相手にとっては枕営業? それとも本気?

夫の浮気相手は水商売の女性のようです。二人はLINEでやり取りをしており、内容を見る限り体の関係もあるようです。夫は昼間の仕事なのですが、夫と浮気相手はいつ会っているのでしょうか。また、相手が水商売となると、もしかして枕営業?という疑問が浮かびますね。枕営業でも浮気に該当するのでしょうか。

枕営業でも慰謝料請求は可能

女性の出勤前に食事などをしてから一緒に入店するといういわゆる「同伴」は、肉体関係ではないので浮気とはなりません。慰謝料請求の対象となる不貞な行為とは、肉体関係(及び性的類似行為)を指します。浮気相手がキャバ嬢など水商売であっても、夫と肉体関係を持っているのであれば慰謝料請求は可能です。ただし、水商売という職業の特性により、慰謝料の額は通常の不倫より低めに認定される可能性があります。慰謝料は平穏な夫婦関係を壊したことへの損害賠償と位置づけられるものですが、水商売の女性との関係は単なる遊びと割り切りうるものであり、夫婦関係への影響は比較的小さいと判断される可能性があるためです。また、相手女性が夫を既婚者と知っていたかどうかもポイントとなります。夫が独身だと巧妙に嘘をついていた場合には、慰謝料請求の要件である故意・過失が認定されないので慰謝料請求をすることはできません。

慰謝料請求の際には浮気の確かな証拠が不可欠です。LINEのやりとりだけでは証拠として非常に弱いので注意してください。水商売の女性であれば、客をつなぎとめるためには「大好き」「愛してる」といった甘い言葉を浴びせるのは当たり前というのが一般的な認識です。夫と本当に浮気していたわけではなく、単なる営業トークだったと言い逃れされてしまうでしょう。

夫の行動記録をつけよう

水商売の女性との浮気の証拠をつかむにはどうすればよいのでしょうか。まずはしばらく夫を泳がせておき、二人が会う約束をとりつけるのを待つのがよいでしょう。水商売の女性は夜がお仕事時間で、午前中は自宅で休んでいるはずです。夫が昼間の仕事であれば、夫の仕事が終わり女性が出勤する前の時間帯もしくはお店がオフの日を浮気タイムにしている可能性があります。夫が特定の曜日に不審な外出をしていないかどうか注意してみてください。離婚や慰藉料請求を考えるなら、浮気の証拠は不可欠です。浮気の現場や日時を割り出し、探偵などに依頼して証拠写真等を押さえましょう。

放っておけば夫は目を覚ます?

水商売の女性だって人間です。好きでもない客とはできるだけ関わりたくないし、トラブルになるようなことは避けたいのが本音なのです。相手が既婚者だと知った上で女性が夫と関係を持ったのであれば、その動機は次の二つのいずれかだと考えられます。

一つ目は、相手が本気になっており、最終的に夫とあなたを離婚させて自分が妻となることを狙っているケースです。男の扱いに慣れた女性が積極的に誘ってくると、客のほうはついその気になってしまうものです。のぼせ上がった挙げ句、「彼女を幸せにしたい」と離婚を切り出してくることもありえます。夫が遊びと割り切れているならまだよいのですが、夫のほうも相手に夢中になっている場合、無理やり別れさせようとするとますます二人が燃え上がってしまうおそれがあります。いくら理はあなたにあるとはいえ、正面から夫を非難するのは逆効果ですからくれぐれも注意してください。

二つ目は、女性はあくまで夫を金づるとしか思っていないケースです。可能性としては金づるケースのほうがずっと高いでしょう。夫からお金を引き出したいのは山々だけれど、慰藉料請求されたりなどの厄介ごとはまっぴらだと相手も思っているはず。あなたが慰謝料請求の内容証明郵便を送る構えを示せば、相手のほうから夫と離れてくれる可能性があります

周囲への相談も有効

相手女性の目的が何であれ、妻としてあなたはあくまで冷静に対処してください。場合によっては夫の両親や兄弟に相談し、女性と別れるよう夫を説得してもらうのもよいでしょう。

最も大切なのは、相手女性と一緒にいることが本当に幸せにつながるのか、夫に考えさせることです。「水商売の女にいれあげるなんて! 相手はどうせお金目当てよ」などとガミガミ問い詰めると、夫はますます相手女性のところへ逃げようとします。夫を責めることではなく、いったん夫を受け入れてあげてください。「今このときはよくても、将来はどうなる? 10年後、20年後に後悔しないような決断をしてね」と、夫の幸せを心から気にかけていることを伝えましょう

裏切られたあなたにとって今の夫を受け入れるのは簡単なことではないでしょうが、再構築の可能性がまだあるなら今が正念場です。夫婦として二人で積み上げてきた日々を振り返り、夫の目をもう一度あなた自身に向けさせる努力をしてみてくださいね。

正面から問い詰めず、夫に状況を客観視させよう

浮気相手が水商売の女性でも、夫と肉体関係を持っているのであれば基本的には慰謝料請求は可能です。正面から夫を責めると逆効果になる恐れがあるので、将来的に後悔しないような決断をするよう冷静に夫をさとすことをおすすすめします。