離婚協議中なら浮気しても許されるの?

性格の不一致での離婚を協議している最中、夫の浮気が発覚しました。夫は「離婚協議中ならすでに夫婦関係が破綻しているので問題ない」と思っているようです。でも、そもそも性格の不一致での離婚を主張してきたのは夫のほうです。離婚協議中でも浮気の慰謝料請求をすることができるのでしょうか。また、浮気の証拠を押さえたら親権や養育費などの交渉を有利に進められるのでしょうか。

双方が離婚に合意している?

破局夫婦関係が破綻していると認められるには、お互いが離婚に同意していることが大前提となります。夫が性格の不一致での離婚を主張していても、あなたのほうは離婚を望んでおらずやり直したいと思っている場合には夫婦関係の破綻とは認定されません。

一方、夫婦双方が離婚を希望しており、あとは条件を交渉するだけという状態であれば、夫婦関係は完全に破綻しておりもはや修復不可能とみなされると考えられます。浮気に対する慰藉料はそもそも、平穏な結婚生活を送る権利を侵害されたことへの損害賠償請求です。夫婦関係が破綻しているということは守られるべき権利自体がすでにないということですから、損害賠償請求をすることはできません。

別居中の浮気でも慰謝料請求できる

浮気夫婦関係が破綻しているか否かについては明確な基準があるわけではなく、別居の有無や期間、双方の意思、離婚へ向けた手続きの進行状況など、様々な要素を考慮のうえ総合的に判断されます

注意したいのが、別居をしているからといってただちに夫婦関係の破綻が認定されるわけではないこと。一時的に離れて暮らすことでお互い頭を冷やし、再構築を試みるための別居というのもありますよね。破綻前であれば、別居中の浮気でも慰藉料請求できる可能性があります。

夫はよその女性と関係を持ったとき、すでにあなたとの夫婦関係は完全に破綻していたと主張してくるでしょう。あなたのほうは「夫から性格の不一致による離婚を切り出されたけれど、私自身は夫婦関係がすでに破綻しているとは考えておらず、再構築を望んでいた。夫が協議中に浮気していることを知り、深い精神的ダメージを受けた」と主張していく必要があります。離婚協議が始まる前からの浮気であると証明できれば、慰藉料請求の可能性はより高くなります。

浮気が発覚したときの対処法

レシート協議中に夫の浮気に気づいたら、夫と相手女性のメッセージのやり取りやレシート類、クレジットカードの利用明細、カーナビの記録などをチェックし、浮気の証拠を確保するようにしましょう。ラブホテルや相手女性の自宅への出入り写真なども有力な証拠となります。

証拠を十分にそろえたら、夫に浮気の件を問いただしましょう。養育費や親権は夫婦間の問題とは直接関係ないとみなされるため、浮気した側であっても子供の養育者として適切と認められれば親権者となることができます。また、養育費は住んでいる地域や子供の年齢、夫の年収などの要素を検討して決められます。ただ、夫に浮気の証拠を示して非を認めさせることで、優位な立場で交渉できるようになるかもしれません。

親権や離婚の条件でどうしても折り合いがつかなかったら、家庭裁判所に調停の申し立てをしましょう。調停の場で、夫の浮気の事実、自らの有責性を隠すために性格の不一致での離婚を切り出してきたことを証拠立てて主張できれば、あなたにとって有利な条件で離婚できる可能性はあります。

大切なのは、あなた自身はどうしたいのか心を決めておくことです。責任逃れをしようとする夫と戦うにはあなたのほうも強くあらねばなりません。最終的にどのような形での決着を望むのかよく考え、落ち着いて行動してくださいね。

離婚協議中でも夫婦は夫婦

夫婦夫婦の一方が離婚に合意していない場合は、いまだ夫婦関係の破綻とは認められず協議中の浮気も慰謝料請求の対象となる可能性があります。離婚協議が始まる前からの浮気であると証明できれば請求の可能性はより高くなると考えられます。離婚協議中に夫の浮気が発覚したら、慰藉料などの交渉を有利に進められるよう必ず証拠をおさえておきましょう。