非表示にしたのは女性の存在を隠すため?

夫には浮気の前科があります。そのときは浮気相手の電話番号やLINEなどの連絡先を削除させることで事を終わらせました。しかし夫は最近また、浮気を疑わせるような行動をしています。夫のスマホをチェックして浮気の証拠を探しましたが、LINEを見てもトーク履歴などは消されているようです。LINEの非表示リストを見たところ、女性の名前が登録されていました。非表示にしているのは、相手とのつながりがばれないようにするためなのでしょうか?

友達を非表示にする理由

LINEには友達リストの中の特定の相手が表示されないようにする機能があります。非表示にすると相手のトークやタイムラインへの投稿などが表示されないようになります。相手とのやりとりを遮断するブロックと異なり、投稿の閲覧やトークは通常と変わりなく行えます

LINEの友達が多いと、リストの中から探す相手を見つけるのが大変になります。また、トークや投稿などの情報が多すぎて混乱しかねません。表示する友達をあらかじめ選んでおけば、効率的かつ快適にLINEを利用することができます。

一般的には、非表示にしておくのは普段あまり交流のない相手、もしくはブロックするほどではないけれど関心は持っていないという相手です。ただ、非表示機能を使えばその相手と交友関係があることを隠しておくことができるという面もあります。夫に浮気の前科がある場合、浮気相手をあえて非表示にしてあなたの目をごまかしている可能性も否定できません。

解決方法は夫を改心させることだけ

LINEから相手女性を削除させたとしても、別名で再び友達登録することは可能です。ブロックさせても、夫が相手女性のIDを検索すればまた友達に追加することができます。LINE上で関係を完全に断たせることは難しく、結局はイタチごっこになってしまうおそれがあります。「また相手とつながって連絡を取り合っているのでは?」と思うと、あなたも常に不安から逃れられなくなります。

LINEアプリを削除させたとしても、他のSNSがありま。。スマホ上で相手とつながるルートはいくらでもあり、スマホを介したつながりを完全に断たせるのは不可能だと考えたほうがよいでしょう。最もよいのはスマホ・ガラケー含め携帯電話自体を持たせないことですが、日常生活に支障を来すのは否めません。とどのつまり、夫を心から反省させることができなければ、いくらスマホをチェックしても意味がないのです。

過去に浮気をしたことがある人は高確率でまた浮気をします。非表示にしている女性が怪しいというあなたの勘は残念ながらあたっているでしょう。浮気は人としての心の弱さが原因なので、浮気性の克服は容易なことではありません。あなたが夫の行動を監視し、浮気しないように見張っていても、1日24時間張り付いているわけにもいきませんし、オンライン上の交友関係をすべて把握することもできません。浮気問題を解決するのに最も必要なのは、自分を変えようという夫自身の覚悟なのです。

夫にしてみれば、浮気はあくまで遊びであり、あなたと離婚するつもりはまったくないはずです。妻としてのあなたに対し特に不満があるわけでもないでしょう。過去の浮気を許してもらったことで、夫の心の中には「浮気がバレても平謝りすればなんとかなる」という意識があるはずです。こんな夫を改心させるには、浮気したら離婚するという強い意志を示す必要があります。まずは夫に対し「何か私に隠し事をしていない?」とカマをかけてみてください。夫はやましいところがあるので動揺を隠せないでしょう。そこを一気にたたみかけ、「本気で反省しているなら離婚届に判を押して」と迫ってください。結局のところ、夫は一人で生きていくことはできない人間です。離婚は何としてでも避けたいはず。離婚届に判を押させ、いつでも離婚できる状態にしておけば、夫に対し圧倒的に優位な立場になれます。夫の一番の弱みを握ることで、浮気の心配が絶えない生活に終止符を打ちましょう。

SNSでのつながりを完全に断たせるのは難しい

LINEの非表示機能を使うと、特定の相手のトークや投稿などを表示させないようにすることができます。浮気の前科がある夫が女性を非表示リストに入れている場合、相手とのつながりを隠すのが目的である可能性があります。

非表示にしても相手とのトークや通話には支障ありません。友達リストから削除させても、相手と再びつながることはいくらでも可能なことに注意しなければなりません。究極的には夫を改心させるしかないということを念頭に、離婚覚悟で夫と向き合うことをおすすめします。