浮気した夫と関係修復できるもの?

夫に浮気されたことはなかなか水に流せるものではありません。関係修復のチャンスを与えたとしても、この先うまくやっていけるのかどうか不安はぬぐえませんよね。もしうまくいかなそうなら、もらえるものをもらって早いうちに離婚したほうがよいのでしょうか。

関係修復しても慰謝料請求はできる!

慰謝料浮気は許せないものですが、夫婦間の関係を再構築できそうな見込みがあるのであれば夫に挽回のチャンスを与えるのもアリですね。その場合、過去に夫が犯した浮気についての扱いはどうなるのかみていきましょう。

夫との関係修復に成功し離婚には至らなかった場合であっても、浮気相手へ慰謝料請求することは可能です。ただし、浮気によって婚姻関係が破綻し離婚となった場合とくらべ、慰謝料の金額は下がります。

慰謝料の金額は一律に決まっているものではありませんが、大体の相場はあります。浮気が原因で離婚に至った場合には200万円~300万円であるのに対し、離婚や別居にならず関係を修復できた場合はおよそ50万円~100万円が目安と考えてください。

要注意!慰謝料請求には時効がある

締め切り慰謝料はいつでも請求できるわけではありません。慰謝料請求には時効が設けられており、この期間を過ぎてしまうと請求が難しくなります。時効のカウントダウンがいつから始まるかは、慰謝料の種類によって異なってきます。

  • 浮気自体によって生じた精神的苦痛に対する慰謝料→浮気を知った時から
  • 浮気によって婚姻関係が破綻したことへの精神的苦痛に対する慰謝料→婚姻関係が破綻したときから
  • 浮気によって離婚することへの精神的苦痛に対する慰謝料→離婚したときから

時効が成立してしまっても、相手方が支払う意思をみせているのであれば、払ってもらうことに法的問題はありません

知っておきたい!「求償権」って何?

クエスチョン夫の浮気を乗り越え夫婦関係を修復できた場合のために、もう一つ知っておきたいのが「求償権」です。求償権とは、他人に代わってお金を払うなどした人が「私が払ったお金を返してください」と要求できる権利のことです。たとえばAさんの保証人BさんがAさんに代わって借金を返した場合、BさんはAさんに対し求償権を行使し、払ったお金を返すよう要求することができます。

慰謝料に関してもこの求償権が問題になるケースがあります。そもそも浮気はひとりでできるものではなく、必ず相手が必要となりますね。浮気は夫と浮気相手が共同でおこなう不法行為なのです。ですから夫と浮気相手は慰謝料に対し、連帯して責任を負っていることになります。

夫と関係修復したら、求償権対策をしておこう

夫とは関係修復できたけれど、浮気相手には慰謝料を請求することにしたとします。離婚には至らなかったので金額は少し抑えて100万円とし、夫にも責任の半分があると考え相手には半額の50万円だけ請求しました。後日、浮気相手から50万円の払い込みがあり安心していましたが―。

この後、浮気相手が求償権を持ち出し「50万円のうち半分は夫側が負担するべき。50万円払った私に25万円返してください」と言ってくるおそれがあります。このような事態を防ぐには、あらかじめ示談書に「求償権を放棄する」旨の条項をいれておくのが有効です。

関係修復に失敗してしまったら?

失敗次に、関係修復がうまくいかず離婚することになってしまった場合についてみていきましょう。

離婚の原因はどうなる?

お互いに離婚に納得しているのであれば、そのまますんなり離婚できます。しかし、もし夫があくまでも離婚に反対するなら最終的に訴訟に発展する可能性があります。民法770条には離婚の訴えを提起できる理由として、5つの法定離婚事由が挙げられています。

  • 1号:不貞行為
  • 2号:悪意の遺棄
  • 3号:配偶者の生死が3年以上不明
  • 4号:配偶者の強度の精神病
  • 5号:その他婚姻を継続しがたい重大な事由

離婚裁判では、1号・5号を根拠に離婚を主張することになると考えられます。

過去の浮気については不問になるの?

浮気した夫が反省の態度を見せたので関係修復を承諾し、その後は何事もなく平和に過ごせているとしましょう。それにもかかわらず、あなたのほうが夫への不信感を捨てきれず再び離婚を切り出すことになった場合には、過去の浮気を原因に離婚請求することは認められない可能性があります。いったんは許しを与えて関係修復をしているのに、「やっぱり許せない」と言い出すのは道義的に問題があるからです。

関係修復中に夫が浮気した場合は、「過去に浮気され、関係修復を図るも再び浮気され、夫婦関係が完全に破綻した」と主張することになるでしょう。

再構築を考えているなら夫を信じてみよう

また浮気するのではないかという疑いを抱いていると、あなたにとっても夫にとっても家庭が心安らぐ場でなくなってしまいます。浮気を乗り越え、なんだかんだありつつも仲良く暮らしている夫婦は世の中にたくさんいます。人間なのだから一度くらい間違いを犯すこともあるかもしれません。いったん関係修復を承諾したのなら、勇気を出して夫を信じてみませんか

関係修復には双方の努力が必要

カップル浮気した夫とその後関係を修復したとしても、浮気相手に対し慰謝料を請求することは可能です。しかし、離婚に至った場合とくらべ金額は低くなります。慰謝料を請求する場合は求償権についても考慮し、示談書に求償権の放棄条項を入れるなどの対策をしておくとよいでしょう。

関係修復がうまくいかず離婚することになった場合には、過去の浮気を離婚事由とすることは認められない可能性があります。関係修復を決めたのであれば、猜疑心を払拭し夫を信じる努力も必要です。