夫の浮気相手はまさかの未成年!

夫が未成年の女性と浮気していることが発覚しました。自分がしたことの深刻さを相手の女性にも理解してもらうには、未成年といえど慰謝料請求するのが一番だと考える人もいるでしょう。いまは払えなくても、就職してから払ってもらうことはできるのでしょうか。また、夫が浮気相手と一緒になりたいと夫が望んでいる場合、なんとか離婚を避ける方法はないのでしょうか。

未成年の不倫と大人同士の不倫の違い

不倫は道徳的に許されないものであると同時に、法律上は不法行為となります。配偶者に不倫された側は、配偶者と浮気相手による共同不法行為によって受けた精神的苦痛に対し損害賠償請求、つまり慰謝料を請求できます。ただし、不倫はあくまで民事上の問題です。現代の日本には姦通罪は存在しないため、不倫をしたことで刑法上の罪に問われることはありません。不倫をすれば慰謝料請求や離婚のリスクなどが生じますが、大人ならそれも含めて自己責任で、というのが日本の法律のスタンスです。

一方、相手が未成年者の場合は話が異なってきます。浮気相手が未成年でも、18歳以上であって男女双方が合意のうえで性交渉を持つなら犯罪にはなりません。しかし、18歳未満との不倫の場合は、各地方自治体が定める青少年保護育成条例のうちの淫行条例に抵触します。淫行条例とは青少年(既婚者以外の18歳未満の男女)との淫行(わいせつな行為や性行為等)を規制する条例で、多くの自治体で最高刑を懲役2年と定めています。一口に未成年といっても、18歳以上か未満かで状況は大きく変わりますから、しっかり確認しておく必要があります。

未成年でも慰謝料請求は可能

法律の上で未成年者は基本的に保護される対象です。しかし、悪いことをした場合にも責任を問われないわけではありません。未成年でも責任能力は認められるので、慰謝料請求すること自体は可能です。ただし、未成年で経済力のない相手があなたの要求する額を支払えるかはまた別の問題です。それなら親からとりたいと思うかもしれませんが、子供のしたことの責任を親に取らせることは法律上できません。また、いい歳をした男がまだ思慮分別もつかない年頃の娘に手を出したとあっては、親も黙って引き下がれないのではないでしょうか。

相手が就職するのを待ち、一定の経済力をつけてから慰謝料を払ってもらうことは可能ですが、慰謝料請求には時効があることに注意してください。不倫が始まった日から20年間、もしくは不倫の事実と相手を知った日から3年間が過ぎると、時効が成立し慰謝料請求する権利が消滅してしまいます。

早く夫の目を覚まさせよう

あなたにとっては未成年でも加害者であることに変わりはないかもしれません。でも十代の女の子と立派な大人である夫、どちらの責任がより重いかは明白ですね。未成年であっても、既婚者と関係を持ってはいけないということくらいはわかっているはずですが、法的な責任を問われるとまでは認識していなかった可能性もあります。社会常識も判断力も未熟な未成年者と不倫関係になったことについて、夫には言い訳の余地がありません。

夫があなたと離婚し相手女性と再婚することを望んでいるなら当然、慰謝料や養育費、財産分与を支払う義務が生じます。しかし、青少年保護育成条例に抵触し逮捕された場合は、仕事を辞めざるを得ないでしょう。夫は今まで築いてきたものを何もかも失うことになるのです。はたしてその状態で相手と幸せな結婚ができるのか、夫に現実を突きつけましょう。若い女の子とのバラ色の未来など待っていないことがわかれば、夫も目を覚ますはずですよ。

未成年との不倫は犯罪の恐れあり

未成年者との不倫の場合、相手が18歳以上でなおかつ双方合意の上であれば犯罪になることはありません。しかし18歳未満の場合は、合意があっても各地方自治体の定める青少年保護育成条例に抵触します。

相手が未成年でも慰謝料請求することは可能ですが、親に肩代わりを要求することは法律上できません。