不倫の証拠はメールだけ! 離婚&慰謝料請求できる?

夫と浮気相手がイチャイチャしているメールを発見! こんな夫とは離婚して慰謝料をとりたいところですが、浮気の証拠としてメールのやり取りしかなくても大丈夫なのでしょうか。

肉体関係の有無が決め手

肉体関係夫がよその女性とメールでイチャイチャしていたら、妻としてはとてつもなく不快になりますね。ただ、メールでイチャイチャしたやりとりをしただけで即、離婚や慰謝料が認められるわけではないのです。

 

民法770条1項では、家庭裁判所に離婚の訴えを提起するための法定離婚原因の一つとして、「配偶者に不貞な行為があったとき」(1号)を挙げています。この「不貞な行為」とはズバリ、自らの意思で配偶者以外の者と肉体関係を持つことを指します。

 

そもそも浮気の基準は人それぞれですよね。手をつないだだけ、一緒に食事に行っただけで浮気と感じる人もいます。しかし法律上は、どれだけ親密であっても性交渉を伴わない関係は浮気(不貞行為)とはみなされないことを頭に入れておきましょう。

メールのやりとりは浮気の証拠になる?

ライン単にほかの女性とイチャイチャしたやりとりをしているだけでは、法律上の浮気とはいえません。「妻より君のほうが好きだよ」「また二人で会いたいね」などという内容であっても、肉体関係をもっているかどうかまではわからないからです。問い詰めても、夫と浮気相手はおそらく「二人でふざけあっていただけ」と言い逃れをするでしょう。

不貞行為を証明できる内容であること

ただし、「昨日の夜はあなたの腕の中で幸せでした」というような、明らかに性交渉があったと推認できるような内容のやりとりを何度も交わしているようなら、夫と浮気相手の不貞行為の証拠となる可能性があります

メールの証拠能力は弱い

ホテル街不貞行為を証明するには証拠が必要です。浮気のきちんとした証拠を示せなければ、単なる妄想、憶測だと判断されてしまう恐れがあります。裁判の場では、強力な証拠が多ければ多いほど有利になります。たとえば次のようなものは浮気の強力な証拠として認められるでしょう。

 

  • 顔の映っている、性行為中の写真や動画
  • 夫と浮気相手がラブホテルへ複数回出入りし、長時間滞在していることを証明できる写真や動画
  • 夫が浮気相手の自宅へ複数回出入りし、長時間滞在していることを証明できる写真や動画
  • 夫が浮気相手を自宅へ複数回出入りさせ、長時間滞在していることを証明できる写真や動画

 

性交渉があったことをうかがわせるメールのやりとりも証拠のひとつではありますが、内容がいくら怪しくても「ふざけていただけ」と言い逃れされる余地があります。メールの証拠力は弱いことを知っておく必要があります。

もっと確実な証拠を手に入れよう

行動記録メールのやりとりから夫の浮気をつかんだ場合、「これ、どういうこと?」と携帯をつきつけて夫を問い詰めがちです。しかし、今後のことを考えるとこれは得策ではありません。

 

メールのやりとりだけでは証拠として十分とは言えません。離婚や慰謝料請求を考えているなら、もっとたくさんの証拠を集める必要があります。浮気があなたにバレたことがわかると、夫はメールを消去するなどして浮気の証拠隠滅を図るでしょう。そうすると、今後あなたは浮気の証拠集めをしにくくなってしまいます。

証拠を握れば優位に立てる

あなたがすべきことは、夫を問い詰めるのではなくさらに確実な証拠を集めることです。言い逃れできないほどの証拠を手に入れれば、離婚して慰謝料を請求することもできますし、夫に反省・謝罪させられる可能性もでてきます。証拠を握れば、あなたが有利な立場を獲得できるのです

 

浮気調査の素人であるあなたがホテルへの出入り写真などをおさえるのは事実上難しいでしょう。興信所や探偵などを雇うこともできますが、数十万円単位のお金がかかることは覚悟しなければなりません。プロに依頼せずとも、以下のようにあなたが自力で集められる証拠もあります。

 

  • ホテルの領収書
  • 浮気相手へのプレゼント購入に使ったと思われるクレジットカードの利用明細書やネットショッピング履歴
  • カーナビの記録
  • 夫の帰宅した時間、外出した日時などの行動記録 など

 

これらは単独では証拠能力の弱いものですが、積み重ねていくことで夫の浮気を証明できる可能性があります。夫とほかの女性とのイチャイチャメールを見てしまったら誰でも頭に血が上りますが、感情のままに問い詰めてしまうのは不利な道。いったん頭を冷まし、あえて泳がせて証拠をつかむという戦略を検討してみてくださいね。

泳がせてシッポをつかもう

カメラ離婚事由となる「不貞行為」とは、自分の自由な意思にもとづき配偶者以外の者と肉体関係をもつことをいいます。一般的に浮気と思われる行為がすべて不貞行為とされるわけではありません。

 

メールのやりとりも浮気の証拠になりえますが、単独では弱い証拠能力しかありません。メールから夫の不貞行為が発覚した場合は、問い詰めずあえて泳がせ、その間により多くの証拠を集めるという作戦が有効です。