究極の選択、仮面夫婦か離婚か

夫が不倫していたことを知ってしまった瞬間、それまで築いてきた夫婦間の信頼関係はガラガラと崩れ落ちます。子供のことを最優先して考えた場合、離婚と仮面夫婦ではどちらがベターな選択でしょうか。

仮面夫婦にもいろいろなタイプがある

仮面浮気夫への気持ちが冷めてしまうのはどうしようもありませんが、子供のことを思うと簡単には離婚できません。子供にとっては、たとえ仮面夫婦でも両親がそろっていたほうが幸せなのか悩むところですね。一口に仮面夫婦といっても、実はいろいろなタイプがあります。たとえば、夫婦仲はとっくに冷え切っているにもかかわらず、社会的な地位や体面を保つために離婚しないケースは仮面夫婦の典型です。また、長年連れ添ううちに互いへの関心が薄れ、夫婦というより単なる同居人と化してしまっているケースも仮面夫婦と言えるでしょう。

浮気による仮面夫婦は修復が難しい

熟年夫婦の場合などは、相手がすでに空気のような状態になっているだけであり、嫌いあっているわけではないでしょう。また、社会的な体面を保つための仮面夫婦は、夫婦でいることのメリットが双方にあるため、ある種の協力関係にあるとも言えます。

しかし、不倫が原因で仮面夫婦となってしまった場合、問題は深刻です。冷えた気持ちの奥では怒りが燃えているはず。夫の側がよほどの働きかけをしない限り、関係修復は厳しいでしょう。

仮面夫婦でも夫の不倫を放置してはいけない

浮気子供のためを思って当面は離婚せず、事実上の仮面夫婦を続けるとしましょう。その場合、夫の不倫にはどう対処すべきでしょうか。

無関心を決め込むとよけい関係が悪化する

不倫した夫への愛が消えてしまうのは仕方のないことです。しかし、仮面夫婦なのだから夫が浮気しようと自分には関係ない、お好きにどうぞという態度はとるべきではありません。

まず、夫はあなたの関心が自分に向けられていないことを敏感に察知しますから、放置しているといくらでも不倫を繰り返すでしょう。「夫に無関心な妻が悪い」と責任転嫁し不倫を正当化してしまうのです。そしてあなたは不倫をやめない夫に対しますます嫌悪感を募らせていくでしょう。

不倫を放置していると、夫婦関係のさらなる悪化を招き、子供にも悪影響を及ぼすおそれがあります。表面では仮面夫婦を続けるにしても、不倫はやめるようしっかりクギをさしておくべきです。

不仲な両親の姿を見るのは辛い

子どもまた、肝心の子供は仮面夫婦の親をどう思うのでしょうか。あなたが不倫夫への恨みや怒りを押し殺し、幸せな妻を完璧に演じられるなら仮面夫婦でもさしあたり問題はないでしょう。しかし現実問題として、不倫夫に今までと変わらぬ笑顔を見せ、何事もなかったようにふるまう自信がありますか? いくらあなたが名女優でも、1年365日良き妻を演じるのはさすがに無理でしょう。ストレスをこじらせ、ある日爆発してしまうかもしれません。

家に帰ってみると両親は会話もなく、ピリピリした雰囲気を漂わせている。いつも夫婦ゲンカが絶えない。そんな親の姿を見るのは子供にとって何よりも辛いものです。本来、子供にとって世界でいちばん安心な場所であるはずの我が家が、安らぎの場でなくなってしまいます

子供は親の仮面生活に気づく

幼児ならともかく小学生ともなれば、両親の不穏な雰囲気には嫌でも気づいてしまいます。不仲な両親を少しでもなだめようと、子供が必要以上に気を遣うようになってしまうことも。子供が両親の顔色を窺うようになったり、委縮して自分の感情を抑えるようになったりしてしまっては悲しいですね。子供のためを思って仮面夫婦を続けることを選んだはずなのに、現実にはかえって子供を苦しめることになりかねないのです。

離婚するなら養育費は必ず確保しよう

それならいっそ不倫夫と離婚したほうがよいでしょうか。離婚によって人生の航路が大きく変わることは言うまでもありません。とりわけ経済的な影響は大きいでしょう。あなたは何よりも、子供が離婚によって不利益を受けないよう最大限努めるべきです。特に、教育費は子供の将来設計に関わってきます。養育費をきちんと確保できるよう万全の手を尽くすのが母としてのあなたの義務です。

片親だけの家庭は今どきめずらしくもありません。子供が父親不在を寂しがることもあるかもしれませんが、笑顔も会話もない両親のもとより、片親でも明るい家庭で育つほうが幸せともいえるのではないでしょうか。

笑顔でいられるのはどちら?

母子離婚と仮面夫婦、どちらが子供のためになるかは一概には言えません。子供は親が思っている以上に敏感ですし、成長するにつれ親の気持ちも理解できるようになります。知っておきたいのは、母親が不幸を耐え忍んでいる姿は決して子供に良い影響を与えないということです。子供はお母さんには明るく笑顔でいてほしいのです。

離婚か仮面夫婦か迷ったら、自分が笑顔でいられるのはどちらだろうという視点から考えてみてはいかがでしょうか。

形よりも中身が大事

笑顔仮面夫婦には、熟年夫婦型や体面維持型などいくつかのタイプがあります。状況によっては仮面夫婦を続けるという選択が功を奏することもあります。ただし、不倫によって気持ちが冷め仮面夫婦になってしまった場合には、関係修復には大きな困難が伴うと考えられます。

離婚と仮面夫婦のどちらが子供のためになるかは一概には言えません。大切なのは子供が子供らしくいられる家庭を築くことです。迷ったら、自分が笑顔でいられるのはどちらかを考えてみるとよいでしょう。