義両親の前で追及すれば、夫は白状する?

夫が浮気していることは確実だけれど、決定的な証拠がなかなかつかめないというとき、次の一手をどう進めますか? 義両親の前で浮気の証拠を並べて見せれば、さすがの夫も観念して浮気を白状するでしょうか。

義両親が味方になってくれる保証はない!

義両親いくら問い詰めてものらりくらりと逃げたり、あるいは逆ギレしたりするタイプの夫なら、義両親立ち会いのもとで話し合いをするというのもアリかと思えます。あなたと義両親が団結して夫をとっちめ、さしもの夫もついに白状、義両親が不肖の息子を叱りつけてめでたしめでたしとなるのが理想ですね。しかし残念ながら、現実にはそううまく事が運ぶ可能性は低いでしょう

 

かえってイヤな思いをする可能性も大きい

イヤな思い浮気という不始末をしでかしたダメ人間であっても、義両親にとっては血を分けたかわいい息子であることに変わりはありません。一方、あなたと義両親との関係が良好なものであっても、嫁であるあなたはどこまでいっても他人なのです。義両親が息子を非難し、あなたの肩を持ってくれる保証はどこにもありません

 

義両親がまっとうな感覚の持ち主であれば、不倫を憤るあなたの気持ちは理解できるでしょう。しかし頭と心は別です。悪いのは息子だと頭ではわかっていても、心のどこかでは「息子がよその女に走ったのは嫁にも責任があるのではないか」という意識を捨てきれないかもしれません。

 

義両親も理性を保っている限り口をつぐんでいるでしょうが、話し合いがこじれた場合などにはつい、そうした心の声が出てきてしまうかもしれません。そして、そんなことを言われてしまってはあなたのほうも黙っていられないでしょうから、話し合いがヒートアップし、かえってこじれてしまうおそれがあります。そうなると結局、浮気の証拠もつかめず、義両親を敵に回し、イヤな思いをさせられただけで終わるということになるのです。

 

また、義両親によっては「浮気は男の甲斐性」「夫の浮気を黙って耐えるのが良き妻」などという古臭い価値観をふりかざしてくる可能性もあります。こうなってもやはりあなたの傷が深まるだけですね。義両親が常識に欠ける人物だった場合は目も当てられない結果に終わるでしょう。

 

また、息子の恥となるような浮気証拠を自分たちの目の前に持ち出してきたあなたという嫁に対し、義両親が怒りや嫌悪を感じてしまう可能性も十分あります。理屈の問題ではないことをよく心得ておきましょう

 

あなたは義両親に何を求めているの?

義実家いちど立ち止まって考えてみましょう。ふだん義両親があなたの家庭にいろいろ口出ししてきたら、放っておいてほしいと思いますよね。しかし今あなたは義両親からの干渉を望んでいるわけです。自分の都合に応じて干渉を嫌がったり求めたりするのは、ちょっと筋が通りませんね。

 

義両親もあなたたち夫婦も立派な大人であり、それぞれが独立した世帯を営んでいるのです。義両親の不始末に対しあなたたち夫婦が倫理的責任を問われるべきでないのと同じように、義両親も息子の不始末によって責任を負わされるいわれはないのです。夫の浮気沙汰はあくまであなたと夫の間の問題です。無関係な義両親を巻き込んで不快な思いをさせたり、ストレスをかけたりするのは避けるべきです。息子の代わりに謝罪させようとしたりするのも言語道断です。

 

義両親に浮気のことを伝えるのは、離婚が決まってから

指輪外すこのように、義両親の前で夫を追及してみるという変則技は、うまくいかない可能性が高いと言ってよいでしょう。ただ、離婚が決まったら、夫の浮気の事実があったことを義両親に伝えておいたほうがよいでしょう。夫は自分に都合の悪いことは親に言わないでしょうから、何も言わないでいるとあなたが一方的に悪者にされてしまうおそれがあります。もちろんこの場合も、努めて淡々と事情を知らせるだけにとどめてくださいね。

 

不倫騒動に親を巻き込むのはやめよう

義実家義両親の前で夫の浮気の証拠を示し自白を迫ったとしても、義両親が味方になってくれるとは限りません。目的を果たせないだけでなく、あなたが非常に不快な思いをする可能性もあります。ふだん義実家からの干渉を望まないのであれば、夫の不倫に際しても義実家を巻き込むべきではないと考えられます。

 

夫は離婚の理由を親に正直に話さない可能性があります。離婚が決まったら、義両親に夫の不倫のことを話しておくとよいでしょう。この際も節度を持ったふるまいが大事です。