なんで精力剤を持ち歩く必要があるの?

夫がカバンに精力剤を忍ばせているのを発見! しかも1錠減っている……。夫婦ではセックスレスなのに、なぜ精力剤を持ち歩く必要があるのでしょうか。精力剤を使ってまで浮気する夫にどう対処すればよいのでしょうか。

 

「カバンの中」というのが見過ごせないポイント

仕事カバン一口に精力剤と言っても効能や服用目的は様々です。性的な興奮を増大させるものもあれば、精力サプリメントのように毎日飲み続けることで効果が出てくるものもあます。また、直接的な精力アップというより疲労回復や滋養強壮を目的とするものもあります。

 

夫が精力剤を寝室に置いているなら、あなたとの行為に備えて買っておいた、という可能性も考えられます。寝室という共有スペースに置いているなら、あなたに発見される可能性も当然あるわけです。見られても構わないという意識が窺えるのであれば、夫に後ろめたところはないと考えてよいでしょう。

 

ただし、カバンに入れて持ち歩いているとなると話は別です。精力サプリメントではない、たとえばバイアグラなどは即効性が特徴で、服用後15分から1時間ほどで効果が出てきます。このことから、夫がわざわざカバンに入れて持ち歩いているのは、外で浮気行為に及ぶ直前に服用するためだと考えられます。

 

夫を問い詰める前にさらなる証拠を

精力剤精力剤の数が減っている以上、夫がすでに浮気を犯している可能性はあります。しかし「精力剤をカバンに入れて持ち歩き、数が1錠減っている」という事実だけで浮気の証拠とすることはできません。「疲労回復のために飲んだだけ」「友人からもらった」などと言い訳されればそれまでです。

 

夫を問い詰める前に、「よその女性と浮気する際に服用した」ということを立証できるような証拠を集める必要があります。怪しいレシートやメンバーズカード、携帯でのやり取り、風俗店の利用履歴などがないか、夫の周辺を探してみてください。精力剤の数を毎日チェックすれば、減った日=浮気した日と考えられ、調査の見当をつけやすくなります。そういった小さな証拠と、精力剤の数が減っているという証拠写真を組み合わせることで、夫が浮気していることを証明できる可能性があります。

 

夫はストレスを溜めているのかも

ストレス夫夫婦間で普通にセックスがあるのになおかつ精力剤を持ち歩いているのであれば、他の女性と関係を持つ時に男性機能をより元気にして行為を楽しむためと考えられます。しかし夫婦間でセックスレスであるなら、事情はもう少し複雑かもしれません。

 

セックスレスの原因は様々ですが、夫が機能的にダメでレスになってしまっている場合には、いわゆる「妻だけED」の可能性もあります。男性機能に問題があるわけではないけれど、なぜか妻であるあなたとだけはできないというパターンです。妻だけEDでも欲求自体はあるので、夫は精力剤の助けを借りてよその女性と関係を持ち、不満を解消しているのかもしれません。

 

男性機能に問題がないにもかかわらず精力剤にも手を出すという男性はよほどの遊び人です。夫がそういうタイプではないなら、精力剤の助けを借りなければならないということはとりもなおさず、夫の自信のなさや不安感を表しています。夫はよその女性と行為ができたという事実でもって、男としての自信を回復しようとしているのかもしれません。

 

もちろんあなたの側から見れば浮気は許しがたいことですし、「よその女性と使う前に私と使って!」ということになるでしょう。ただ、なにぶんデリケートな問題ですから、正面から一方的に夫を責めても問題を悪化させるばかりでしょう。夫が何らかの形でストレスを抱えている可能性があることも思いやってあげてくださいね。

 

夫婦間のセックスは互いへの信頼感を高めるためにも大切なものです。お互いが不満を感じていないのであればセックスレスも問題にはなりませんが、今回のように他所での欲求発散など派生的な問題を引き起こすこともあります。幸福な夫婦生活を送るためには、解消しておくに越したことはありません。夫を問い詰める前に、いちど夫婦間で話し合ってみることをおすすめします。

 

まずは夫婦仲の改善を!

ベッド精力剤をカバンに入れて持ち歩いている場合、よその女性と浮気する際に使用している可能性が高いと考えられます。持ち歩きの事実だけでは浮気の証拠にはなりませんが、女性とのやり取りやレシート、ラブホテルのポイントカードなど、他の証拠と組み合わせることで夫の浮気を証明できる可能性はあります。

 

浮気の背景にセックスレスがある場合、浮気の事実のみを責めても根本的な解決にはならないでしょう。夫を問い詰める前に、セックスレス解消のための話し合いを一度夫婦でしてみてはいかがでしょうか。