キスだけだなんて信じられない!

よその女性と食事や買い物など何度もデートを繰り返していた夫。デートの際に女性とキスしたと夫が白状しました。夫は「キスはしたけど最後まではhしていない」と言い張るのですが、そこまで親密だったのなら肉体関係も持ったのではないかと疑ってしまいますよね。今のところ証拠は夫の自白のみ。夫が警戒しているため自力でその他の証拠を集めることができない場合、どうしたらよいのでしょうか。

キスは浮気になる?

どこからが浮気になるかの基準は人それぞれですが、夫がよその女性とキスしたり手をつないだりデートしたりする行為は、あなたの中では完全に浮気となるでしょう。ただし、あなたが浮気と感じる行為と法律の上で浮気と定義される行為はイコールではないので注意が必要です。

法律の上での浮気(=不貞行為)とは「配偶者のある者が自由意思に基づいて配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと」とされています。法律上の浮気とは基本的に肉体関係を指すのであって、キスだけでは基本的に浮気とはみなされないのです。

キスで慰謝料請求は難しい

浮気されたら相手に慰謝料を払わせるという考えが真っ先に浮かびますが、どんなケースでも必ず慰謝料を払ってもらえるわけではありません。慰謝料とは制裁金や迷惑料ではなく、不法行為によって受けた精神的苦痛に対する損害賠償です。日本の法律は夫婦間の貞操義務を認めていると考えられるため、法律上の浮気(=不貞行為)は貞操権の侵害という不法行為となり、従って損害請求権が発生します。しかしキスは不貞行為にはあたらないため、権利侵害が認められにくく慰謝料請求は難しいのです。ただし、キスの回数や態様などによってはあなたが受忍限度を超える精神的苦痛を受けていると認められ、損害賠償請求ができる可能性があります。慰謝料の金額は肉体関係を伴う浮気より低くなると考えられますが、浮気期間の長さ、婚姻年数、離婚に至ったか否かなどの事情が考慮され算出されます。

夫を信じるか信じないかはあなた次第

キスまでしたのであれば当然その先もしたのではないかと気になりますよね。夫は離婚や慰謝料請求を避けるために肉体関係を否定しているのかもしれませんし、本当にキスまでしかしていないのかもしれません。あなたの目の届かないところで起こった出来事ですから、残念ながらもはや事実は確認しようがないというのが現実です。あとはあなたが夫を信じるか、信じられないかという問題になります。

信頼関係はいったん壊れると元に戻すのは容易ではありません。再び信じ合える間柄になるためには、夫婦双方のたゆまぬ努力が必要です。自白後の夫の態度や自分の気持ちを顧みて、もはや夫を信じることができないという場合には再構築は難しいかもしれません。

夫を信じるならキスのことは忘れて

世の中には、体の関係でなければ浮気にならないと考えている人もいます。夫もキスぐらいなら許されるかと、安易に誘惑に屈したのかもしれません。また、もし肉体関係を持っていたのなら、事実を隠蔽するためにキスのことも否定するのが普通です。あえてキスを認める必要性がないにもかかわらず自白したということは、夫は事実を素直に白状している可能性もあります。

過去のことをいくら考えても答えは見つからず、あなたが辛い思いをするだけです。そもそも、あなたという妻がいながらなぜ夫はよその女性と何度もデートしたりしたのでしょうか。夫の側に愚かさや弱さがあったのは言うまでもありませんが、夫婦間の絆が弱まっていなかったか、きちんと振り返ってみることも大切です。夫が白状し反省の態度を見せているなら、うんとお灸を据えた上でもう一度夫を信じてあげませんか?

疑いの念を捨てきれないまま生活を共にするのはお互いに苦しいものです。夫とやり直す決意ができたら、キスのことはきっぱり忘れてしまいましょう。過去ではなく二人の現在と未来の幸福に目を向けてくださいね。今の困難な時期を乗り越えることができれば、夫の浮気キスを笑い話にできる日がきっときますよ。

夫のことが信じられるかが重要

法律上、浮気(不貞行為)とは肉体関係を指します。キスだけでは夫や浮気相手への慰謝料請求は難しいでしょう。ただしキスの回数や態様によっては慰謝料請求の対象となる可能性があります。

キスで終わったか、肉体関係に至ったかはもはや確認しようがありません。夫と再構築すると決めたなら、キスのことはきっぱり忘れ、二人の将来の幸せを考えることをおすすめします。