一度だけでも浮気は浮気

たった一度だけだったとしても、浮気が裏切り行為であることに変わりありません。妻としてはやはり許せないことですね。一度きりの浮気でも、離婚や慰謝料の請求はできるのでしょうか。

一度きりの浮気は離婚の理由にならないの?

浮気民法770条では、離婚を申し立てられる法定離婚事由の一つとして「配偶者に不貞な行為があったとき」を挙げています。不貞な行為とは要するに、配偶者以外の異性と肉体関係を持つこと。つまり、夫がほかの女性と肉体関係を持ったなら、妻であるあなたは離婚の訴えを提起できるということです。

たとえ一度きりの浮気だったとしても、それによってあなたが夫への信頼感を失くし、夫婦関係がもはや修復不可能とみられる場合は、裁判所は離婚を認める可能性があります。

浮気の事実があっても離婚が認められない場合も

絶望ただし、浮気の事実があれば即離婚が認められるわけではありません。民法770条2項では、浮気など離婚の理由がある場合でも「一切の事情を考慮して婚姻の継続を相当と認めるときは、離婚の請求を棄却することができる」と定めています。

それでは「一切の事情」とは具体的にどのようなことをいうのでしょうか。裁判の際に考慮される要素を見ていきましょう。

  • 例1 夫の反省

夫がもう絶対に浮気はしないと約束し、浮気相手との連絡も完全に絶っているなら、その反省は本物とみられるでしょう。そしてあなたも夫の反省を受け入れていると客観的に認められる場合は、やり直し可能と判断される可能性が高くなります

夫の浮気によってあなたが実家に戻って別居生活が長く続き、その間ふたりがやり直すための話し合いなどが一切ない場合などは修復不可能と判断され、離婚が認められる可能性があります。

  • 例2 婚姻期間

あなたがた夫妻が比較的まだ若く、婚姻期間もさほど長くない場合は離婚が認められやすくなります。離婚してそれぞれ別の相手とやり直すことが十分可能と考えられるからです。

ただし、新婚間もない時期に夫が浮気するなど、今後円満に夫婦関係を続けていくことは難しいと思われるケースであれば、一度きりの浮気でも離婚が認められる可能性があります。

  • 例3 子どもの有無

子どもがいるかいないかも重要な判断ポイントです。夫婦の間に子どもがいて、なおかつまだ幼い場合などは、たった一度の浮気であれば子どものためにも離婚しないほうがよいと判断される可能性があります。

離婚裁判では、その他さまざまな事情が考慮され、総合的に判断されることになります。

一度きりの浮気だと慰謝料請求はできないの?

慰謝料夫婦の信頼関係が修復不可能なまでに崩れたのは、たった一度とはいえ夫の浮気が原因です。浮気発覚から離婚に至る流れの中で受けた精神的苦痛に対し、あなたは慰謝料を請求することができます。すでに離婚を決意したのであれば、夫との離婚を求める訴訟の中で慰謝料も請求することになります。

一度きりなら慰謝料の額は低くなる

夫婦ごとに事情や境遇は異なるので慰謝料の金額はケースバイケースですが、だいたい50万円~300万円程度が相場と言われています。金額を算出するうえでは、浮気の経緯、浮気の回数、反省の有無などが考慮されます。

浮気が一度きりであることは減額の理由となります。納得できる額の慰謝料を獲得するには、単に「浮気されて辛かった」と言うのではなく、たとえば「浮気を知ったショックで鬱病になった」と主張して診断書を提出するなど、精神的苦痛の度合いを具体的に示すことが重要です。

一度の浮気が夫婦関係を破壊する

前向き一度きりの浮気でも、夫婦間の信頼関係が修復不可能なまでに破綻し、今後円満な夫婦関係を続けていくことはもはや不可能とみられる場合は離婚が認められる可能性があります。離婚する場合、夫に慰謝料を請求することはできますが、不貞行為が一度限りであることは金額が減額される理由となります。