さあ、どうする?夫の浮気計画に気づいてしまった!

最近なんだか夫の様子がおかしく、怪しいと思って夫のスマホをこっそりチェック。そうしたら、今度の週末に浮気相手と会う計画を立てていることがわかりました。このメールを夫に突きつけて問いただすべきでしょうか。それとも、泳がせて証拠をつかむなり、密会現場に乗り込むなりするべきでしょうか。

魔が差しただけ? 浮気常習犯?

浮気の計画を前もって立てているからといって、浮気常習犯とは限りません。浮気が日常茶飯事になっている場合はむしろ、場所と日時だけを指定するような事務的なやり取りをしていることもあります。いちゃいちゃメールなどをしている段階ではまた浮気未遂、もしくは始まったばかりの関係とみることもできます。

また、いわゆる「魔が差す」というのは、何らかの理由で理性の歯止めが効かなくなり、弾みでそのまま関係を持ってしまうこと。ストレスから逃げたくなって浮気に走ったりすると、あとで冷静になったときに後悔することもあります。一方、密会の予定を立てている時点で、夫の浮気には計画性があるといえますよね。「魔が差しただけ」という言い訳を鵜呑みにしてはいけません。あらかじめ予定を立てての浮気はいわば確信犯であり、自発的な反省につながることはめったにないでしょう。その意味では、突発的な浮気より計画的な浮気のほうがより悪質ですよね。確信犯です。刑法上の犯罪の場合でも、計画性の高い犯行は出来心からの犯行より罪を重く問われるのが通常です。

究極の選択! 浮気を未然に防ぐか、証拠確保に動くか

夫が浮気相手と会う日時と場所をつかんだら、どのように動けばよいのでしょうか。夫に浮気の前科があるのか初犯なのか、そしてあなたに離婚の意思があるのかないのかによって、とるべき対応は変わってきます。

浮気の前科はなく、離婚の意思もない場合

あなたのほうがまだ離婚までは考えていないようであれば、現時点では表だって事を荒立てないほうがよいでしょう。浮気の証拠として相手とのやり取りを撮影し、女性のアドレスや名前を控えておきましょう。

その上で、相手女性に対し「○○の妻です」というメッセージを送ってみるのも一つの方法です。なぜなら、夫が既婚者であることを相手女性が知らないことも十分あり得るからです。相手が既婚者だと知らないまま肉体関係を持った相手に対しては慰謝料請求することができません。ですから、今後事態がどのように動いても支障がないように、妻であるあなたの存在をあらかじめ相手に知らせておく必要があるのです。あなたから送ったメッセージを撮影しておけば、「既婚者だと知らなかった」という相手の言い訳を封じることができます。

あなたからの連絡を受けた女性は当然、夫にそのことを伝えるでしょう。あなたにバレたと悟った夫は、これに懲りて少なくとも当面は浮気をあきらめるかもしれませんし、なおも他の手段で連絡をとろうとするかもしれません。それでも関係を続けようとするのであれば、あなたも浮気調査などの法的に対処するための準備をしてもいいでしょう。いずれにせよ、しばらくは夫の監視を怠らないようにする必要があります。

浮気の前科があるが、離婚は望んでいない場合

浮気グセのある夫であっても別れたくはないのであれば、浮気をやめさせるか、我慢するかしかありません。浮気性の夫に根本的に反省させるには、それなりの荒療治が必要になるかもしれません。究極のショック療法は、夫と浮気相手の密会現場にあなた自身が乗り込むことです。修羅場になることは避けられませんが、決死の覚悟で乗り込むことであなたの必死な気持ちを伝えることはできます。あなたの捨て身な姿を目にすることによって夫が目を覚ます可能性はゼロではありません。乗り込んだ際は、浮気相手をなじるのではなく、夫を徹底的に問い詰める姿勢が重要です。

浮気の前科があり、離婚の意思がある場合

真面目な人にも魔が差すことはありますが、何度も同じ過ちを繰り返すのは反省をしていない証拠です。今まであなたが気づかなかっただけで、既に浮気が常習化している可能性もあることに留意してください。

夫の浮気が原因で別れを決意している場合は、慰謝料をはじめ有利な条件で離婚するために浮気の証拠を確保することを最優先してもいいでしょう。浮気の日時・場所を把握したら、そのタイミングに合わせて浮気調査などの探偵を雇うのも一つの方法です。プロの手を借りることで、ラブホテルへの出入り写真など決定的な証拠をおさえられる可能性があります。

結果を見据えて行動を起こそう

浮気を未然に防ぐのか、あえて泳がせて証拠を手に入れるのか。いずれにせよ最も大事なのは、自分の動きがどのような結果を引き起こすかよくよく理解した上で行動を起こすことです。激情のままに動いてしまうと、有効な手は何も打てないまま夫を警戒させるだけという結果になるおそれがあります。どのように動けば自分にとってベストな状況をつくれるか、まずは冷静に考えてみてください。

どのような結末を望む? 対応方法はあなた次第

夫の浮気計画をつかんだら、浮気を未然に防ぐか、あえて泳がせて証拠を確保するか、選択肢は二つに一つです。浮気が初犯か前科ありか、あなたが離婚を望むか否かによってとるべき対応は変わってくると言えます。自分の行動がどのような結果を導くかあらかじめ認識し、結果を受け入れる覚悟を持つことが重要です。