最後の手段は職場への直訴?

社内不倫をしている夫。職場に相談をしたくても、相談したら夫が閑職に左遷されたりしないか、浮気をばらしてしまったら罪に問われないかが気になりますよね。とはいえ夫が浮気相手と毎日顔を合わせていると思うとそれもイヤなもの。こんなときはどうしたらいいのでしょうか。

社内不倫を会社に相談してもいい?

会社もし夫の会社のコンプライアンス部門などに相談窓口があり、プライベートなことや夫婦仲の相談も受け付け可能と明記されているなら、夫の職場不倫の件を相談することはできるでしょう。しかし相談の性質上、不倫相手の名前や夫とどのような不倫行為をおこなっているかなどの情報も開示せざるをえなくなります。それが名誉棄損やプライバシーの侵害にあたる可能性も生じてきますので、慎重な判断が必要になります。

浮気相手に異動や退職を要求したい

不倫は道徳的に許されない行いであるだけでなく、法の上では不法行為とされます。法的には、あなたは権利を侵害された被害者です。だからこそ損害賠償請求つまり慰謝料が認められているのです。しかし、だからといって相手に退職するよう要求する権利まではありません。あなたにできるのは、退職するように相手と協議することだけです。もちろんこの場合も相手は協議に応じる義務はありません。

退職・異動は必ずしも解決策にならない

会社不倫問題はあくまで家庭内の問題です。パブリックの場である会社は従業員のプライベートにまで干渉することは通常ありません。夫がどうしても不倫をやめようとせず、ワラにもすがる思いで会社に相談しようとしているあなたの絶望的な気持ちはよくわかりますが、やはり家庭の問題は家庭内で解決するべきです。

既婚者と関係を持った相手女性にも確かに責任がありますが、相手が積極的に誘ったとしても、夫さえしっかりしていれば社内不倫など始まらなかったでしょう。不倫問題の元凶は夫の中にあるのです。異動したり転職したりなどで環境が変わったとしても、夫自身が変わっていなければまた同じ過ちを繰り返すだけでしょう。退職や異動によって今の不倫相手とは関係が切れれるかもしれませんが、新しい環境でまた手近な女性に手を出す可能性がないとは言い切れません。あなたが退職・異動させることに成功したとしても、結局は決定的な解決策にはならないのです。

あなたが何を望むかが大事

考える職場はあくまで仕事をするところであり、男女の恋愛の場ではありません。不倫という不法行為はなおのこと職場の風紀に悪影響を及ぼしますから、当然ペナルティの対象になりえます。就業規則等で社内不倫をした者は懲戒処分とする旨の定めがある会社であれば、処分によって退職金が減額になったりする可能性もあります。

どのような行動に出るか決める上で最も重要なのはあなたの気持ちです。すでに夫と離婚する決意ができているならともかく、夫とやり直したい気持ちがあるなら、会社に相談することはおすすめできません。夫がペナルティの対象となった場合にはあなたや子供たちも間接的な影響を受けることになりますし、夫は不用意な行動をしたあなたに対しマイナスの感情を抱くでしょう。

夫と浮気相手が毎日顔を合わせているといっても、単なる同僚に戻ってしまえば何の問題もありません。まずは夫と二人でゆっくり静かな時を過ごしてください。あなたと夫の絆がよみがえれば、夫は相手女性の顔を見ても平気でやり過ごせるようになりますよ。あなたの不安な気持ちはよくわかりますが、もういちど夫を信じてみませんか?

会社への相談はくれぐれも慎重に

夫

会社にコンプライアンス部門等の相談窓口があり、かつ家庭内の問題も受付可能と明記されていれば、職場不倫の件を相談することは可能です。ただし、プライバシーの侵害や名誉棄損になる可能性があることは頭に入れておいてください。

退職や異動になっても、夫本人が変わらなければ新たな環境で同じ過ちを繰り返すおそれがあります。家庭内の問題は会社に持ち出さず、家庭内で解決できるよう夫と向き合ってみてはどうでしょうか?

ただ、夫に浮気をやめてもらいたいと伝えるだけでは夫に目を覚ましてもらうのは難しいです。辛いかもしれませんが、そのまま感情的になるのではなく、話し合いをするための準備をしましょう。