女性の香水の匂いはどこで移ったの?

夫が明らかに女性物と思われる香水の匂いをぷんぷんさせて帰ってきました。最近は帰りが遅い日が多いことも考えると、浮気したときに相手の香水の匂いが移ったのではないかという疑惑が芽生えます。確証はないけれど浮気の疑いを抱いた場合、どうすればよいのでしょうか。

香水の匂いって移るもの?

香りは意外と移りやすいものです。たとえば喫煙者はタバコを吸っていないときでも全身にタバコの匂いが染みついていますよね。喫煙者と一緒にいると、身体的な接触がなくてもこちらの髪や服にタバコの匂いが移ることがあります。香水も同様です。柔軟剤や香水による「香害」が指摘されるようになった昨今、香水は控えめにつける風潮になってきましたが、依然として浴びるようにつける人も少なくありません。肌を触れあわせなくても、香水を大量につけている人と密室的な空間で長時間過ごせば香水の匂いが移ることはありえます。夫が香水をつけている女性と浮気したのか、同じ空間にいただけなのか、判断に迷うところですね。

仕事からの帰りが遅くなる原因としては、残業もしくは飲み会しかないはずです。残業なら仕事をしているはずですから香水の匂いがつく可能性は低いでしょう。夫がお酒を飲んでいる場合は、キャバクラ等で遊んだ際にキャバ嬢の香水の匂いが移ったとも考えられます。朝帰りや帰宅時間が非常に遅くなった日、お酒を飲んだ様子がないのに香水の匂いがしていたら浮気相手と過ごしていたのかもしれません。性行為の際に肌の接触によって香りが移った可能性のほか、相手女性がマーキングの意味を込めてわざと香水を夫の服にスプレーした可能性もあります。

夫の行動チェックが必要

もちろん、ワイシャツについた香水の匂いだけでは浮気の証拠にはなりませんし、浮気をしていると決めつけることはできません。夫の行動に注意し、夫が浮気しているのか、キャバクラ通いをしているのか、無関係の女性の香りが移ってしまっただけなのかを見極める必要があります。香水の匂いが1回限りのことで夫の態度に取り立てて不審な点がないなら、あまり気にする必要はないでしょう。しかし、夫が同じ香水の匂いをまとっているという事態が二度三度と続くようであれば、いちど浮気の可能性を考えてみたほうがよいかもしれません。

いちど夫に「女物の香水の匂いがするんだけど、どうして?」と聞いてみましょう。問いつめる感じではなく、あくまでさりげなく。夫にやましいところがある場合、匂いのことを聞かれてドキッとするはずです。聞いた日以降、夫の肌から香水ではなく自宅のものとは違うソープの香りや消臭スプレーなどの匂いがするようになったら要注意です。夫が浮気発覚を恐れ、匂い対策を講じるようになったと考えられるからです。

香水の匂いの他、あなたへの態度がよそよそしくなったり、身だしなみに気を遣うようになったり、スマホに着信があったらすぐ別室に移ってあなたに会話を聞かれないようにするなど、夫のふるまいに変化が現れたら浮気はほぼクロだと考えてよいでしょう。夫の浮気疑惑が深まったら、次はスマホ・SNS・財布の中身のチェックです。浮気相手とのやりとりや不審なレシートなどが見つかったら、撮影するなどして証拠保全しておいてください。

何度も繰り返すようなら要注意

夫が女性物の香水の匂いをつけて帰宅した場合、浮気しているか、通勤電車やキャバクラなどで匂いが移ったなどの可能性が考えられます。一度限りのことならそこまで気にする必要はありませんが、同じ香水の匂いをまとっているという状況が何度もあるようであれば浮気の可能性を考えてみたほうがよいでしょう。スマホの扱いなど、夫の行動に変化が生じていないか注意深く観察してみることをおすすめします。