浮気の証拠を押さえるのは難しい

浮気した夫と離婚し慰謝料を請求したい! こういう場合は浮気の証拠が必要だとわかっていても、自分で浮気の証拠を押さえるのは現実には難しいことですね。証拠がない場合でも、離婚や慰謝料を請求することはできるのでしょうか?

浮気の証拠がなくても慰謝料請求はできるの?

密会密会現場の写真などは、夫と相手が肉体関係を持っていることを強く推定させることができ、強力な証拠となります。しかしそんな決定的な証拠がなくても、慰謝料を請求することは可能です。

証拠がない分、慎重に計画を立てて行動することが重要です。順序立てて見ていきましょう。

浮気相手と夫に認めさせれば慰謝料請求できる?

話し合い裁判の際には証拠がモノを言います。浮気の証拠がなければ、浮気があったことを裁判官に認めさせることが難しいからです。しかし、裁判は最後の手段。まずは話し合いから始めるのが順当な流れです。可能であればまずは電話やメールで浮気相手にコンタクトをとってみましょう。話し合いの際には弁護士など法律の専門家をまじえるとより効果的です。

証拠がなくても相手が認めればOK

話し合いのとき、浮気の決定的な証拠を握っている必要は必ずしもありません。相手が浮気の事実を認めれば証拠は不要になります。

弁護士などから「法的な責任を追及する」と告げられれば誰でも心配になります。証拠をちらつかせなくても、相手が要求に応じ慰謝料を払う可能性は十分あります

直接連絡がとるのが難しい場合や話し合いがうまくいかなかった場合は、相手に内容証明郵便を送って慰謝料を請求しましょう。

ハッタリも有効

あたかも浮気の決定的な証拠を握っているように装い、まず謝罪のみを要求するという手もあります。ハッタリによって相手を観念させ、浮気の事実を認める謝罪文を書かせるのです。これが浮気の強力な証拠となり、のちのち慰謝料を請求する際に有効に使うことができます。

浮気を認める念書を書かせると安心

夫や浮気相手が当初は浮気の事実を認めていても、訴訟や慰謝料請求となった場合に一転して否定してくることも考えられます。そうした事態に備え、以下のような項目の念書をあらかじめ取っておくと安心です。

  • どこの誰と
  • いつ
  • どこで
  • 何をしたか(浮気相手は夫が既婚者であることを知ったうえで性的関係を持ったことを記載させる)
  • 念書作成者の住所氏名、作成日、作成場所、押印

念書をとる際には、本文も署名もすべて自筆で書かせることが重要です。パソコンで作成させ押印だけさせると、あとから「自分は書いていない。印鑑を持ち出され勝手に押印された」と否定されるおそれがあるためです。

また、「脅迫されて書かされた」と言わせないためにも、自宅など密室ではなく、喫茶店など不特定多数の人の出入りがあるところで書かせるようにしてください。

誤爆には要注意!

浮気の事実がないのに慰謝料を請求してしまった場合、逆にあなたのほうが恐喝罪などで訴えられてしまうおそれがあります。浮気の明確な証拠がない場合は、さまざまな状況から考えて確かに浮気があったと確信できるまで、行動を起こさないようにしてください。

どんな証拠を集めたらいいの?

電話浮気をしているにもかかわらず、夫が絶対にそれを認めないことも考えられます。その場合は、決定的な証拠がなくても、小さな証拠を積み上げていくことで浮気の事実を認めさせるという作戦が有効です。

証拠を積み上げていき、浮気を認めさせる

興信所などを使えば、ラブホテルへの出入り写真など強力な証拠を入手できる可能性はあるでしょう。しかし依頼する日数などによっては100万円前後の料金がかかってしまうおそれもあります。

証拠探しは自力でも可能です。夫を警戒させないよう気をつけながら、以下のような証拠を探してみてください。

  • メールや電話のやり取りの記録
  • ホテルや飲食店などの領収書(レシート)
  • カーナビの記録
  • 相手へのプレゼントと考えられるレシートやクレジットカードの利用明細 など

一つ一つは証拠として弱くても、積み重ねていくことで説得力が増していきます。まずは浮気相手に慰謝料を請求し、離婚を考えるのであれば夫にも慰謝料を請求するとよいでしょう。

証拠があればより安心

ポケット浮気の証拠がなくても夫や浮気相手に慰謝料を請求することは可能です。話し合いの段階で、証拠がなくても相手が浮気の事実を認め慰謝料を支払う可能性もあります。ハッタリをかけて相手の謝罪を引き出し、浮気の証拠を固めるという手段もあります。

ただし、浮気の事実がないのに請求をしてしまった場合には恐喝罪に問われる可能性もあるので、十分な注意が必要です。

夫が浮気を認めない場合、決定的な証拠がなくても小さな状況証拠を積み上げていくことで、浮気があったことを証明できる可能性があります。