LINEの相手と浮気している?

最近、夫のスマホにかなり頻繁にLINEの通知が届きます。誰からのLINEなのか気になり見てみると、特定の女性からでした。夫は通知が来るとすぐに返信をしています。相手はどんな人なのか夫に聞いてからというもの、夫はスマホにロックをかけるようになりました。スマホを見られないようにするのは相手女性と浮気しているからでしょうか。

LINEの相手に好意があるのは確実

女性と比べ男性はコミュニケーションにそれほど価値をおきません。そもそも男性は会話に目的を求めるため、他愛のないやりとりを延々と続けるのは苦手です。返信の必要はないと判断すれば当たり前のように既読無視します。

男性が唯一コミュニケーションに積極的になるのは、相手の女性との関係を深めたいと考えているときです。狙った相手を手に入れるために必要とあれば、苦手なLINEだってがんばります。もともと連絡無精な男性がすぐに返信するのは、相手への関心や好意のあらわれだと言ってよいでしょう。

男性は基本的にハンターなので、獲物を手に入れるまでは熱心に追いかけます。しかし相手が一度手に入ってしまえば――すなわちミッションコンプリートすれば――その時点でアプローチはいったん終了となり、当初のように熱心にLINEしたりしなくなります。逆に言えば、夫が特定の女性と頻繁にやりとりしているということは、二人の関係は始まったばかりで、まだ深い仲には至っていないということになります。

ロックをかけるのはやましいところがあるから?

夫がロックをかけるようになったのは、あなたに干渉されたくないという気持ちがあるからです。あわよくば浮気したいと思っている可能性ももちろんありますが、やりとり相手とは相談事や趣味の話などで盛り上がっているだけという可能性だってゼロではありません。

本当に重要なのは、夫と相手の女性との関係ではなく、あなたと夫との関係です。夫婦の会話はたくさんしていますか? 夫のことを気遣ってあげていますか? いったんLINEの件は忘れ、夫婦の関係を見直してみてください。夫婦の仲が良好なら、夫がよそ見をしてもさほど心配する必要はないでしょう。女性とのやりとりをやめるように迫るのは逆効果です。夫はあなたに隠れてやりとりをするようになり、相手女性により強く執着するようになるおそれがあります。

クギを刺して様子を見よう

パートナーがよその異性と接触するのをどこまで許せるかというリミットは人によって異なります。結婚したらパートナーに異性の友人・知人の連絡先をすべて削除させる人もいますし、二人きりで会うのはNGだけれどLINEのやりとりなら問題なしという人もいます。良好な結婚生活を営んでいくには、自分の許容範囲をパートナーに押しつけないことが大切です。「結婚しても異性とコミュニケーションをとりたい。カラダの浮気がなければOKでしょ?」という価値観を持っている夫に対し、「結婚したら異性との付き合いは一切やめるべき」というあなたの価値観をぶつけたらどうなるでしょうか。夫は一方的な我慢を強いられることになります。夫婦の片方のみが常に抑制を求められる結婚生活は長続きしません

あなたにとっての真の脅威とは、相手とのやりとりそのものではなく、夫が相手と不倫関係に陥ることのはずです。ここを見誤ってはいけません。「やりとりするのはかまわないけれど、カラダの浮気は絶対にダメだからね」とクギを刺し、しばらくは様子を見ることをおすすめします。夫の言動に異変がないか観察しつつ、家の中を快適に整え、夫と仲良く過ごすよう務めてくださいね。

浮気に走らせないよう早めに手を打とう

夫が特定の女性とLINEで頻繁にやりとりしている場合、相手に対し好意を持っているのは確実です。とはいえ現段階では、浮気に発展しているかどうかは判断できません。あなたにとって真に避けたい事態とは、やりとりそのものではなく身体的な浮気だということを忘れないようにしてください。一度クギを刺した上でしばらくは様子を見ることをおすすめします。