モテない夫なら浮気の心配はない?

モテるタイプではない夫なら浮気の心配もなさそうだと考えて結婚。しかし最近になって、夫が女性とLINEのやり取りをしていたり、帰りが遅くなったり、飲み会がやたら増えだしたりなど浮気を疑わせる兆候が出てきました。モテない夫でも浮気することはあるのでしょうか。

油断禁物!モテない男性でも浮気願望はある

誤解しやすいところですが、モテと浮気は次元の異なる概念です。モテは異性から寄せられる関心の度合い、浮気する・しないは個人の意志やモラルの問題であって、モテ度が浮気度に比例するわけではありません。パートナーに一途な男性はどれだけ誘惑が多くても絶対に浮気をしませんし、モテないけれど常に浮気のチャンスを探している男性もいます。

イケメンでモテる男性なら確かに、浮気しようと思えば簡単にできるでしょう。しかしモテない男性だって浮気することは可能なのです。今の時代、出会い系サイトや風俗など女性と性的な関わりを持てる場には事欠きません。モテない男性でも浮気したいという願望を持っていれば、いくらでも浮気可能だということを肝に銘じておいてください。

モテないと決めつけるのは危険

そもそも、夫は本当にモテない男なのでしょうか。男性の場合、年齢を重ねるなかでモテ度にも変化が生じてくることをご存じですか? 若いときにはモテなくても、様々な経験を積む中で自信がつき、男の色気や魅力が出てくることもあります。仕事をバリバリこなす有能な男性は女性から見て頼もしく見えるものですし、地位やお金のある男性にはいくらでも女性が寄ってくるでしょう。

もしかして、あなたには夫の一面しか見えていないのかもしれません。あなたから見ればモテなそうな夫でも、家庭の外では有能で面倒見の良いビジネスマンで、部下や同僚、取引先などの女性からそれなりの人気を得ている可能性もあります。

妻の座にあぐらをかいた態度は問題

結婚相手には「浮気しなさそうなモテない男性を選びます」といった選び方をする方もいるようですが、夫はモテないと決めつける姿勢の裏には、夫を見下す気持ちが垣間見えます。夫は自分に惚れているから浮気するはずはないと高をくくっていませんか?

 結婚当初はモテ度においてあなたのほうが勝っていたとしても、歳月が経つにつれて夫に逆転されるという可能性も十分あります。夫がモテる男性に変貌した場合、自分を大切にしてくれない妻に見切りをつけてよその女性に目を向けるのは自然な流れです。若いときにモテを味わえなかった夫は、遅くやってきたモテ期を今こそ堪能しようとするのではないでしょうか。モテたい、遊びたいという誘惑から夫を引き離すことができるのは、妻であるあなたとの信頼関係だけです。「この人はモテないから浮気なんかできない」と侮る気持ちは知らず知らずのうちに夫に伝わってしまうものです。どうせモテないと高をくくって夫を大事にしなかったら、夫は何の罪悪感も持たずに浮気に踏み切るでしょう。

夫が大切だという気持ちを伝えよう

夫の心を取り戻したいならまず、「あなたなんかモテるわけがない」「どうせ私に惚れているんでしょ?」という姿勢を改める必要があります。まずは夫を立て、大切にする気持ちを伝えましょう。仕事の話を聞いたり家事をがんばったりして、私は妻としてあなたに関心を持っていますよという姿勢を態度で示してください。これが第一歩です。

要は、恋愛気分を存分に味わいたいというのが夫の本音です。夫を取り戻したいなら、よその女性ではなくあなた自身が夫の恋愛のお相手を務めればよいのです。おしゃれをして高級レストランで食事を楽しんだり、旅行に行ったり、ちょっと非日常的なデートをしてみましょう。もちろんあなた自身が魅力的な女性であり続ける努力も大切です。モテに目覚めた夫をつなぎとめるには、男性としての夫に関心を持っていることを示すと同時に、あなた自身も女性として見てもらわなければなりません。遅くやってきた夫の恋愛適齢期を夫婦で楽しむという姿勢を意識してみてくださいね。

モテない夫と見下していると足元をすくわれる

モテと浮気は直接関係はありません。夫が以前はモテないタイプでも、年齢を重ねるなかでモテるようになることもあるので油断は禁物です。夫が浮気に走るのは、若いときには味わえなかった恋愛気分をいま存分に楽しみたいからだと考えられます。あなた自身が夫の恋愛相手を務めることで夫の浮気を防止しましょう。