仮面夫婦を続けるなら離婚すべき?

結婚後、歳を重ねる中で二人の気持ちが徐々に変化し、いつしか夫婦とは呼べないような状態になってしまうことはめずらしくありません。そんな中で夫の浮気疑惑が生じたら、夫婦関係はいっそう悪化してしまいます。辛い仮面夫婦生活を終わらせるために、あなたはどう対処すべきでしょうか。

仮面夫婦=家庭内別居なの?

マスク幸せであるはずの結婚生活がいつしか冷え切った仮面夫婦生活と化してしまったら、誰しも離婚の二文字が頭をよぎるでしょう。ただ、世間体や経済的事情、何より子供のことを考えると離婚に踏み切るのは容易ではありません。

 

必ずしも仮面夫婦=家庭内別居ではありません。家庭内別居に法律上の定義はないのですが、同居はしていても夫婦としての実態がない状態を一般的に家庭内別居と呼んでいます。離婚裁判で、家庭内別居すなわち事実上の別居と認められる可能性があるのは次のようなケースです。

 

  • 食事や洗濯などを別にしている
  • 夫婦が直接話をすることがない
  • 夫婦間の性交渉がまったくない
  • 生活スペースを分けている
  • 休日も別々に行動する など

 

夫婦というより同居人という状態であっても、最低限の会話はしていたり、夫のために食事の用意や洗濯など日常的な家事をしているのであれば、家庭内別居とはみなされない可能性が高いでしょう。

仮面夫婦を終わらせるために

離婚それでは、不倫する夫との冷え切った仮面夫婦生活を終わらせるためにはどうすればよいのでしょうか。不倫をやめさせるか、見限って離婚に踏み切るか、選択肢は二つに一つです。

〈仮面夫婦は離婚原因になる?〉

民法770条では、離婚原因の一つとして「婚姻関係の破綻」を挙げています(5号:その他婚姻を継続し難い重大な事由)。夫が離婚に応じず最終的に離婚裁判となった場合には、あなたたち夫婦の関係がすでに破綻しており、修復不可能であることを認めてもらう必要があります。しかし裁判の場では、表面だけをとりつくろった仮面夫婦状態にあるという事実だけでは夫婦関係の破綻とまでは認められない可能性が高いでしょう。

もちろん夫の不倫(1号:不貞行為)も離婚原因の一つです。夫は自分の不倫を認めないと考えられるので、あらかじめ不倫の証拠となるものを確保しておく必要があります。とはいえ素人が証拠をおさえるのは難しいですし、興信所などを使うのはお金がかかります。まずは夫の不倫や家庭内別居生活の実態について、自分で経緯をまとめてみることをおすすめします。

〈見て見ぬふりはダメ〉

夫の不倫疑惑を見て見ぬふりをし、自分の気持ちに蓋をしたままズルズルと仮面夫婦生活を続けるのは最も避けてほしい道です。まずは不倫の有無について夫と真剣に話し合いましょう。夫が不倫を認め反省の態度を見せるなら関係修復を考えてみてもよいし、行動が改まらないようなら離婚を真剣に検討すべきです。

あなたのほうからアクションを起こそう

再スタート不倫が事実だった場合、「夫は私より浮気相手のほうに気持ちがあるのだから、離婚するのがお互いのためだろうか」と考えがちです。しかし、夫婦関係が冷えているなら不倫してもよいということにはなりません。夫本位に考えるのをやめ、「自分はどうしたいのか」を自分の心に聞いてみましょう。

 

あなたのほうからアクションを起こさない限り状況は変わりません。一歩を踏み出し、夫と真剣に向かい合うべき時ではないでしょうか。

仮面夫婦を続けるも終わらせるもあなた次第

女性仮面夫婦がそのまま家庭内別居にあてはまるわけではありません。家庭内別居に法律上の定義はありませんが、夫婦間の会話がなかったり居住スペースを分けていたりなどの実態があれば、家庭内別居すなわち事実上の別居状態と認められる可能性があります。

 

民法770条では離婚事由の一つとして「婚姻関係の破綻」を挙げています。仮面夫婦状態という事実だけで婚姻関係の破綻と認定されるのは困難ですが、離婚裁判に備えて夫の不倫の証拠をおさえたり、破綻に至る経緯をまとめるなどの対策をしておくとよいでしょう。