浮気相手とお花見デート?

夫が職場の花見に参加する予定です。でも実際のところ、目的は花見ではなく、お花見のあとに女性と2人で会うことのようです。夫は浮気するつもりで花見に行くのでしょうか。花見の開催日や時間などがわかっている場合、どう行動すべきでしょうか。

花見は浮気の口実?

春は心が浮き立つ季節。華やいだ雰囲気の中、恋したい気持ちになりやすい季節でもありますね。お花見デートといえばカップルの定番ですが、春の陽気で頭がお花畑状態になった不倫カップルもお花見デートに出かけようという気を起こすことがあります

たとえば社内不倫の場合、お花見をきっかけに不倫が露呈するケースがあります。お花見中はあえて距離をおいているものの、解散後に別の場所で合流しそのままホテルへという流れはよくあるパターンです。桜が見頃を迎える時期は限られていますしお花見スポットも定番化していますから、密会している姿を知人に見られてしまうことは十分ありえます。「○○さんがよその女性と二人で会っていた」という噂はあっという間に広がるので、そのうち妻の耳にも入ります。本来は表に出てきてはいけない立場である不倫カップルが艶やかな桜に誘われて、ついシッポを出してしまったというわけです。

一緒に花見に行きたいと言ってみよう

浮気疑惑のある夫が職場の花見に参加する場合はやはり、浮気相手も一緒なのではないか、花見のあとに浮気するつもりなのではないかと不安になってしまいますよね。疑惑を確かめるのに最も効果的な方法は「私も一緒にお花見に行っていい?」と夫に頼んでみることです。快くOKしてくれたら、少なくとも職場で不倫している可能性は低いでしょう。反対に、これといった理由はないのにあなたが一緒に来るのを嫌がるようであれば、あなたが浮気相手と顔を合わせることになる事態を避けようとしている可能性があります

もっとも、夫がプライベートと仕事をきっちり分けたいタイプの場合、不倫しているわけではないけれど妻が職場に顔を出すのをよく思わないこともあります。職場のお花見に一緒に参加するのを断られただけでは浮気確定というわけではありません。

夫の職場のお花見の日時や場所があらかじめわかっているのであれば、お花見が終わる頃合いを見計らって、「お花見どうだった? いま近くにいるんだけど、一緒に帰らない?」とメッセージを送ってみましょう。夫がすんなり待ち合わせに応じてくれるのであれば、お花見を装った浮気の可能性は低いでしょう。しかし夫が「このあと同僚と約束があるから」などと断ってきた場合には注意が必要です。

待ち合わせの場所に行くべき?

お花見のあとに夫が女性と会う場所がわかっている場合には、探偵を雇って密会の写真を撮るという手もあります。ピンポイントで依頼できるので費用も最小限に抑えられます。夫と浮気相手が合流し、ホテル等へ入っていく現場を探偵に撮影してもらったら、その場で二人を取り押さえてください。写真という証拠が手に入った以上、あなたが圧倒的に有利な立場になります。近くの喫茶店等で話し合いをしようと言えば、夫も浮気相手も断れないはずです。もし相手が逃げようとしたら、「内容証明郵便を送って慰謝料請求をします」と伝えましょう。

三者面談では相手女性に「夫とはもう二度と会わない、約束を破ったら慰藉料○円を払う」という旨の誓約書を書いてもらうことをおすすめします。夫にも「○○さんとはもう二度と会わない。約束を破ったら妻の言う通りの条件で離婚する」という誓約書を書かせます。日付と署名も忘れずに。

人目に触れるかもしれないお花見の場に不倫カップルがのこのこ出てくるのは、警戒心が緩んでいる証拠です。タイミングを狙いすまして不意打ちすれば、浮気の決定的な証拠を押さえられる可能性があります。不倫の現場をきっちり取り押さえて、きつくお灸を据え、心おきなく桜を楽しんでくださいね。

気の緩みやすいお花見シーズンは浮気が発覚しやすい

浮気疑惑のある夫が職場の花見に参加するときは、一緒に行っていいか聞いてみましょう。もしOKしてくれるのであれば、少なくとも職場不倫の可能性は低いでしょう。

浮気相手と花見後に待ち合わせする場所がわかっている場合は、探偵を頼んで証拠写真を撮ってもらうという手があります。現場を取り押さえたらすかさず三者面談に持ち込み、夫と相手女性に誓約書を書かせることをおすすすめします。