弁護士が先? 探偵が先?

夫に浮気されて離婚を考えているとき、まず相談すべきなのは弁護士と探偵のどちらなのでしょうか。浮気や離婚問題においてそれぞれが果たす役割を確認しておきましょう。

それぞれの役割を把握しておこう

浮気された際の相談先としては、探偵と弁護士が真っ先に頭に浮かびますが、両者はそれぞれ異なるジャンルを専門としています。相談する順番を間違えると、浮気の決定的な証拠を押さえるのに失敗したり余分な費用がかかる可能性が出てきます。離婚や慰謝料をスムーズかつ有利に進めるためには、あらかじめそれぞれの役割をきちんと認識しておくことが大切です。

探偵は証拠集め、弁護士は法律のプロ

探偵は尾行や張り込みなど独自の手法によってターゲットの行動を調べたり、身元を確認したり、証拠となる写真を撮ったりする調査のプロです。探偵には元警察官なども多く、実績あるベテランであれば調査業や離婚問題に関連する法律の知識は一通り身についているのが通常です。ただし、法律に関する特別な資格などを持っているわけではないことに注意してください。

一方、弁護士は国家資格を持つ法律の専門家です。刑事訴訟では被告人の弁護をおこない、民事訴訟では原告や被告の訴訟代理人となります。非弁活動といって、弁護士の資格を持たない者が弁護士業務を行うことは法律で禁じられています。たとえば相手女性と示談になった際には、探偵が弁護士に代わって交渉にあたることはできません。

慰謝料請求や離婚訴訟には浮気の証拠が不可欠です。まず、探偵が調査のスキルによって浮気の証拠をおさえます。弁護士はその証拠を用いてあなたにとって有利となるよう主張していきます。ですから順序としては「探偵が先、弁護士が後」が基本ということになります。

弁護士・探偵はこう使う

専門家に相談するまでの流れを、順を追ってみていきましょう。

  • 夫の浮気を疑い始める

夫の行動に不審な点が見られるようになり、もしかして浮気しているのではないかという疑念が生まれた段階です。疑惑の段階で探偵に依頼してしまうと、長期間・長時間の調査が必要になり費用が膨れあがってしまいます。また、夫がシロである可能性もゼロではありません。まずはスマホチェックや外出時間の記録などで夫の行動をチェックし、浮気しそうな日時に見当を付けておくことをおすすめします。

  • 探偵に依頼する

浮気が疑われる日時がある程度わかっていれば、ピンポイントでの依頼が可能になり、その分費用が抑えられます。夫と浮気相手がホテルや互いの自宅などへ出入りする写真を撮ることができれば、二人が肉体関係を持っていることの証明になります。二人の行動を分刻みで押さえ、顔がはっきりとわかる写真を添えた調査報告書は裁判時にも証拠として使えます。調査会社によっては、調査後のアフターフォローとして弁護士の紹介をおこなっているところもあります

  • 弁護士に相談する

離婚や慰謝料請求を考えるなら、証拠を携えて弁護士に相談してみましょう。内容証明郵便の作成を依頼することもできます。

慰謝料を請求するには相手の氏名や連絡先を特定する必要があります。身元調査は探偵でも弁護士でも可能ですが、弁護士は弁護士会照会制度を利用することによって、メールアドレスや電話番号のみなどわずかな情報からも相手の身元を割り出せる可能性があります。

確実さを求めるならプロへの依頼を検討しよう

浮気の証拠探しは、探偵に依頼せずあなたが自力でおこなうこともある程度は可能です。ただし、夫と浮気相手のLINEのやり取り、浮気のために使ったお金の領収書やクレジットカードの明細書なども浮気の証拠になりますが、これらはいわば間接証拠にすぎません。証拠としての力はきわめて弱いと知っておく必要があります。

証拠としての力が強いのはやはり、ホテルや自宅への出入り写真など、肉体関係の存在の証明になるものです。こうした写真をあなたが自分で撮影したり知人に依頼したりするのは現実には難しいでしょう。夜間もしくは長距離でも顔をはっきり識別できるクオリティの写真を撮るには、やはりプロの技術が必要です。

また、慰謝料請求や内容証明郵便の送付は個人でおこなうことも可能ですが、離婚問題の経験が豊富な弁護士に依頼すれば的確なアドバイスをもらえますし、相手にあなたの本気度を示してプレッシャーをかけることもできます。慰謝料請求された相手方が弁護士を雇って反撃してきた場合には、あなたのほうも弁護士をつける必要があります。法律の知識には法律の知識をもってしか対抗できません

気になる費用は?

探偵を依頼する場合には、1時間あたりおよそ1.5万円~2.0万円が相場となります。弁護士は着手金が20~30万円、成功報酬は15~25%と考えてよいでしょう。それなりのお金がかかりますが、より確実さを求めるならプロへの依頼も検討すべきです。結論としては、「自力でも対応は不可能ではないが、より確実に結果を出したいならプロに依頼すべき」ということができるでしょう。

まずは探偵、証拠を押さえたら弁護士に相談

探偵は証拠をおさえるプロ、弁護士は法律のプロです。まず探偵に依頼して証拠をおさえてから、弁護士に相談するのがよいでしょう。証拠探しや慰謝料請求等は自力でもできますが、確実に結果を出すにはプロへの依頼を検討することをおすすめします。