LINEに返信してくれないのはなぜ?

最近夫の帰りが遅く、LINEで連絡しても既読スルーされてしまいます。そのくせ、帰宅後はスマホを離さず熱心にLINEのやりとりをしています。どうやら相手は女性のようです。帰りが遅いことで夫婦で過ごす時間が減ってしまうと、いっそう不安になってしまうでしょう。夫に不安な気持ちを伝えても話し合いに応じてくれない場合、浮気でもしているのではないかと、つい悪いほうに考えがいってしまいますよね。夫が連絡をくれないとき、どのように対応すればよいのでしょうか。

既読スルーの理由は「面倒だから」

LINEでのやりとりが好きという女性は多いものですが、男性は全般的に女性ほどLINE等のコミュニケーションを重視していません。伝えるべきことがなければ自分からLINEを送ったりしないし、返信するまでもないと判断すれば平気で既読スルーもします。

女性は男性が自分にどれだけの手間をかけてくれたかで相手の愛情の程度を測る傾向があります。やりとりの場合の手間とは返信のこと。つまり、すぐに返信をもらえれば「彼は私のことを気にかけてくれている」と考え、なかなか既読にならなかったり既読スルーされたりすると「私のことなんてどうでもいいんだ」と思ってしまいがちなのではないでしょうか。

一方、男性側が返信をしないのは決して相手を軽んじているからではなく、「面倒だし、急ぎの用事でもないから返信しなくてもいいか」ぐらいの気持ちでいることが大半です。既読スルーだからといって、すでにあなたへの気持ちが冷めて浮気しているという証拠にはならないので、気にしすぎないでくださいね。

返信してくれない夫への対処法

返信をくれないのは自分への愛情がないからと思っていると、返信してくれない夫に対し「どうして返信してくれないの?」と責める気持ちが湧いてくるでしょう。しかし、たかがLINEと思っている夫はあなたの不安な気持ちを理解できません。「LINEぐらいでいちいち騒ぐな」とうるさく感じるだけなのです。LINEを介してのコミュニケーションの重視度は男女で大きく異なるため、気持ちのすれ違いが生じやすい局面といえるでしょう。

夫が返信してくれないのは、あなたから気持ちが離れているからではなく、面倒だから放置しているだけかもしれません。結婚し気を遣わなくてよい関係に落ち着いたことで、連絡無精な地が出てきたのかもしれませんね。とはいえ、連絡しても返信がないという状態が続くとあなたの不安も募ってしまうでしょう。

夫に返信させるようにするには、わずらわしいと思わせないことが第一のポイントです。重い話や夫を責める内容のLINEを送り続けると、夫はあなたからのLINEに対し苦手意識を持ってしまいます。やがては既読スルーどころか未読放置すらするようになるかもしれません。気持ちをつづった長文の重いLINEを送ればあなたの気持ちはすっきりするでしょうが、受け取った夫のほうはゲンナリしてしまうことを忘れずに。まずは、真剣に話し合いたいというような重苦しい内容のLINEを送るのは控えましょう。LINEはあくまで楽しいやりとりをするためのツールと考えてくださいね。

LINEの送りすぎに注意!

LINEを送る回数もいちど見直してみてください。夫から返信が来ないと、心配になって矢継ぎ早にLINEを送りつけてしまっていませんか? まだ一本目のLINEに返信もしていないのに次から次へと一方的にLINEを送ってこられると、夫は束縛されているような気持ちになり、返信がいっそう面倒くさくなってしまいます。LINEを送る回数をできるだけ減らし、どうしても必要なときだけに短めのメッセージを送るようにしてみましょう。

コミュニケーション不足は気持ちのすれ違いにつながりやすいので、意思疎通を密にする努力は欠かせません。夫が連絡無精なタイプなら、LINEでのコミュニケーションにこだわらないようにしましょう。どうしても伝えたいことがあったらお弁当に手紙をいれたりテーブルにメモを残しておいたりなど、様々な形でコミュニケーションをはかることをおすすめします。そして休日のリラックスタイムなどに、LINEに返信してほしいのは夫の行動を管理したいからではなく、連絡がないと心配だからだということを対面で夫にきちんと伝えましょう。あなたは妻なのですから、LINEの返信ぐらいで一喜一憂することはありません。どっしり構える精神力も大事ですよ。

LINEのやりとりは浮気のサイン?

あなたからのLINEは既読スルーするくせに、他の女性からのLINEには喜んで返信するのはどういう心理なのでしょうか。妻からの日常的なLINEには新鮮味がないけれど、よその女性とのやりとりは新鮮で楽しいからというのが答えだと考えてみてください。新しい女性の存在にどうしても心惹かれてしまうのが男性の性なのです。ただ、最初のうちは盛り上がっても、日常化してくれば飽きがきます。下手に禁じれば夫が反発するのは必至。あえて干渉せず放置しておけば、夫の熱もいずれ冷めるのではないでしょうか。

どうしても気になるのであれば、夫には何も言わず時折こっそりスマホを見てしまいましょう。他愛もないやりとりであれば、口を出さず夫のしたいようにさせてやりましょう。浮気に発展しそうであれば、「最近帰りが遅いみたいだけど、浮気したいのなら離婚してからにしてね。お相手にもきっちり慰謝料請求するから」ときつくクギを刺しましょう。今まで黙っていたあなたがいきなり離婚や慰藉料を口にすれば、夫は不意を突かれます。インパクトによって浮気の抑止効果が倍増しますよ。

あまりナーバスにならないことが大事

夫にLINEを既読スルーされたとしても浮気とは限りません。男性は全般的にLINE等でのコミュニケーションを重視しない傾向があるので、単に面倒くさがっているだけとも考えられます。LINEにこだわらず、様々な形でコミュニケーションをとる工夫をしてみてください。

夫がよその女性とLINEのやりとりをしている場合は、こっそりスマホチェックすることもやむを得ません。浮気に発展しそうであればしっかりクギをさしましょう。