浮気夫の責任逃れは許さない!

今までDVや浮気を繰り返してきた夫から離婚を申し立てられました。夫は離婚調停中にも浮気をしています。夫が主張する離婚理由は「性格の不一致」。離婚自体に異議はなくても、夫に責任逃れされるのは納得がいきませんよね。夫の浮気を理由に離婚し、慰謝料を手に入れることは可能なのでしょうか。

性格の不一致では慰謝料を得られない

不一致慰謝料の金額は、離婚に至った理由によって大きく変わってきます。性格の不一致であれば、どちらが悪いという性質の問題ではないため慰謝料は基本的に発生しません。一方、浮気やDVの事実が認められれば、100万円~300万円ほどの慰謝料を得られる可能性があります。

調停では、夫婦それぞれが調停委員に主張を伝えると共に、委員を仲介として相手方の主張を聞き、それについて委員からの質問に答えたりする形になります。夫があくまで性格の不一致を理由とした離婚を主張するのであれば、養育費や慰謝料などであなたが納得できる条件を得るのは難しいでしょう。

夫の浮気を証明しよう

浮気あなたはまず、夫の浮気の事実があるため性格の不一致を理由とする離婚は受け入れられないという意思を調停委員に伝えてください。そのうえで、夫の浮気の証拠を提示し自分の主張の正当性を証明しましょう。調停の段階では浮気の証拠は必須ではありませんが、何も証拠がないと単なる憶測や妄想ではないかと受け取られてしまうおそれがあります。夫は自分の浮気を否定することが予想されるので、浮気を客観的に証明できる証拠を必ず用意しておいてください。

浮気の証拠としては、夫と浮気相手が肉体関係を持っていることを証明できるものであることが重要です。携帯の発信履歴などだけでは、単に連絡を取っていただけだと言い抜けられるおそれがあり、証拠としては弱いでしょう。メールのやりとりやレシート、クレジットカードの利用明細などさらなる証拠を集める必要があります。

DVも証拠が命

DVについては、夫が暴力をふるった際には必ず、受けた傷や室内の様子を写真に撮っておいてください。そして、DVのあった日付や状況を記録しておいてください。記録自体はそのまま証拠として認定されなくても、医師による診断書や警察への通報など、外部的な記録と合わせることで、主張を裏付け補強する効果が期待できます。

調停中の浮気も慰謝料の対象になる?

密会調停中の浮気については、「夫婦関係の破綻」がポイントになります。夫婦関係が破綻しているかについては、別居時間や調停の進行状況などによって判断されます。調停に入る前にすでに何年も別居しているなど、夫婦関係が完全に破綻していると認められる場合には、浮気の慰謝料は認められない可能性があります。まだ破綻には至っていないと認定されれば、調停中であっても浮気は慰謝料の対象になりえます

最終決戦は離婚裁判

裁判夫が調停で浮気を認めず、あくまで性格の不一致を主張するなら、いくら調停を重ねても納得のいく結果は得られない可能性が大です。調停不調として終了させ、次のステップへ進みましょう。離婚裁判こそファイナルステージであり、ここで結果が決まります。

浮気は法定離婚事由の一つなので、あなたは家庭裁判所に離婚の訴訟を起こすことができます。裁判の場では、浮気の証拠立てが最も重要です。夫が浮気によって夫婦関係を破綻させ、調停中にも浮気を続けていることを証明できれば、あなたの主張が認められる可能性は高まるでしょう。夫から調停を申し立てられ一歩リードを許してしまっても、冷静に賢く反撃し勝利を収めてくださいね。

納得のいかない離婚に応じてはいけない

女性浮気をしている夫が性格の不一致を理由に離婚調停を申し立てた場合、納得できない旨とその理由を調停委員に伝えましょう。夫があくまで浮気を認めない場合には調停を終了し、裁判離婚に進みます。裁判の場では、夫の浮気のため夫婦関係が破綻し、調停中もずっと浮気が続いていたことを客観的証拠により証明する必要があります。