二次会でハメを外して浮気するかも…

夫が友人の結婚式に出席します。浮気性なところがある夫の場合、二次会などでハメを外して浮気しないか心配になりますね。結婚式の二次会で女性と仲良くなり、浮気することはあるのでしょうか。結婚式での浮気を防ぐにはどうしたらよいのでしょうか。

二次会は異性との出会いの場?

結婚式には新郎新婦の友人として同年代の男女がたくさん集まります。実際に、独身男女にとって友人の結婚式は有力な出会いの場の一つです。新郎(新婦)の友人の中に好みのタイプがいたら、声をかけて仲良くなるパターンはよくあります。お互い独身であれば結婚式での出会いというのも素敵ですが、既婚者が結婚式をナンパの場にするなどもってのほかであることはいうまでもありません。

結婚式の最中はお行儀良くしていても、二次会となるとかなりはじけた雰囲気になるものです。場合によっては合コンのようなノリになることもあります。緊張感が一気に緩み、お酒も入るので、浮気性の人なら異性を口説きたい気持ちになってくるかもしれません。また、結婚式や二次会は昔の友人たちとひさしぶりに顔を合わせる機会になります。夫が元カノや片思いの相手などに再会する可能性もあります。浮気性の夫にとっては誘惑の多いシチュエーションといえるでしょう。

スマホをいじるようになったら要注意

二次会から夫がおとなしく帰ってきたとしても、まだ油断は禁物です。実のところ、二次会が終わってからすぐ女性とホテルに行くようこぎつけるのはよほどの口説きテクニックが必要です。ホテル直行より注意すべきなのは、二次会の際に連絡先を交換し、後日LINE等のやり取りが始まるパターンです。

二次会に参加後、夫がやたらスマホをいじるようになったり、肌身離さず持ち歩くようになったりしたら要注意。二次会で知り合った女性と連絡を取り合い、会う約束をとりつけようとしているおそれがあります。放置しておくと浮気に発展する可能性が高いので、早めにクギをさしておいてください。初期段階であれば、「最近やたらスマホをいじっているけど、もしかして相手は二次会で会った人? どんな人なの?」と牽制しておけばよいでしょう。

二次会浮気を防ぐ方法

浮気は心配ではありますが、せっかくの結婚式ですから気持ちよく送り出してあげるのが理想です。浮気が心配なら、以下の約束事を参加の条件にすることをおすすめします。

  • 参加は二次会までにすること
  • 会が終わったらすぐに連絡をいれること
  • 場合によってはあなたが途中まで迎えに行くこと
  • 結婚指輪をつけていくこと

二次会の際には、新郎の友人たちはとかくハメを外しやすいものです。しかし夫はもう家庭のある身なのですから、お祝いの場で女性にちょっかいを出すようなみっともない真似は慎まなければなりません。夫がまだ浮ついた気持ちを持っているように感じるのであれば、「結婚式や二次会はハメを外すためのものじゃなくて、ご結婚をお祝いする場だっていうことを忘れずにね。既婚者が独身の人たちと一緒に騒いでいたらみっともないよ。もう家庭がある身なんだから、立場をわきまえてね。あなたは新郎にとっては結婚生活の先輩なんだから、だらしない姿は見せないようにね」と、教えさとしましょう。

二次会という非日常的な機会であること、そしてあなたの目が行き届かない場であることから、浮気が気になってしまうのも仕方ありません。でも、普段から夫婦の絆を維持できていれば過度の心配は不要です。「浮気してきたら許さないからね!」と押さえつけるような言い方ではなく、「あなたを信用しているから、今日は楽しんできてね」と言えると良いですね。

二次会が終わってからも目を離さないように

結婚式の二次会は同年代の異性が多く集まるため、出会いの場ともなりえます。夫の浮気が心配な場合は、夫を送り出す前に「参加は二次会まで」「終わったらすぐ電話する」などの約束をさせましょう。二次会の際に女性と連絡先を交換している可能性もあるので、式後もしばらくの間は夫から目を離さないようにしましょう。