手帳に書かれているのは浮気相手のイニシャル?

夫の手帳を見たところ、イニシャルと一緒に○印や☆印がつけられている日がいくつかありました。印がついている日はたいてい出張や飲み会などと言って帰りが遅くなります。印がついている日、夫はいつも通り家を出ましたが、手帳には「有給休暇」と書いてありました。出勤したふりをして浮気相手と会っていたのでしょうか。

来週、○印とイニシャルが書かれている日があります。これは夫が浮気相手と会う日? こうなったら夫に手帳を突きつけ、問いつめたほうがよいのでしょうか。

手帳の印は何を意味しているの?

ロックをかけられるスマホと異なり、手帳はよほど厳重に管理していない限り他人に見られる可能性があります。中身を見られたら困るけれどやはり予定は手帳に記録しておきたいという場合には、自分にだけわかる暗号を使うのが常套手段です。夫の手帳を見ようと思えば容易に見ることができ、なおかつ夫が最も手帳を見られたくないという相手は妻であるあなたです。

仕事関係の人と会う予定などであれば、間違いがないよう所属や名前をきちんと記入しておくはずです。イニシャルを用いていることから、相手はプライベートでの知り合いである可能性が濃厚です。イニシャルだけで誰のことかすぐわかるということは、相手は夫と特に親密な関係にある人だと考えてよいでしょう。

では、手帳の○印や☆印は何を意味しているのでしょうか。飲み会や出張など仕事に関わるイベントを表している可能性もあります。しかし、印のある日にいつも通り出勤したふりをして実際には有給休暇をとっていたという夫の過去の行動を考えると、仕事がらみの用事とは到底思えません。○や☆といった印にはどことなく「スペシャル感」が漂います。印のある日はおそらく夫にとって楽しみな日なのでしょう。○や☆の印とイニシャルが一緒に記載されているということは、○や☆は場所を表す記号であり、そこでイニシャルの相手と会うという意味だと考えられます。

これから浮気するつもりかも、と思ったら

印やイニシャルだけなら浮気疑惑はまだグレーですが、過去に出勤のふりをして有給休暇をとっていたという事実は重要です。夫はあなたにウソをついて外出した前科があるということになります。ウソまでついて出かける以上、行き先は単なる飲み会や出張ではないでしょう。残念ながら、今までずっと夫は浮気を続けていたのではないかと推論せざるを得ません。

ただ、悪いのは浮気疑惑のある夫だとしても、あなたが勝手に手帳を見たことがバレたら大げんかは免れないでしょう。手帳を見たことを自ら暴露してしまうのは戦略としても有効ではありません。とはいえ、これから夫が浮気する予定かもしれないのに黙って見過ごすことはできませんよね。手帳のことには一切触れず、さりげなく「○日(印が付いている日)か×日、久しぶりに外食でも行かない?」と誘ってみましょう。夫が○日をOKしたら、印は純粋に仕事に関わる予定だと考えてよいでしょう。○日は都合が悪いと夫が断ったら、思い切ってその日に探偵を雇い夫を尾行してもらいましょう。過去にウソの前科がある以上、○日は浮気の日である可能性が濃厚です。浮気疑惑に一気に決着がつくかもしれません。

印がある日の行動記録をとっておこう

探偵を雇うのはためらいがあるという場合は、当面の間は夫を泳がせておくという手もあります。イニシャルと○印・☆印のある日を自分の手帳にメモしておき、その日に夫が何時に帰ってきたか、どんな様子だったのか、スマホで誰と連絡をとっていたか、記録を付けておいてください。カーナビや乗車カードの履歴を調べればどこへ立ち寄っていたのか判明するかもしれません。写真に撮れるものは撮影し、証拠保全しておいてください。

夫の行動の記録をとっておけば、夫の浮気を証明する一助になります。慰謝料請求することになった場合、夫が長い期間にわたって浮気していたことを証明できれば慰謝料の金額を上げられる可能性もあります。

印のある日は浮気予定日の可能性が大

夫の手帳に○印などの記号とイニシャルが記入されている場合、浮気相手と会う予定の日である可能性があります。夫が浮気するかどうか確かめるには、印のある日に探偵を雇い夫を尾行させるという手があります。もしくは、印のある日に夫がどのような行動をとったか記録しておきましょう。夫の浮気を証明する一助になり、慰謝料請求の際にも有利になる可能性があります。