浮気調査って本当に必要なの?

夫が浮気していることが発覚した場合、探偵を雇っての浮気調査が頭をよぎることでしょう。しかし、離婚するかどうかもまだ決めていない状況で、高いお金を払ってまで探偵に依頼するメリットはあるのでしょうか。

プロの技で浮気の決定的な証拠が得られる

夫と浮気相手のメールのやり取りや夫の行動を記録した日記、夫が浮気相手のために使ったと思われるお金の領収書など、浮気の証拠をあなたが自力で集めることもある程度は可能です。

しかし、これらはいわば間接的な証拠であり、証拠としての力は弱いです。夫や相手女性がラブホテルなどに複数回出入りしている写真などはきわめて証拠能力の高い証拠と言えますが、現実問題としてこのような写真をあなた自身が撮ることは困難です。プロの探偵であれば、分刻みで2人の行動を記録し顔がはっきりとわかる写真を添えた調査報告書を作成することが可能です。もちろん探偵や調査会社によって能力にばらつきはあります。事前にクチコミなどを十分調べ、実績があって信頼できる業者に依頼することが重要です。

一般社団法人日本調査業協会の調査によると、調査員2名体制の場合には1時間1.5万円~2.0万円が探偵費用の相場です。比較的短時間で証拠をおさえられたとしても、やはりそれなりの金額になります。それでは、このように高額の報酬と引き替えに得た証拠はどのように役立てることができるのでしょうか。シチュエーションごとに見ていきましょう。

離婚を決めている場合

浮気相手の女性を本気で好きになってしまった場合、夫のほうから離婚を要求してくることがあります。その場合、自分の浮気を原因にあなたから慰謝料を請求されることを恐れ、「性格の不一致」を離婚事由と主張してくることがあります。「好きな女ができた」ことを棚に上げて離婚を切り出してくるケースです。

性格の不一致はどちらかが悪いという問題ではないので、慰謝料請求することができません。慰謝料ほか納得のいく条件で離婚するには、性格の不一致ではなく夫の浮気が原因であることをあなたの方から主張しなくてはいけません。そんな時、プロの探偵による調査報告書があれば、性格の不一致ではなく浮気が原因で離婚するということを強く裏付けることができるでしょう。

また、家庭という安定した地盤の上に立ちつつ、時々火遊びを楽しみたいというのが夫の本音であることもあります。この場合には、浮気はやめないけれど離婚には応じないという泥沼状態に陥ることも。お互いの話し合いによる協議離婚が成立しない場合には、調停へ進むことになります。調停の場では浮気の証拠は必須ではありませんが、離婚を求めるあなたの主張を効果的に調停委員に伝えるには、証拠を示すのが最も有効です。

浮気(不貞な行為)は民法に定める離婚事由なので、調停が成立しなかった場合には離婚を求める裁判を起こすことになります。日本では証拠裁判主義を採っているため、浮気の事実の認定は証拠によっておこなわれます。プロの探偵による精度の高い証拠があれば、あなたの主張を通し離婚の判決を勝ち取れることが期待できます。

まだ離婚すると決めていない場合

浮気しているとはまだ断定できないけれど、夫の様子がおかしいのでとにかく真実が知りたいという段階では、まだ離婚を具体的にイメージすることはできないでしょう。夫を信じたい気持ちと不安がせめぎ合う、最も辛い状態といえます。この場合には、第三者である探偵に依頼することで、真実を受けとめる覚悟ができるかもしれません。中途半端な状態がいちばん辛いものです。結果があなたにとって過酷なものであったとしても、少なくとも疑惑にさいなまれる苦しみに終止符を打つことはできます。

夫が浮気をしているのでは?と疑っている状態でその先までは考えていない人でも、浮気調査をされる方は多いです。現状を知ることで自分がどうしたいのかが見えてくることがあるからです。実際に調査をした人の7割は関係修復をされる方です。

夫への愛情が強く離婚など考えられないと思っていたとしても、調査報告書の結果によっては夫への気持ちも変わってくるかもしれません。あなたが今まで知らなかった夫の顔を知ることで、夫があなたの愛に真に値する人間であるか、考え直すきっかけになります。

離婚しない場合の浮気調査の意味

それでは、たとえ夫の浮気が事実だとしても離婚はしないと決めている場合はどうでしょうか。

慰謝料請求できるようになる

浮気は法律の上では不法行為となります。共同して不法行為をおこなった夫と浮気相手の双方に対し、あなたは損害賠償つまり慰謝料を請求することができます。離婚しないのであれば、夫へ慰謝料請求してもお金が夫婦間で動くだけなので意味がありません。相手女性に絞って請求することになりますが、そもそも相手の身元がわからないと慰謝料請求はできません。あなたが直接知っている相手であればいざしらず、知らない人の素性を調べることは素人には事実上不可能です。

探偵に依頼すれば、プロの技術によって相手の氏名・勤務先・連絡先等を調べ上げることができます。離婚する場合にくらべ、離婚しない場合には慰謝料の額は下がりますが、相手への制裁としての意味は十分あるでしょう。

夫と浮気相手の関係を断ち切るとき

離婚を望まないのであれば、早急に夫と浮気相手を別れさせた上で、夫と関係修復に努める必要があります。相手女性にも親がいて、場合によっては配偶者がいる可能性もあります。「あなたが私の夫と浮気している証拠があります」と女性に伝えれば、強力な抑止力となるでしょう。

夫と関係修復するとき

プロによる客観的な調査報告書にはやはり強いインパクトがあります。頑として浮気を認めなかった夫も、ラブホテルへの出入り写真を突きつけられれば、さすがに認めざるをえないでしょう。夫に罪を認めさせることができれば、謝罪や改心への道筋がつきます

将来的な切り札に

事態が今後どのように展開するか誰にもわかりません。浮気はやめると夫や相手女性が約束したとしても、その言葉をちゃんと守るかはある程度の時間が経たなければわからないのが現実です。一時は反省してもまた浮気が再開する可能性もないとは言えません。また、あなたのほうが別れを望んでいなかったとしても、やはり夫に愛想が尽きて離婚を考え始めるようになることもありえます。

そのときに力を発揮するのが探偵による調査報告書です。離婚でも慰謝料請求でも、あなたにとって納得のいく結果を得るために調査報告書は最強の切り札になると言っても過言ではありません。

浮気調査が将来の切り札に

探偵による調査報告書の役立て方は、離婚する・しないによって変わってきます。離婚しない場合でも、真実を知ることで現状と向き合うことができ、気持ちの整理ができます。将来的に事態がどう動いても、「自分にとって有利な対応を可能にするための保険」としての役割も期待できるでしょう。