せっかく手に入れた証拠、どうすれば生かせる?

慰謝料請求や離婚を確実に勝ち取るために、探偵に浮気調査を依頼することも一つの選択肢です。でも、首尾良く証拠を手に入れたとして、どんなふうに使えばよいのでしょう? 探偵から提出された調査報告書を夫に突き付けてやってもよいのでしょうか。

離婚・慰謝料請求に浮気の証拠が必須な理由

浮気は道徳的に許されない行いであるだけではありません。法律の上で浮気は配偶者と浮気相手による不法行為とされます。不法行為を受けた場合は、その不法行為によって受けた損害に対し賠償請求することが民法上認められています。離婚の際の慰謝料とは、不倫という不法行為によって受けた精神的苦痛という損害に対し金銭的な賠償を認めるものです。

離婚や慰謝料請求にあたって、夫や浮気相手があなたの求める金額の慰謝料を払ったり離婚に応じたりするのであれば証拠は不要です。しかし現実問題として、浮気夫や相手女性がすんなり非を認めることは稀です。まとまった額のお金を払わされたり離婚したりすることは負担が大きいため、頑として浮気の事実を否定することがあらかじめ予想できます。夫や相手女性がどうしても認めない場合、最終的には裁判によって決着をつけることになります。日本では証拠裁判主義が採られているため、事実の認定すなわち浮気の事実があったか否かは具体的な証拠によって判断されます。ゆえに、離婚や慰謝料請求を有利に進めるためには、浮気の証拠をあらかじめ手に入れておく必要があるのです。

肉体関係を証明できる証拠が必要

法の場で浮気の証拠として認められるには、肉体関係(セックス)の存在を証明するものである必要があります。キス写真やツーショット、親密なLINEのやり取りなどは、それだけでは肉体関係があるかどうかはわからないため浮気の証拠としては弱いとみなされるので注意が必要です。

夫や浮気相手がラブホテルやお互いの自宅へ一緒に入っていく様子をおさえた写真などは浮気の強い証拠となりえます。ただ、そういった写真を素人であるあなたが自力で撮るのは難しいでしょう。そこで、お金をかけてでも調査のプロに依頼し、決定的な証拠を確実に手に入れようという選択肢が生まれてくるのです。

証拠を突きつけたら夫に嫌われる?

実績のある興信所・探偵に調査を依頼すれば、顔写真をばっちりおさえ、分刻みで行動がわかる詳細な報告書を手に入れることができます。ただ、せっかく精度の高い証拠を手に入れたものの、どう生かせばよいかわからずもてあましてしまうことが多いのが現実です。そもそも、夫や浮気相手の無防備な姿を探偵に調べさせることに罪悪感を持ってしまうこともあるかもしれません。証拠を突きつけたとき、「こっそり調べさせるなんて、もうお前のことを信用できない」と夫に逆ギレされるという不安もゼロではないでしょう。探偵に調べさせるという行為が夫婦間の信頼関係を完全に壊してしまうのではないかも気になるところですね。

でも、そもそも浮気という裏切り行為を働いたのは夫のほうなのですから、あなたが探偵を雇って調査させたことに対しキレられる筋合いはありません。あなたが一瞬でも罪悪感を覚えてしまうと、そこを責められ一気に形勢が逆転してしまいます。自分を守るために探偵を雇ったのだということを思い出し、毅然とふるまってくださいね。

証拠は最後まで見せないのが正解

結論から言えば、入手した証拠を夫に突きつけても何一つメリットはありません。あなたとしては一時的に気が晴れるかもしれませんが、これから戦う相手である夫に対し自分から手の内を明かしてしまうのは愚かなことです。夫にしてみれば、あなたがどんな証拠を握っているのか見当もつかないというのが最も不安をかきたてられる状況なのです。「どれほどマズイ証拠を握られているんだろう…」という夫の不安感をうまくゆさぶることで、慰謝料の金額交渉などを有利に進めることが可能になります。

あなたがどれだけの証拠を握っているか探るために、夫が「証拠があるなら見せてみろ」と挑発してくる可能性もありますが、決して乗らないように。証拠が真価を発揮するのは裁判の場です。秘蔵の証拠は裁判に進むまで大切にとっておき、みごと勝利を収めてくださいね。

夫に証拠を突きつけても意味はない

日本は証拠裁判主義を採用しているため、浮気の事実を認定させるためには証拠が必要となります。実績のあるプロの調査業者に依頼すれば精度の高い調査報告書を入手できるでしょう。得た証拠を夫に突きつけるのは避け、裁判となるまで温存しておくことをおすすめします。