店名のないカードから漂う浮気の香り

夫が店名の書かれていない怪しいメンバーズカードを持ち歩いていることが発覚。これはラブホテルのポイントカード? それとも風俗の会員カード? どちらにしても悪さをしていることに変わりはなさそうです。こうしたメンバーズカードは浮気の証拠になるのでしょうか?

 

ラブホテル? 風俗? 見きわめのポイント

カード利用者名や電話番号、所在地はおろか、店名すら書かれていないカードはいったいどんなお店のものなのでしょうか。風俗店であれば、利用を促すために店名や電話番号を記載しているはずです。単に「メンバーズカード」としか書かれていないものはラブホテルのポイントカードとみてよいでしょう。

 

メンバーズカードを持っているということは……

デリヘル浮気ラブホテルを継続的に利用するシチュエーションとしては、浮気もしくはデリヘルなどの風俗が考えられます。ポイントカードを持っていることからして、夫がラブホテルに頻繁に出入りしているのは間違いありません。しかし、ポイントカードを持ち歩いているからといって、浮気の証拠とはならないのです。夫が「友人からもらった」「一人になりたいときに利用している」などと言い訳すれば、それ以上は追及できません。

 

ラブホテルのポイントカードで浮気を証明できる?

ホテル空室ラブホテルのポイントカードは住所や氏名を記入する必要なく簡単に作ることができます。ポイントカードを作ると、利用回数を重ねるほど料金がお得になります。カードを作っている以上、そのラブホテルを常習的に利用している可能性は高いといえます。

 

 

ラブホテルの店名や場所を調べられる?

地図検索なんとも歯がゆい状況ですが、せっかく見つけたポイントカードを利用して、なんとか状況を進展させましょう。もしカードに電話番号が記載されていたら、逆引き検索サービスを利用して店名や所在地を確認しましょう。

 

店名や電話番号等が一切書かれていない場合には、調査は難しくなります。「ラブホテル 都道府県名 ポイントカード」などで画像検索してみれば、どこのお店のものか判明する可能性はあります。お店がわかればこちらのもの。あらかじめ夫の行動記録をつけておき、ラブホテルに行っていると思われる日時に張り込みをするなどの手段もあります。

 

泳がせ作戦でシッポをつかもう

歩く夫繰り返しになりますが、ポイントカードを持っているというだけでは不貞行為の証拠にはなりません。夫が何のためにラブホテルを利用しているのか見極めることが大事です。浮気と風俗通いではあなたの対応の仕方も異なってくるでしょう。先走って夫を問い詰めてしまうと、証拠を隠され調査をしにくくなってしまいます。

 

まずはポイントカードを写真に撮り、証拠保全をしましょう。それから夫を泳がせ、よからぬことをしているという証拠を集めるのです。怪しいレシートやクレジットカードの利用明細書がないか、出会い系サイトを利用していないか、特定の女性とのやり取りがないかなど、身の回りから調べ、見つけた証拠は写真に収めてください。

 

証拠集めと同時に、「単なる風俗遊びだったら、しっかりお灸をすえて今回だけは大目に見よう」「特定の相手との浮気だったら慰謝料をとって離婚しよう」など、腹積もりをしておく必要があります。ここが定まっていないとすっきり解決できず、いつまでもこの件を蒸し返して夫に不満をぶつけることになりかねません。夫婦仲がこじれた挙句、不本意な形で離婚となるおそれもありますので、夫の態度も考慮しつつよく考えて道を決めてください。

 

早とちりはNG!ポイントカードだけでは浮気の証拠にならない

ホテルのベッド店名や電話番号等の記載されていないカードはラブホテルのポイントカードだと考えられます。ポイントカードを夫が所持しているということは、そのまま浮気の証拠になるわけではないので注意が必要です。

 

ポイントカードの入手経路については言い訳の余地があるので、浮気を証明するにはさらなる証拠が必要です。夫の行動記録や電話の履歴、レシート等とポイントカードの存在を合わせることで、浮気の事実を立証できる可能性はあります。夫を問い詰める前に、自分はこの先の結婚生活をどうしたいのか、あらかじめ考えておきましょう。