わざわざ非表示に変更した理由が気になる!

夫のスマホを見たとき、たまたま女性からのLINEの通知が表示されました。「誰?」と聞いたところ、友達だとのことでした。その場はそれで終わりましたが、後日夫がLINEの通知を非表示に変更したようです。以前はLINEの通知がきた際には相手の名前や内容も表示されていたのに、今は「新着メッセージがあります」としか表示されないようになりました。夫が通知を非表示にしたのは、浮気相手とやりとりしていることをバレないようにするためでしょうか?

LINE通知を非表示にする理由

LINEの普及率は9割といわれており、コミュニケーションのツールとしてすっかり定着しています。プライベートで友人とのやりとりに使うだけでなく、職場の同僚などと仕事関連の連絡をするのに使う人もいます。何人もの相手とやりとりしているときにいちいち通知がくると、便利な反面うっとうしく感じることもあるでしょう。スマホ画面を簡素化するためにあえて通知を非表示にしている人は決してめずらしくありません。

ただ、夫が非表示に変更したタイミングを考えると、女性からのLINEメッセージをあなたに見られたことがきっかけだとしか考えられません。相手女性とやりとりしていることをあなたに知られたくないために非表示にしたと考えるのが自然でしょう。もちろん現時点ではまだ浮気とは断定できません。LINEのやりとりをしている女性は浮気相手ではなく、単なる友人である可能性もあります。後ろぐらいことはなくても、「誰?」というあなたの言葉から夫は不愉快そうな響きを感じ取り、あらぬ疑いをかけられないよう非表示設定にしたとも考えられます

残念ながら、今の夫にとっては相手とのやりとりこそが最大の楽しみなのです。夫の中では、あなたの気持ち<自分の楽しみになってしまっています。やりとりをやめるように夫に頼んでも効果はないでしょう。

浮気かどうか悩んだときの対処法

LINEはどこまでいっても単なるやりとりに過ぎません。いったんスマホから関心を離し、夫の行動に目を向けてみるべきです。浮気は相手と実際に会わなければできないものですから、浮気している場合は必ず家をあけるようになります。また、外見的な変化も出てきます。夫の行動に次のような異変はありませんか?

  • 残業や飲み会と言って帰りが遅くなる日が増えた
  • 仕事があると言って休日に一人で出かけていくことが増えた
  • 下着やムダ毛処理など、身だしなみをやたら気にするようになった
  • 出費が増えた

あてはまる場合は、浮気の可能性を真剣に考えなければなりません。まず、「お友達とやりとりするのはあなたの自由だから、口出しするつもりはない。でも、浮気は絶対に許さないからね。あなたが悪いことをしたら私にはすぐわかるよ。浮気するなら、何もかも失う覚悟でやってね」とクギを刺してください。それでも相変わらずのふるまいが続く場合は、言い訳できないほど決定的な浮気の証拠をつかみにいくことをおすすめします。

夫が自分に甘く意志の弱い人間であることは過去の浮気が証明しています。証拠のないまま夫を問いつめても、のらりくらりとはぐらかされるだけで行動を改めさせることはできないでしょう。ずるずると引きずるより、動かぬ証拠を押さえて一気に決着をつけるべきです。探偵に依頼して写真を撮ってもらうのも一つの方法です。経費はかかりますが、再構築の条件に(1)探偵費用をあなたに代わって負担すること、(2)相手女性の連絡先を削除することをいれておけばよいでしょう。

気にするべきはやりとりそのものよりも夫の行動

夫がLINEの通知を非表示に変更した場合、通知がたくさん来ると煩雑だからという可能性もありますが、特定の相手からの通知内容をあなたに見られないようにするためという可能性のほうが高いでしょう。夫が浮気しているのか気になる場合は、LINEの件からいったん離れ、夫の行動に注意を向けてください。残業や飲み会がやたら増えた、身だしなみをやたら気にするようになったなどの変化がある場合、浮気はクロだと考えたほうがよいでしょう。探偵を雇うなどして動かぬ証拠を押さえた上で、夫と再構築の交渉をすることをおすすめします。