促しましょう。