この髪の毛はいったい誰のもの?

仕事で夜遅く帰ってきた夫のスーツに長い髪の毛がついていることが何度かありました。長い茶髪で、明らかに女性の髪の毛です。また、洗濯に出された夫の下着に同じ髪の毛がついていたことも。夫は浮気しているのでしょうか。

同一人物の髪なら怪しい!

通勤電車の中で近くにいる女性の髪の毛が服についてしまうということはありえます。タクシーに乗ったときも前の乗客が落とした髪の毛が服につくことはあるでしょうし、飲食店などでも同様です。特に、職場に長い髪の毛の女性がいる場合は抜けた髪がいつの間にか服についてしまってもおかしくありません。

しかし、明らかに同一人物の髪の毛が何度もつくというのはいささか不自然です。また、コートや背広ではなく下着にもついているという点は重要です。通勤・仕事しているうちに女性の髪の毛が下着に入り込んでしまうという状況はちょっと考えられません。女性の影がないか一度疑ってみたほうがよいでしょう。

夫が浮気しているとしましょう。普通に考えれば、相手女性は自分の存在を必死に隠そうとするはずです。妻であるあなたにバレたら好きな相手ともう会えなくなってしまうかもしれませんし、慰謝料請求など様々な問題が持ち上がることが容易に予想されるためです。しかし、中にはわざと相手男性にキスマークをつけたり、シャツに口紅をつけたり、車の中にアクセサリーを置いていったりする女性もいます。自分の存在をほのめかすことで、「あなたの夫は私と浮気しているのよ」と妻であるあなたにアピールするためです。不倫している自分に酔っているわけですね。かまってほしい不倫女性が自分の髪の毛を夫の服や下着にわざとつけ、あなたに気づかせようとしている可能性は決してゼロではありません。

夫が浮気しているか確かめるには?

夫は自分が女性の髪の毛をくっつけており、髪の毛から浮気を疑われているとはまったく気づいていないでしょう。夫が何も気づかないでいるうちに、水面下で身辺調査を始めましょう。もし夫が浮気しているなら、髪の毛以外にも必ず浮気の痕跡が見つかるはずです。離婚や慰謝料請求にまで話が進む可能性を考え、浮気の証拠を確保しておきましょう。財布の中に女性と飲食したレシートなどがないか、クレジットカードの利用明細書に不審な出費が記載されていないか、メールやLINEで女性とやりとりしていないかなどチェックしてみてください。浮気の痕跡と思われるものは撮影するなどして保全しておきましょう。、また、誰のものか特定できない髪の毛だけでは浮気の証拠にはなりませんが、一つの状況証拠にはなりえます。あまり気分は良くないでしょうが、見つけた髪の毛は日付を記載してジップ袋などに個別に保存しておいてください。

夫に好きな髪型について聞いてみると浮気がわかるかも

これといった証拠が見つからず、夫がクロなのかシロなのか今ひとつ判断がつかない場合には、「長い髪の毛の女性が好き?」とカマをかけてみましょう。夫がシロなら平然としているでしょうし、クロなら目に見えて動揺するはずです。クロだと確信したら、あえて多くを語らないように。あなたが黙っていることで夫はよけいに「もう何もかもバレているんじゃないだろうか」と焦るはずです。決定的な証拠を握られているのではないかと思えば、浮気を続行する気持ちは失せるはずですよ。

証拠の積み重ねが必要

夫の服や下着に同一人物の髪の毛が何度もつく場合は、いちど浮気を疑ってみたほうがよいでしょう。すぐに問いつめるのではなく、夫の身辺から少しずつ調査を進めることをおすすめします。決定的証拠が見つからない場合は、夫にカマをかけてみてください。髪の毛だけでは浮気の証拠にはならないので、離婚や慰謝料請求を考えるならさらなる証拠集めが必要です。