結婚してから夫のとんでもない本性が明らかに! 離婚できる?

結婚前はみな自分を良く見せようとするもの。めでたく結婚が成立してから気が緩み、多少メッキが剥がれてくるのは仕方ないことかもしれません。しかし、結婚生活に重大な障害をもたらすような欠点となると話は別です。浮気性・モラハラ・浪費癖という三大悪癖を持つ夫と離婚するにはどうすればよいのでしょうか。

どんな行為がモラハラになるの?

DVモラハラ(モラルハラスメント)という言葉はよく耳にしますが、具体的にどのような行為を指すのでしょうか。夫から妻へのモラハラとしては、たとえば以下のようなものが挙げられます。

 

モラハラの例

悲しい女性

  • 「専業主婦は楽な身分だな」などとバカにする
  • あなたが友人らと自由に会うのを禁じる
  • ささいなことで激昂し罵倒する
  • あなたの容姿や能力などを侮辱する発言をする
  • 十分な生活費を渡さない
  • 自分の気に入らない言動を許さない
  • あなたを所有物のように扱う
  • あなたの行動を監視する など

 

このような仕打ちを我慢し続けていると、あなたは徐々に自信を失くしていき、自分が能なしでつまらない人間なのだと刷り込まれていきます。そして、何事も夫の言うようにするべきなのだと思い込むようになり、自分の意思や自尊心を放棄してしまいます。そうなると夫はあなたを思い通りに操れるようになるのです。相手を抑圧し、自信を失わせて思うがままに支配することこそモラハラの本質です。

 

離婚を拒む夫とどうすれば別れられる?

離婚しない夫モラハラなどをする夫はそもそも罪の意識を持っていないので、自分が悪いことをしているという自覚がありません。だからあなたが離婚話を持ち出してもまるで耳を貸さないのです。夫が協議離婚に応じず調停でも合意が成立しない場合には、離婚するために裁判をすることになります。民法770条では、離婚の訴えを提起できる事由を以下のように定めています。

 

民法770条1項に定める離婚事由

法典

  1. 配偶者に不貞な行為があったとき(1号)
  2. 配偶者から悪意で遺棄されたとき(2号)
  3. 配偶者の生死が3年以上明らかでないとき(3号)
  4. 配偶者が強度の精神病にかかり、回復の見込みがないとき(4号)
  5. その他婚姻を継続し難い重大な事由があるとき(5号)

 

離婚の訴えが認められるには、浮気・モラハラ・浪費癖が1~5号の事由にあてはまるかが問題となります。

 

浮気・モラハラ・浪費癖は離婚原因になる?

裁判それでは順に一つずつ見ていきましょう。

 

浮気

1号の「不貞な行為」とは、配偶者以外の人と自由意思により性的関係を持つことを指すので、浮気は離婚事由になります。

 

モラハラ

モラハラは精神的DVと位置付けられ、5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」と認められる可能性があります。

 

浪費癖

単にカネ遣いが荒いだけでは、離婚事由としては少し弱いおそれがあります。夫の収入にもよりますが、ギャンブルで数百万円も借金をして完済できる見込みが立たないような状態であれば、5号に該当する可能性が高くなります。

 

離婚を有利に進めるために必ずやっておきたいこと

離婚カップル浮気・モラハラ・浪費癖を証明できれば、離婚と慰謝料請求が可能になります。離婚裁判で望む結果を得るためには、夫の問題行動の証拠が必要になります。

 

浮気の証拠となりうるもの

  • 浮気相手の自宅へ複数回出入りし、長時間過ごしていることを証明できる写真や動画
  • 浮気相手とラブホテルへ複数回出入りし、長時間過ごしていることを証明できる写真や動画
  • ホテルやレストランの領収書
  • カーナビの記録
  • 浮気相手とのメールやLINEなど
  • 夫の外泊などの記録 など

 

モラハラの証拠となりうるもの

  • モラハラを受けた日時、場所、具体的な内容などの記録
  • モラハラによって精神的ダメージを受けた際の診断書
  • 暴言などの録音 など

 

浪費癖の証拠となりうるもの

  • 預金通帳(のコピー)
  • カードローン等の利用明細書
  • 領収書
  • 借用証
  • 馬券などギャンブルをしている証拠 など

 

夫の浮気・モラハラ・浪費癖によって夫婦関係が修復不可能なまでに破綻したこと、自分がいかにダメージを受けたかということを効果的に主張できれば、あなたの要求が認められる可能性は高いでしょう。

 

夫の問題行動を我慢し続けるのはもうやめよう

再出発モラルハラスメントとは、言葉やふるまいによって相手を貶める精神的DVです。浮気が民法770条1項1号の離婚事由にあたるほか、モラルハラスメントや重度の浪費癖も同5号の「その他婚姻を継続し難い重大な事由」と認められる可能性があります。

 

浮気・モラハラ・浪費癖を理由に離婚・慰謝料請求をする際には、夫の問題行動を証明できる証拠をあらかじめ集めておきましょう。