再スタートを切るために、慰謝料は必要なもの

夫の浮気は大きな心理的ダメージになります。浮気された側としては、できるだけ多くの慰謝料を払ってほしいと考えて当然です。そもそも慰謝料の額はどのように決められるのでしょうか。また、できるだけ多額の慰謝料を手にするにはどのようにすればよいのでしょうか。

慰謝料を請求できないことってあるの?

不可能まず知っておくべきなのは、夫が他の女性と浮気したという事実さえあれば慰謝料を請求できるわけではないことです。たとえば次のような場合には慰謝料を請求することはできません。

  • 慰謝料を請求できないケース1

既婚者であると相手が知らなかった場合です。慰謝料を請求するには、「悪いと知りつつあえてやった」(故意)、もしくは「きちんと注意していれば気がつくはずなのに気づかなかった」(過失)行為でなければなりません。具体的には、既婚者であると知りつつ肉体関係を持ったケース(故意)や夫が結婚指輪をしていたのに既婚者だと気づかなかったケース(過失)などがあてはまります。

夫が巧妙に独身を装っており、相手の女性がだまされるのも無理はないという状況だったケースや出会い系サイトなどで知り合ってお互いの境遇を知らないまま肉体関係を持ったケースなどは、故意・過失を認められない可能性があります

  • 慰謝料を請求できないケース2

あなたがた夫婦の仲がもともと悪く、浮気以前に夫婦関係が破綻していた場合です。夫婦は本来、平穏で円満な生活を送る権利を保障されています。慰謝料を請求できるのは、浮気相手の行為によりその権利が侵害されたと認められる場合です。

単身赴任など特段の事情がないのに長く別居が続いているケースなど、夫婦関係がすでに崩壊していたとみられる場合は、「浮気相手が平穏な結婚生活を壊した」と主張することができません。

  • 浮気相手に慰謝料を請求できないケース3

浮気をした夫からすでに十分な額の慰謝料を受け取っている場合です。この場合は、浮気相手からも重ねて支払ってもらうことはできません。

  • 浮気相手に慰謝料を請求できないケース4

不貞行為があったことを知ってから3年が経過している場合です。慰謝料請求には時効があるので、放置していると請求できなくなるおそれがあります。ただし、消滅時効は慰謝料を請求された側が主張しなければ成立しません。

時効になっていなければ離婚後にも夫・浮気相手に慰謝料を請求できますが、請求が困難になるケースが多いので、やはり離婚前に請求しておくべきでしょう。

慰謝料の額はどうやって決まるの?

計算慰謝料の額に明確な算定基準があるわけではなく、個別の事情によって決まります。具体的には、慰謝料の金額を左右するのは以下のような要素です。

  • 浮気した配偶者と浮気相手の年齢差(大きいほど増額される)
  • 婚姻期間(長いほど増額される)
  • 浮気前の夫婦関係の状況(良好でなければ減額される)
  • 浮気された側の落ち度(少ないほど増額される)
  • 浮気の期間や頻度(長く頻度が高いほど増額される)
  • 夫婦間の子供の有無(子供がいると増額される)
  • 浮気された側の精神的苦痛の度合い(大きいほど増額される)
  • 浮気相手の反省の有無(反省が見られれば減額される)
  • 配偶者や浮気相手の社会的地位、収入など(高いほど増額される)
  • 配偶者と浮気相手の間の子供の妊娠、出産(あると増額される) など

このほかさまざまな要素を考慮して慰謝料の額が決まっていきます。

慰謝料をできるだけ多くもらうにはどうすればいいの?

慰謝料慰謝料の額はあくまでケースバイケースですが、浮気によって受けたダメージが大きいほど高額になるとは言えるでしょう。つまり、慰謝料をできるだけ多く勝ち取るには、浮気によってどれほど損害を受けたかを効果的にアピールする必要があるのです。そのためには次のような備えが重要です。

  • 浮気の証拠をそろえておく
  • 法的手段をとる用意があることを浮気相手に告げる
  • 精神的苦痛を受けたことを示すために、病院の診断書などを用意する など

あなたは夫と浮気相手により多大な苦痛と損害を受けたのですから、それに対し慰謝料を請求するのに遠慮はいりません。納得のいく結果を手にするには、しっかり自分の権利を主張する心構えが大事です。

主張すべきことはしっかり主張しよう

ポジティブ不貞行為の事実があったとしても、相手に故意・過失がない場合やもともと夫婦関係が破綻していた場合などには慰謝料請求をすることができません。

慰謝料の額はケースバイケースですが、不貞行為が悪質でありあなたが受けた損害の度合いが大きいほど増額されるといえます。より多くの慰謝料を得るには、浮気の証拠のみならず、精神的苦痛の深刻さを客観的に示すものを用意することが有効です。