キスマークは浮気の決定的証拠?

飲みに行っていた夫が、連絡もなく朝帰りをしました。帰ってきた夫の首筋にはキスマークのようなアザが……。夫を問いただしたところ「虫刺されだ!」と逆ギレします。それ以来、夫の背中に爪痕がついていたり、シャツにファンデーションがついていたりすることがあります。これはもう浮気確定でしょうか。

浮気は確実!でもすぐに問いつめてはダメ

朝帰り、首筋にキスマーク、背中に爪痕、シャツにファンデーションという状況証拠がそろえば、残念ながら夫の浮気は確定と言わざるを得ません。通常、浮気夫は他の女性の痕跡を残さないように最大限の注意を払うものです。浮気はあくまで浮気で、家庭を壊すつもりはまったくない場合はなおさら、浮気していることを必死に隠そうとします。「徹夜の仕事がある」など嘘であってもとりあえず連絡をいれたり、シャワーを浴びて女性の残り香を消そうとしたりするでしょう。浮気はもちろん言語道断ですが、夫が自分の浮気を隠す気もないところが気になります。夫はもはや浮気のことを取り繕うことさえ億劫になっています。取り繕うという労力をかけてまであなたとの夫婦関係を保つ意味はないと感じているのです。

夫婦関係を維持しようというモチベーションのない夫に対し、浮気のことを問いつめても一層事態を悪化させるだけです。夫はあなたの存在を面倒くさいと感じ、家に寄りつかなくなる恐れもあります。夫にとっては、うるさく問いただしてくるあなたといるより、浮気相手といるほうがずっと楽だからです。現時点で夫の心はあなたから大きく離れてしまっていることを受け入れなければなりません。現実を見据えた上で、事態を改善するにはどうすればよいかを落ち着いて考えていきましょう。

アザや虫刺されとキスマークの違い

虫刺されは痕がぷくっと腫れた感じになりますが、キスマークは平坦です。また、キスマークは押しても何も感じませんが、アザは押すと痛みがあります。

色も異なります。キスマークは赤くなったあと次第に色が薄くなっていきますが、アザは時間が経つにつれて周辺が青や黒っぽくなります。

キスマークは浮気相手からの宣戦布告

キスマークをつけた浮気相手はどんな女性でしょうか。風俗嬢などプロの女性とは考えにくいでしょう。キスマークをつけてしまったら、風俗通いが客のパートナーにばれるリスクが高くなります。客がパートナーに風俗通いを禁じられてしまったら、お得意さんを一人なくすことになり、その分収入が減るおそれがあります。客にキスマークなどを残しても風俗嬢にとってはデメリットしかありません。

既婚者と不倫している女性にしてみれば、相手の奥さんに不倫のことがバレるのはなんとしても避けたいはず。既婚の相手のことを本気で好きになってしまっている、いわゆる純愛不倫の場合は、相手に迷惑をかけたくない、バレて会えなくなるのが怖いという気持ちがあるため慎重にふるまうでしょう。また、相手の妻から慰謝料請求などをされるのはまっぴらという女性も浮気がバレるような行動は慎むはずです。

しかし不倫女性の中には、あえて不倫の事実を相手の妻や周囲の人々に誇示したい人もいるのです。「あなたのダンナと寝ているのよ」と誇示したい女性は、わざとキスマークをつけたり、車の中にピアスを落としていったりします。日陰の身であるはずの浮気相手が自分の存在をアピールするのは、妻であるあなたに対し勝手に対抗心を燃やしているからです。相手からの挑発に乗ってしまい、逆上して夫を問いつめたりしたら不倫女性の思うつぼだということを忘れないでくださいね。夫にキスマークがついているのを見つけてしまったらどうしても動揺してしまうでしょうが、幼稚な挑発には乗らず冷静に構えましょう。

キスマークは証拠にならない

夫と再構築するにせよ離婚して慰謝料請求するにせよ、浮気の証拠を固めておけば優位に立って交渉を進められます。まずは夫が寝ている隙を狙ってキスマークを写真に撮っておきましょう。朝帰りした事実とあわせれば浮気の状況証拠にはなります。ただし、キスマークは誰がつけたかもわかりませんし、写真ではキスマークなのかアザなのか区別も困難です。キスマークだけでは浮気の決定的証拠にはなりません。夫の浮気を立証するにはさらなる証拠が必要です。

相手女性の身元を突きとめられれば、女性にも慰謝料請求することができます。まず確認すべきなのは夫のSNSです。わざとキスマークをつけて自分の存在をアピールしてくるような女性は、周囲の人間に対しても同じように不倫アピールをしている可能性が大です。夫のSNS友達の中に疑わしい女性がいないか探し、投稿をチェックしてみてください。不倫のことをほのめかしたり夫の持ち物などの画像をわざと投稿していることもあります。また、夫のスマホをチェックし、浮気相手とのやりとりがないか探してみましょう。

浮気相手は他人の夫を奪うことでしか自分の価値を認められない寂しい女性です。相手があなたの気を引こうとしてきても、かまってあげる必要はありません。「夫と別れてください」などと直談判しても相手を喜ばせるだけです。まともに話し合う価値はありませんから、ハナから無視するのが正しい対処法です。不倫という不法行為を犯した浮気相手には慰謝料請求という制裁を科し、世間の掟というものを教えてあげましょう。

重要なのはあなたと夫との夫婦関係であり、浮気相手など外野に過ぎません。夫との関係をどうしていきたいかだけに集中してくださいね。

相手の挑発に乗らず、慰謝料という制裁を

キスマークや朝帰りという状況証拠がそろっている以上、夫の浮気は確定だとみてよいでしょう。浮気相手がわざとキスマークを残したのは自分の存在を妻であるあなたにアピールする意図だと考えられます。キスマークだけでは浮気の証拠にならないので、夫のスマホやSNSをチェックし、さらなる証拠の確保に努めてください。