既婚者のくせにナンパなんて信じられない!

女好きな夫がナンパをしたり、出会い系を使ったりなどして女あさりをしているようです。夫のスマホを見たところ、明らかにナンパで知り合ったと思われる女の子とLINEのやり取りをしていました。連絡をやめるように言っても、こそこそとやりとりを続けているようです。体の関係はないと夫が言っているとしても信用できませんよね。

ナンパはやめると何度も約束していますが、時間が経つとまた再開しています。夫にナンパをやめさせるにはどうしたらいいのでしょうか。

ナンパ癖はもはや習性!容易には治らない

既婚者であるにも関わらず女あさりをやめない夫には呆れ果ててしまいますね。夫が次々に新しい女性との出会いを求めるのは、自分の快楽のことしか頭にないことの証拠です。妻であるあなたがどう感じるかなど、夫にはどうでもよいことなのです。夫にとって女性との関係は、刹那的な刺激と快楽がすべて。今この瞬間を楽しめればよいのであって、後先のことはまったく考えていないと断言できます。

他者と実りある関係を築くには、お互いが精神的に自立した大人であることが大前提です。しかし内面が成熟しないまま大人になってしまった夫は、一人の女性とじっくり仲を深めていくということができないのです。夫と女性との関係はどこまでいっても表面的なものでしかありません。

夫にとってナンパは生きる上でのカンフル剤のようなもの。夫の中では、自分の男としての評価はナンパに成功するか否かで決まるという思考が確立してしまっています。いくら歳を重ねても、チャンスさえあればナンパや出会い系に励むという行動パターンから一歩も進歩しないでしょう。

どこまであなたが許せるかが重要

出会い系やナンパで知り合った相手と必ず肉体関係を持つとは限りません。もちろん夫の側には「あわよくば」という下心は必ずあるでしょう。相手女性が軽そうなタイプであれば「ダメもとでホテルに誘ってみようかな」というぐらいの意識は持っているはずです。ただ、ナンパのゴールはホテルとは限らず、一緒に飲んだり他愛ないやりとりができたりすればそれで十分と思っていることもあります。夫のナンパ癖は不治の病と認識した上で、夫との今後を考えていく必要があります。

ナンパや出会い系は一切許せないというのであれば、夫と一緒にいる限りあなたの苦労は絶えないでしょう。夫の内面的な成長に望みをかけても、がっかりさせられる可能性が濃厚です。下手に期待せず、夫のナンパ癖はお酒やギャンブルと同様の依存症なのだと考え、現実的な対処法を考えたほうがよいでしょう。もしまだ夫への愛情が残っているなら、ナンパ依存症と認識した上で一緒にやっていくという選択肢もなくはありません。どうしてもナンパはしたいなら一緒に呑むだけにとどめる、肉体関係は絶対に持たないなど、最低限のルールを決めることをおすすめします。野放図にさせておくより、ある程度のルールを設けて夫に「節度」というものをわからせるのです。

 

もちろん夫がちゃんとルールを守るという保証はありません。さりとて、夫にヒモをつけてつないでおくわけにもいきませんし、どこへ行くにもあなたが付き添うわけにもいきません。夫を信じるしかないのです。夫を信じることに疲れ果てた時こそ、離婚を真剣に検討し始めるべき潮時です。夫の長年にわたる浮気についての証拠をきちんと確保しておけば、あなたにとって有利な条件で離婚することができるでしょう。

ナンパ癖は不治の病

夫のナンパ癖はギャンブルなどと同じ依存症だと考えたほうがよいでしょう。夫が自発的にナンパをやめる可能性は低いという現実を認識した上で対策を考えていく必要があります。どの程度の女遊びならギリギリ許容できるかルールを設けることをおすすめします。夫の浮気を心配するのに耐えられなくなったら、離婚を具体的に考え始めましょう。