まさかの動画に絶句

夫のスマホになんと浮気相手とのハメ撮り動画が保存されていました。相手が誰かは不明です。夫はデリヘル嬢だと言っていますが、デリヘルなどの風俗では動画を撮らせてもらえるのでしょうか。相手を突き止める方法はあるのでしょうか。ハメ撮りをするような夫とは、もう離婚するべき?

デリヘルでは本番行為や撮影はできるの?

動画に映っていた女性は夫の言う通りデリヘル嬢なのでしょうか。それともデリヘル嬢というのは身元をごまかすための嘘で、相手は一般女性なのでしょうか。一般女性の場合は、動画の他にもLINE等でイチャイチャしたやり取りをしている可能性があります。こまめに夫のスマホをチェックするようにし、相手を特定できないか調べてみてください。一般女性が相手だった場合、身元さえ割り出せれば慰謝料請求することができます

デリヘルではそもそも本番行為は禁止のはずですが、交渉等によっては本番OKとなる場合もあります。また、ハメ撮りプレイを売りにしているデリヘル店もあります。相手が本当にデリヘル嬢である可能性は否定できません。夫がデリヘル店のメンバーズカードなどを所持していないか、財布の中などを確認してみてください。

デリヘル嬢に慰謝料請求は可能?

男性の中には、風俗は相手に気持ちがあるわけではなく、単なる性欲処理のためだから浮気に当たらないと考えている人もいます。しかしこれは単に男にとって都合のよい理屈にすぎません。法律上は風俗での本番行為や類似行為も浮気(不貞行為)とみなされる可能性があり、離婚や慰謝料請求の理由になり得ます

動画の女性がデリヘル嬢だった場合、仮に身元を特定できたとしてもデリヘル嬢本人には慰謝料請求することはできません。デリヘル嬢は仕事として夫と行為をおこなったにすぎず、不法行為が成立しないと考えられるためです。ただし、デリヘル嬢が店を離れたプライベートの場で夫と肉体関係を持っていた場合は慰謝料請求の対象になります。

辛くてもデータは消さないで

夫のあられもない動画というショッキングなものを見てしまったショックははかりしれません。思わず消去してしまいたくなるかもしれませんが、そこはぐっと我慢してください。ハメ撮りは夫が浮気していることの決定的な証拠となります。今はまだ今後のことは何も考えられないかもしれませんが、離婚や慰謝料請求をするとなったら浮気の証拠が必要になってきます。あなたが自分の手で証拠隠滅してしまったら夫が有利になるだけ。今は、辛くてもなんとか冷静にならなければならない局面です。動画は単に浮気の証拠であって、それ以上でもそれ以下でもないと考えてください。大事な証拠なのですから、夫に消去されてしまった場合に備え、バックアップをとっておくとよいでしょう。

要注意!インターネット公開は犯罪になる

夫と相手女性を許せないという気持ちは当然ですが、見つけた動画をインターネットで公開しようなどとは考えてはいけません。ハメ撮り動画をインターネット上に流出させる行為は、「名誉棄損罪」ほか「わいせつ物頒布罪」などに該当するおそれがあります

許せるか許せないかはあなた次第

夫の浮気や風俗利用への耐性は人それぞれです。理性ではなく気持ちの問題ですから、生理的に無理となったらどうしようもない面があります。浮気相手とハメ撮りするような夫とは一緒に暮らせないという場合には離婚もやむを得ないでしょう。

普段はまじめな男性であっても、心の奥底ではややアブノーマルな性的欲求を抱いていることもあります。夫との今後を考える上では、根はまじめな夫がなんらかのきっかけで逸脱してしまったのか、ハメ撮りと浮気の常習犯なのか、しっかり見極めていく必要があります。

風俗は浮気ではないと夫が考えていた場合、デリヘル嬢を呼ぶことやハメ撮りをすることをいたって軽く考えていた可能性もあります。自分の行為によって妻であるあなたがどれだけ傷つくのか理解できていなかったのかもしれません。まずは、風俗であったとしても夫が他の女性と関係を持つのは耐えられないことを素直に夫に伝えましょう。夫は初めてあなたの気持ちを知り、深く反省するかもしれません。あなたが嫌がっても風俗利用をやめようとしないようであれば、もうつける薬はありません。夫が自分の快楽をとるか、あなたの気持ちをとるかで今後の方向性を決めてはいかがでしょうか。

風俗も法律上は浮気になる

風俗利用も法律上は不貞行為とみなされる可能性があり、離婚や損害賠償請求の理由になり得ます。夫は風俗利用を浮気とは考えていなかった可能性もあるので、風俗は絶対に許せないという気持ちをまず夫に伝えることが大切です。ハメ撮り動画をインターネット上で公開する行為は「わいせつ物頒布罪」等の犯罪になるおそれがあるので絶対にやめましょう。